The Dark... Whatever

【あらすじ】
放火殺人はこの2週間で5件を数え、デクスターはデボラに捜査妨害をしないことを約束させられたために、ボッソに疑いをかけつつも動けない。
安らぎを求めハンナの家に行くが、"闇の声"に従って殺人を犯していることを打ち明けても、「殺人の衝動はあなたの意思よ」と彼女には理解してもらえない。
そんなとき、突然ハンナの父親が訪ねてくる。


詐欺罪での服役を終えたクリント・マッケイは、ハンナにこれまでの所業について反省の弁と謝罪を伝えるが、おいそれと受け入れてはもらえず、追い返される。
とはいえハンナにも父親が変わったと信じたい気持ちがあり、デクスターを交えて和やかに食事をすると、事業を始めると言うクリントを自宅に泊めることにする。
父娘の良好な関係を築き始めたと思えた矢先、クリントが事業を始めるため金の無心を始め、ハンナがそれを断ったことでその関係はあっけなく崩れ去る。

デクスターは秘密裏にボッソの情報を集め、放火犯との確証を掴むべく尾行するが、彼にはアリバイがあることが分かる。
そんな中、今度は路線バスの中で放火殺人が起こり、現場にはまた"Bobby"の文字。
監視カメラには防火服の男が市民を焼き殺す様子が収められおり、犯人の顔の判別には至らないが、犯人が素手でポールを握っていたことが分かる。
が、指紋は放火の犯歴者の中に該当せず、"Bobby"が子供の呼び方だと気付いたデクスターは、市役所に忍び込んで少年事件のファイルから該当者を突き止める。

無碍にされたクリントの腹いせによって、ハンナの温室は見るも無残な状態に。
駆けつけたデクスターは、母親の死の責任を負わせて尚も娘を傷付けるクリントを追い払うと、泣きじゃくるハンナを慰めようとするも、その術が見つからない。
その後、それでも懲りないクリントから、ハンナのカウンセラー殺しをアーリーン・シュラムというルームメイトが目撃していたとの情報を警察に渡すと脅され、金を要求される。

ナディアから娼館に送られると聞いたクインは、「援護する」と言ってくれたバティスタとともに店へ急ぐ。
一人でオフィスに乗り込み、ナディアを殴るノヴィコフにやめるよう警告するが、彼がそれを無視すると挑発されるままに発砲し、死に至らしめる。
ナディアに「俺の腕を撃ってくれ」と頼んで傷を負うと、銃声を聞いて駆けつけてきたバティスタには、「奴が撃ってきて撃ち返した」と主張する。
一方でナディアにはパスポートと金を持って逃げるよう指示し、バティスタにも見逃してもらうが、彼が正答防衛の主張に納得してくれた様子はない。

デクスターは放火犯ジョセフ・ジェンセンの家に潜み、標的を捕らえるといつものように処刑台に縛り付ける。
DSC_0717.jpg
が、最後の告白を聞くうち、自分に罪を被せて死んだボビーのせいにして放火殺人を続けるジェンセンと、"闇の声"に責任転嫁していた自分とを重ね合わせる。
自らを省みて実行を思いとどまると、匿名で通報し、デボラたちにジェンセンを逮捕させる。

ラゲルタはデクスターが真のBHBであるとマシューズに主張するが、「まずはドークスの最期を調べよう」という彼の方針に従い、彼の地、エバーグレーズへ向かう。
地権者からサントス・ヒメネスの名を聞いたマシューズは、それがデクスターの実母ローラ・モーザーの殺害犯の1人だと思い出す。
ラゲルタには冷凍車キラーことブライアン・モーザーがデクスターの兄だいうことも初耳であり、浮かび上がった事実の数々は、真のBHBとしてデクスターを指し示す。

クリントを地下駐車場に呼び出したデクスターは、欲に目が眩んだ彼の隙を突いて薬で眠らせると、ボートで沖へ運ぶ。
目覚めたクリントから命乞いをされるが、「彼女を守るためだ」と告げ、"闇の声"によってではなく、自分の意思でとどめを差して海へ投げ込む。
ハンナの家を訪れると、金を用意して父親を待つ彼女に、「話をつけた」ともう父親に悩まされることは無いことを伝えて安心させる。
サル経由でアーリーンの情報を得ていたデボラがハンナの立件に乗り出したことはまだ知らない。

【感想】
ハンナの父親のクズっぷりに、フィクションとは分かっていても腸煮えくり返ったわ!
ほんとに憎たらしくて、生きたまんま海に沈めて欲しかったくらいよ!
ハンナ役のイヴォンヌ・ストラホフスキーも熱演ね。
CHUCK』はコメディーだから、演技どうこうって感じじゃなかったものね。

やっぱりボッソは放火犯じゃなかったのね。怪しすぎだったものねw
シルコも放火犯もラスボスじゃなかったってことは…。

クインはヘタな偽装工作してたけど、すぐバレるでしょw
2発の銃声の間隔が長かったのは店にいたみんなが知ってるし。
バティスタにまでとばっちり食わせたら承知しないわよ!

ラゲルタ&マシューズは真のBHBがデクスターだって、ほぼ確信しちゃったようね。
でも、事実はデクスターを指してるんだけど、感覚的には「あのデクスターが?」って感じで信じられないとかないのかしら? 
デクスターはそういう感じを気取られないように生きてきたはずなんだけど…。

マスカが相変わらずのエロガッパで笑わしてくれるわw
意外や意外、殺伐とした話の中で一服の清涼剤になってるわよねw
デクスターはマスカを含め、ハンナとの付き合いが広まっちゃって困りものよね。

デボラがとうとう本気モードね。ハンナ憎しの執念恐るべし。
"ALPRAZOLAM"っていう精神安定剤飲んでたけど、それも関係してるのかしら?

アナタの「ポチッ」がワタシの精神安定剤よ♪
 ↓   ↓   ↓
*・゜゜・*:.。. .。.:*
 にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
 にほんブログ村
*・゜゜・*:.。. .。.:*
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事