(非ネタバレ)レレレの『レ・ミゼラブル』

【ストーリー】
ジャン・バルジャンは、パンを盗んだ罪で19年間服役した後、仮出獄するが、生活に行き詰まり、再び盗みを働いてしまう。その罪を見逃し赦してくれた司教の真心に触れた彼は、 身も心も生まれ変わろうと決意し、過去を捨て、市長となるまでの人物になった。そんな折、不思議な運命の糸で結ばれた女性ファンテーヌと出会い、彼女から愛娘コゼットの未来を託されたバルジャンは、 ジャベールの追跡をかわしてパリに逃亡。 彼女に限りない愛を注ぎ、父親として美しい娘に育てあげる。しかし、パリの下町で革命を志す学生たちが蜂起する事件が勃発。誰もが激動の波に呑まれていく…
映画『レ・ミゼラブル』公式サイトより)

【感想】
映画館で映画見たのなんていつ以来かしら…震災のちょっと前だから、約2年も前ねw
そのとき見たのが『ヒア・アフター』で、津波のせいですぐ公開終了になっちゃったの。
個人的には心に響く映画だったし、もったいなかったと思うわ。
   

で、本題よ。『レ・ミゼラブル』よ。
ネタバレにはならないように書くわ。
正直涙を流すまでには至らなかったけど、心を震わせられる瞬間は何度もあったわ。
見て良かったと心底思うし、これは映画館で見るべき映画だと思うわ。
だってミュージカル映画なんだもの、絶対良い音響で見るべきよ!

全編ほぼ100%歌で、必然的に普通のセリフからいきなり歌に切り替わるってことがほぼないから、ミュージカル映画に拒絶反応示す人には逆に見易いかも。
でも2時間半とかの長丁場だから覚悟して行くのよ!w

やっぱりこの映画で特筆すべきは、これに尽きるわ。
>製作陣がこだわったのは、すべての歌を実際に歌いながら、生で収録する撮影方法。役者の感情のほとばしりがそのまま歌声となって溢れ出し、ミュージカルならではの醍醐味を堪能させてくれる。
役者もスタッフも相当大変だったでしょうけど、十二分にその価値はあったはずよ。
だって、感極まる役者の演技に、全くブレのない歌を被せられても興醒めじゃない?
映像と歌が乖離してたら、その世界へのめり込むことなんかできないと思うわ。

ほんとにイイ映画だったけど、不満も無いわけじゃないわ。
特にいただけないのが、ジャベール役のラッセル・クロウの歌よ!
上手い下手以前に、なんか一人だけ浮きまくってるんだもの!

youtubeで 劇中歌『one day more』 の flash mob を検索するといろいろ出てきて楽しいわ。
http://youtu.be/x0Iugqi64Vc
http://youtu.be/ploEJHQnmoA
http://youtu.be/l_PR9j2Vz94
それ見てたらもう一回映画見たくなっちゃったわ! どうしましょ!
とりあえずサントラ買おうかしら…。

ワタシの海外ドラマ歴から言うと、マリウス役の Eddie Redmayne は『大聖堂』のジャック、アンジョルラス役の Aaron Tveit は『ゴシップ・ガール』のトリップね。
向こうは意外と歌える役者が多いのよねえ。うらやましい限りだわ。
tumblr_inline_mfodsxzQ5X1r589in.jpg


あと、映画の内容には関係ないんだけど、腹立ったから言わせて頂戴!
ひとつ前の列の女2人組が、上映開始まもなく、ビニール袋をカサカサカサカサいわせて何か食べ出したの。
うるさいだけならまだしも、そのニンニク臭のキツいこと!
暗いからいったいあれが何だったのか分からず終いだけど、少なくとも売店のものじゃないだろうし、二重、いや三重の意味でルール違反よね!
立ち上がって手を伸ばしてでも注意すればよかったわ!( `Д´)

で、結局何が言いたいかっていうと、まだ見てない人は急いで!
公開終了までもうそんなに長くないはずよ!

もう見た人も、これから見ようって気になった人も押してって♪
 ↓   ↓   ↓
*・゜゜・*:.。. .。.:*
 にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
 にほんブログ村
*・゜゜・*:.。. .。.:*
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事