Run

【あらすじ】
現場に物証を残さず姿を消したスペルツァーだったが、ほどなくして発見され、警官4人がかりで逮捕される。
尋問ではバティスタとデボラの連携プレーで罠を仕掛け、スペルツァーを激昂させて自白を引き出すことに成功する。
デクスター役マイケル・C・ホールがゲイ役を演じる『シックス・フィート・アンダー』見てみない?


リタの不審死を思い出したデボラはデクスターを問い詰め、トリニティを始末したこと、その過程でリタがトリニティに殺されたことを聞き出す。
リタが殺されたようにハリソンも危険に晒していることをデクスターに突き付け、ハリソンはアスターたちとともに祖父母のところで暮らさせるべきと主張する。

バスコフを殺したのがマイアミ警察の鑑識官デクスター・モーガンと知ったシルコは、警官殺しに対するマイアミ警察の報復を疑うが、クラブに捜索が入ることが止むことはない。
とすれば警察の組織的な報復の線は消えるため、クラブのバーテンダー、ドゥブロズニーに遺書を書かせたうえで拳銃自殺させ、カジャ、アンダーソン、ラッシュ殺しの罪を着せる。

マイアミ警察が臨場すると、カジャに横恋慕したドゥブロズニーが彼女を殺害して自殺したことを示す遺書と、アンダーソン殺害に使われたものと同型の銃が見つかる。
デクスターにはカジャとアンダーソン殺しがバスコフの仕業と分かっているが、バティスタも家族思いのドゥブロズニーの犯行との見方に違和感が拭えない。

ランダルの被害者の遺体が発見され、捜査協力のためハンナがマイアミ警察を訪れる。
デクスターはハンナに「毎日が宝物のように思えた」というランダルの言葉を伝え、彼女からは彼とアルゼンチンで農場をやる夢を持っていたことを聞くなど、他愛無い会話を交わす。

逮捕の際、スペルツァーがミランダ権利の理解に同意していない様子が映像に残っており、判事が自白を不採用としたため、スペルツァーが釈放される。
憤るデボラをよそに、出番がやって来たデクスターは、墓地の仕事に復帰したスペルツァーのキャンピングカーに忍び込むが、戻ってきた奴と揉み合いになる。
アウェーでの戦いに敗れ、目覚めるとそこは迷路のような廃墟の中。
斧を持ったスペルツァーが迫ってくるため、暗く入り組んだ内部を逃げ回り、マネキンが並ぶ部屋での格闘を経て、どうにか屋上から脱出を遂げる。
それでもスペルツァーに顔がバレたことはいかんともしがたく、ハリソンをアスターたちのところへ避難させる。

封鎖を破り、独りでバスコフの家に足を踏み入れたシルコ。
2人で写った写真を手にし、「お前のためなら何だってする」と復讐を誓う。

スペルツァーが被害女性の葬儀ににやけ顔で現れ、デボラは我を忘れて掴みかかる。
それを聞き覚悟を新たにしたデクスターは、墓地にスペルツァーをおびき寄せ、隙を見て殴り倒すと、火葬台に縛り付ける。
DSC_0671.jpg
デボラを傷付けた怪物の胸に杭を打ち込むと、その上にスライドのコレクションを乗せ、「前に進むとしよう」と別れを告げて両者を灰に変える。
すると墓地にデボラが現れ、火葬場の煙突から立ち上る煙がスペルツァーだと伝えると、嬉しさを感じて「私も怪物かな?」と問う妹に、「人間だ」と答える。

【感想】
デクスターは着々とデボラをダークサイドに引き込んでるようね。
この分だと、黙認どころか、積極的に協力するようになる日が来るかも。
ところで、きょうだいの殺人鬼って犯罪史上に存在するのかしら?

アイザック・シルコはビクター・バスコフの父親ってことでいいのかしら?
ノヴィコフがバスコフのことを悪く言ってたときも怒ってたし。
でも隠す必要ってある??
親子じゃなくって、歳の離れた同性の恋人同士ってことはないわよね?w

今回もハンナが出てきたけど、今後どう関わっていくのかまだ全然読めないわ。
今回の会話の中にも伏線が張られてたりするのかしら??
デクスターが彼女を目で追ってたけど、気になり始めたってこと?

デクスターが廃墟の中を逃げ回るシーンは、光の明滅が激しすぎて、ポケモンフラッシュを思い出したわよ!
注意喚起が必要だわ!
それはそれとして、2週続けてdkdk感を味わわせてくれたスペルツァーに感謝!

クインはナディアと付き合ってるのがバレバレねw
でもバティスタに怒られないどころかうらやましがられるっていうw
ああやって能天気に生きるのが、人生を楽しむコツなんでしょうねw
ワタシには無理だわw

DEXTERファンは応援カモーンщ(゚Д゚щ)♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事