Boys' Night

【あらすじ】
フィルとクレアはお隣の老人、ウォルトを怖れるあまり、彼の庭に飛び込んだボールも取りに行こうとしない。
が、怖いもの知らずのルークはボールを取りに行き、「ウォルトと仲良くなった」と彼の家に遊びに行こうとするが、心配した両親に止められてヘソを曲げる。
DSC_0621.jpg


久しぶりにペッパーたちゲイ友とバーで"ゲイナイト"を開くミッチェルとキャメロン。
リリーの子守については、「バイト代は要らないから」と志願してきたヘイリー(実は外出禁止中)に、不安ながらも任せることにする。

グロリア、マニーと一緒にコンサートへ出かけたジェイだったが、それがクラシックだと知るや拒否反応を示す。
日頃食わず嫌いを叱っていたマニーから矛盾を突かれ、グロリアが止めても聞く耳持たず、独りでバーへと消える。

ゲイナイトで盛り上がっていたところ、ペッパーが店に独りで飲みに来たジェイ見つけて輪に引き入れてしまい、ミッチェルは気詰まりな思いをする。
が、意外にもジェイとゲイ友たちが意気投合し、楽しい時間を過ごせたことで、思春期から父親と距離を置いてきたことが勝手な思い込みからだったかもと思い直す。
その頃、ミッチェルたちの家でディランと逢引き中のヘイリーは、ウェブカメラで男の影を目撃したキャメロンから電話を受けて慌てふためく。
とりあえず、「信用してないの!?」と逆ギレしてみせて電話を切ると、慌ててディランを追い出す。

夜中、フィルとクレアは勇気を振り絞ってウォルトに直談判に行くと、あらぬ疑いをかけられ気分を害した彼に追い立てられ、逃げ帰る。
それでもルークは両親の禁を破ってウォルトに会いに行くが、彼から「もう忘れろ。厄介ごとは御免だ」と突き放されて心を痛める。
後日、ウォルトがダンフィー家を訪れ、フィルとクレアは彼から玉ねぎのおすそ分けとともに「私は消防士だった。子供は傷つけん」と言われる。
勝手にウォルトを型にはめて見ていたことを反省し、ルークとウォルトとの"友達付き合い"が再会される。

ゲイナイトから一夜明け、二日酔いに苦しむジェイは、ペッパーと買い物の約束をしたことも覚えておらず、「すぐ着くよ」という彼からの電話に頭を抱える。
「彼が来たら仮病を演じてくれ」とグロリアに頭を下げ、「ああ頭が…」と始まった妻の芝居に「大丈夫か?」と乗っかろうとするが、すぐさま「大丈夫よ」と手のひら返し。
コンサートをすっぽかされたグロリアの仕返しにより、ノリノリの"体"でペッパーと買い物へ行く羽目になる。

ディランからの「靴を忘れた」との電話で起こされたヘイリーは、前夜の剣幕でキャメロンにまくしたてる隙にディランの靴を探すが、キャメロンにはお見通し。
形勢逆転で「ママに言わないで」と懇願する。

【感想】
やだ、ルークと隣のウォルト爺さんとの交流でホロッときちゃったわ(´_`。)
人は見た目で判断しちゃいけないってことね!
でも、偏屈な爺さんだと思ったら、
……やっぱり偏屈な爺さんだった!ってのが実際のところよねw

ミッチェルはマドンナの曲で踊ってたところをジェイに見られたんですってよw
そりゃ気まずいわw お互い様でしょうけどw
でもそれを笑い話にできてたら、ジェイともっと密な父子関係が築けてたかもね。

ジェイは好みに合わなくたってちょっと付き合ってあげればいいじゃないのよ。
あれじゃあマニーとグロリアだって怒るわよ。
そのせいでペッパーのド派手な愛車に乗る羽目になったのよ!w

ヘイリーったら、お・バ・カ、ディランも、お・バ・カ、
愛すべきバカップルだわw
   ↓   ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事