Buck the System

【あらすじ】
監視される日々に衝動を抑えきれなくなったデクスターは、デボラに一層危険であることを説いて解放するよう主張する。
自分で制御することを条件に了承されるが、早速仮釈放となったばかりのレイ・スペルツァーという男に狙いを定める。
スペルツァーには他に2人の女性を殺した疑いがあるため、その周辺を探り始める。
 

デクスターはオークション落札者を装って義手をラボのルイス宛てに送り返し、「裏切りやがったな」と憤るマスカにルイスをクビにさせる。
さらに今度はルイスが娼婦と撮った痴態のビデオをジェイミーに送り付け、カップルを破局させる。
デクスターの仕業だと確信したルイスは、その目に復讐の炎を燃やす。

カジャのブレスレット(麻薬の運び屋の位置を把握するためのGPS内蔵)を回収するため、ナディアはクインのもとを訪ねるが、遺留品リストには載っていないとのこと。
ナディアから報告を受けたシルコは、バスコフがブレスレットを持っていると考え、技術者にGPSの信号を辿らせる。
すると、信号がバスコフの自宅→空港→マリーナと移動した後、沖で途絶えたことから、バスコフが殺され遺棄されたことを悟る。

デクスターは解放すると言いながら隠れて監視を続けていたデボラをスペルツァーのいるバーにおびき寄せ、次の獲物を狙う奴を始末することに理解を求める。
頑ななデボラを説得するには確たる証拠が必要なため、墓地の管理人をするスペルツァーを尾行すると、奴が霊堂の中に何かを隠しているらしいことが分かる。

ランダルの母親がマイアミ署に息子の殺人の"戦利品"を持ち込んできたことで、ランダルが別の殺人を犯したという話が裏付けられる。
その遺体を捜すため、デクスターはランダルとともに逮捕され、ランダルに不利な証言をしたことで早期釈放を得たハンナ・マッケイのもとへ向かう。
出所後、園芸店を営むハンナに「知ってることは全部話したわ」とにべもなく拒絶されるが、識別のため彼女のDNAだけ採取して戻る。
DSC_0660.jpg

船を割り出したシルコたちはマリーナを訪れ、その船上で男を見つける。
実は船を沈めようとしていたその男、ルイスを締め上げ、真の所有者、デクスターの名前と素性を吐かせた後、非情に撃ち殺す。
一方、シルコからさらに警察の動きを探るよう命じられたナディアは、クインにその旨を明かし、互いに好意を抱く2人は情報を与え合う約束を交わす。

夜更け、霊堂に忍び込んだデクスターは、被害者のピアスを発見し写真に収めるが、「スペルツァーの家を張り込む」というデボラの留守電を聞き、危険を察知する。
その頃、スペルツァーの家から女性の叫び声を聞いたデボラは単身突入するが、奴の不意打ちで引き倒され、万事休す。
が、寸でのところで現れたデクスターがスペルツァーを殴り倒し、命を救われる。
急ぎ女性を探しに行くが既に脈は無く、その間に目覚めたスペルツァーを取り逃がした上、霊堂にあったピアスも奪われる結果に。
法に従っていたために救えなかった命、取り逃がした悪人の存在はデボラの心に変化をもたらし、デクスターは"檻"から解放され、自宅へ戻ることになる。

【感想】
暗闇、爆音の中のバトルは心臓バクバクだったわ!w
あのスペルツァーのコスプレはなんだったの?不気味さ倍増だったわ! 
とりあえず、デクスターの爬虫類脳に救われたデボラは必要悪を認める方向へ向かうのかしらね。

『CHUCK』のサラことイヴォンヌ・ストラホフスキーが出てきたわね!
今回は顔見せ程度だけど、デクスターとの間に何か生まれそうな雰囲気だったわよね?
DNA採取のとき、一回綿棒を落としたけど、あれって後々何か意味を持つのかしら?
それともただデクスターがハンナに見とれただけ?w
ところでワタシ、『CHUCK』は吹替えで見てる(書くのやめちゃったけど、ちゃんと見てはいるのよw)から、ハンナの声が新鮮だわw

クインがナディアと関係持っちゃって、情報を提供し合うことになったけど、綱渡りよね。2人とも一歩踏み外せば真っ逆さまだわ。
それにしてもクインが頬こけ過ぎよw どうしちゃったの?って感じ。

ルイスの最期はあっけなかったわねw
絶対生かしておいてはもらえないと思ったけど、あっさりw
素直にデクスターの忠告を聞いてれば…。

デクスターの素性もあっさりコシュカにバレちゃったわね。
その前にもうボスのシルコに会っちゃったしw
いつもシーズン終盤になってからバレてたのに、今シーズンの早いこと!
まだ序盤なのに、ピンチ状態が長いわよw

郵便局員やマスカをぶっ殺す妄想に笑ったわw
ポチッとしてくれなきゃ…
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事