名探偵モンク

サンフランシスコ警察の元刑事エイドリアン・モンク。変わり者ではあるが、鋭い観察力と抜群の記憶力、洞察力によって事件を解決に導く伝説の存在だった。しかし、最愛の妻トゥルーディが殺害された事件のショックで、潔癖症、高所恐怖症ほか強迫神経症が日常生活に支障を生じるほどに悪化。現在はカウンセラーのアドバイスに従い専任看護師シャローナのサポートのもと、犯罪コンサルタントとして活動しながら復職を目指している。
http://www.monk-tv.jp/index.htmlより)
img_620268_16619116_6.jpg
2発目はこれにしたわ、『名探偵モンク』。
何が"伝説的"かって、秀逸な吹替えよ! 角野卓三よ! 
モンク役のトニー・シャルーブとそこまで声質が似てるわけじゃないのに、
シンクロ率400%って感じで見事にハマってるの!
ついでに言えば、テーマソングも角野さんが歌ってるんじゃないかってくらいなのよw
某マンキューさんの何年やっても変わらぬ棒読みとはえらい違いだわ!w

ミステリー・コメディ? コメディ・ミステリー?
このドラマをカテゴライズするなら、そんな感じね。
ワタシも『コロンボ』って世代じゃないし、ミステリーにはあんまり興味なかったけど、
これは笑いどころがいっぱいあって大好きだったわ。
だからみんなも食わず嫌いじゃもったいないわよ!

Six Feet Under』のときも挙げたポイントだけど、
これもやっぱりラストを綺麗にまとめてくれたから良かったわ。
基本的に1話完結のこのドラマで、
「トゥルーディを殺した犯人は誰か?」っていうのが全シーズンを通しての謎になってるんだけど、
これをきっちり解決してくれたってことよ。
それまでの全部を見てきた人だったら、
前・後編で描かれる最後のエピソードを涙無しでは見られないと思うわ!

強迫性障害のせいでメンドクサいことこの上ないのに、なんだか憎めないモンクさん。
そんな愛されキャラの脇を固めるキャラたちもまたイイのよねぇ。
厳しいけど誰よりモンクさんを買ってるストットルマイヤー警部、
いつもどっか抜けてる癒しキャラ、ディッシャー警部補、
毒舌でも一番近くでモンクさんの世話を焼くシャローナ、
シャローナに代わって登場のしっかり者ナタリー、
モンクさんの心の拠りどころ、精神科医のクローガー先生とベル先生。
結局のところ、みんなモンクさんのことが大好きなのよ。

全話視聴完了したものの中からこの「ワタシの中の伝説的ドラマ」を紹介してるんだけど、
このドラマに関しては、厳密には1話だけ未見だわ。
なぜならハンセン病患者が登場する回をNHKでは放送しなかった(できなかった)のよね。
あのモンクさんだもの、ハンセン病患者をどう扱うかなんて容易に想像できるものねw
ちなみにその回はDVDにも収録してないみたい。

ワタシはNHKの放送で見たけど、その後AXNミステリーで放送されてるし、
DVDも最後まで発売済み、さらに hulu (無料お試し動画も有り)でも見られるわ!

届けワタシのモンク愛!
 ↓   ↓   ↓
*・゜゜・*:.。. .。.:*
 にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
 にほんブログ村
*・゜゜・*:.。. .。.:*




関連記事


コメント

  1. | -

    感服

    名探偵モンクは好きだったわー
    いつも趣味の良いご紹介をありがとう(>.<)y-~

    ( 21:45 )

  2. dramatica247 | -

    Re

    > 名探偵モンクは好きだったわー
    > いつも趣味の良いご紹介をありがとう(>.<)y-~
    コメントうれしいわ♪
    やっぱり『名探偵モンク』はどのドラマとも違う魅力があるわよね。
    何度見ても楽しめるところがまたいいと思うの。
    こんなに面白いドラマ、みんなに知ってもらわなくちゃ!

    ( 23:28 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事