Clear

【あらすじ】
襲撃に備えて武器を調達するため、リックはカールとミショーンを連れ、元住んでいた町へと車を走らせる。
カールにはミショーンまで連れてきた意図が理解できず、リックから「利害が共通してる。一緒に戦うんだ」と説明されても腑に落ちない。


3人は保安官事務所に到着し、武器庫を覗くが、既にすべての武器・弾薬が持ち出された後。
仕方なく大通り沿いのバーや酒店に備えてあるはずの銃を探しにいくと、大通りには無数のトラップとペンキで書かれた不可解な言葉が。
すると突然、建物屋上の覆面の男から銃撃を受け、「荷物を捨てて出て行け」と退去勧告を受けるが、隙を突いて応戦し、隠れていたカールの撃った弾が男を捉える。
防弾ベストを着ていた男は気絶したのみで、リックが覆面を剥がすとそれはかつて命を救ってくれたモーガンその人。

リックとミショーンでモーガンを彼の住処に運ぶと、そこは大量の武器で埋め尽くされている。
ミショーンは武器をバッグに詰めて早々に立ち去ろうとするが、リックはモーガンの正気を疑いつつも、恩人である彼が目覚めるのを待つと主張する。
カールは壁に描かれた地図で自宅が既に焼失したことを知ると、ベビー用品店でベビーベッドを調達してくると言って出ていく。
着いてきたミショーンから、ベビー用品店を通り過ぎたことを指摘されても構わず進み、1軒のカフェに辿り着くが、そこはウォーカーの巣窟。
ミショーンの発案で囮のネズミを放つと、ウォーカーが気を取られている隙に、壁にかけられていた額を手に取るが、外に出る際ウォーカーに見つかり、額を取り落してきてしまう。
中へ戻ろうとするもミショーンに止められ、代わって取ってきてもらった物は、ジュディスに母親の顔を見せるための家族3人の写真。
DSC_0715.jpg

リックは目覚めたモーガンと揉み合いになりナイフで肩口を刺されるが、以前渡したトランシーバーを示し、やっと"リック"だと思い出させる。
トランシーバーに応答が無かったことを責められるが、家族や仲間を守ろうと郊外へ逃げたために仕方なかったと釈明する。
そしてモーガンからは、ウォーカーと化した妻を撃つことを躊躇ったために、息子のデュエインがその犠牲になったことを聞かされる。
天涯孤独となったモーガンを刑務所へ誘うが、ここで「駆除」することが使命だと繰り返す彼が乗ってくることは無い。

ベビーベッドを手に入れたカールとミショーンが戻り、3人はモーガンを残して町を後にすることにする。
帰り際、ミショーンは「死者が見えるんでしょ」とリックに声を掛け、「私も彼氏と話してた」と理解を示す。
そして仲間の待つ刑務所への帰路に着く。

【感想】
覆面を剥がした瞬間、鳥肌立ったわ~!w
だって、消息不明になってたモーガンの再登場よ!(第1話参照
でも息子はダメになっちゃったのね…。
自分が情に負けて妻を撃てなかったばっかりに、その妻に息子を食われるなんてね…。
そりゃあ正気じゃいられないわ。

リックにしてもカールにしても、今回でミショーンの信頼度が格段にアップしたみたいね。
総督を相手にしなきゃいけないってときに仲間割れなんかしてらんないもの、良かったじゃない
ところで、ミショーンっておレズじゃなかったの??

助けを求めてきたヒッチハイカー男を完全スルーしてて、無慈悲だわw
で最後、その荷物だけは拾ってくっていうw
これがこのウォーカーだらけの世界で生きて行くってことなのね。

日本人ウォーカー、ガラス越しに一瞬映っただけじゃないのよw
あれだけであんなドヤ顔されてもねえ…。
とりあえず、男でも女でもいいからもうちょっと容姿のいい人選んで頂戴!

今回、レギュラーキャストは3人だけの出演だったわね。
やっぱり緩急は必要だし、これは良い選択だったと思うわ。
今回が"緩"ってことは次回は"急"
いよいよ総督一派との全面対決開始ね! ゾクゾクしちゃうw

応援してェェェェェェ!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
関連記事


コメント

  1. | -

    あれって無慈悲ではなくて、あのヒッチハイカーも死者なのでは?

    ( 13:35 )

  2. dramatica247 | -

    名無しさん

    いらっしゃいまし~
    > あれって無慈悲ではなくて、あのヒッチハイカーも死者なのでは?
    元住んでた町へ向かう途中で会ったヒッチハイカーのことよね?
    だったら、思いっきりしゃべってたからウォーカーじゃないと思うんだけど。
    その後、刑務所への帰り道でそのヒッチハイカーを見たときには、死体&荷物になってたわ。

    ( 22:09 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事