The Medium Is the Message

【あらすじ】
(ジョンと呼ばれた病床の男が、傍らの男に連続殺人犯だと認めるよう迫られるも、「違う」と言って息を引き取る夢。残された男は「やったと言えクソッタレ!」と激昂する)
アリソンは認知力回復のため、様々なマークの入ったカードを使った認知療法を受けるが、一瞬だけマークが" ♎ "というマークに見えたことに戸惑う。
一方で、強盗に撃たれて右半身不随となるも、リハビリによって歩けるまでに回復したニールという男性と知り合う。
そこへスキャンロンからの呼び出しがかかり、モルグに向かうと、自宅で何者かに絞殺されたキャサリンという若い女性の額にまたあのマークを見るが、すぐに幻と消える。
DSC_0587.jpg
  

帰り道、道路標識がすべて暗号のような記号に見えたアリソンは、道に迷った末、導かれるように1軒の書店の前で車を停める。
そこでは『殺人鬼リブラ(天秤座)の正体』という本の著者による朗読会が行われ、その著者は夢の中で激昂していた男。
本には"リブラ"が若い女性を殺害するたび、暗号文を残していくこと、被害者の額に天秤座のマーク" ♎ "を刻むこと、が記されている。
ジョンが死の間際"リブラ"だと認めたとうそぶく著者に対し、アリソンは良く似た手口で新たな被害者が出たことを示し、まだ"リブラ"が生きていることを突き付ける。

ジョーはB&Sというバイオ燃料会社の面接に臨むと、責任者のキースの興味がなさそうな態度に空振りを覚悟するが、予想に反して採用される。
が、出社してみると誰からも何の指示もなく初日が終わってしまったため、キースのオフィスのドアを叩くと、単なる頭数合わせだったことを明かされ、失望する。
それでも、あくまで独りで仕事をすると言うキースから「見てみる?」と彼の考えた配線図を受け取ると、彼を天才と認めつつミスを指摘し、相棒がいるのも悪くないことを示す。

キャサリンの事件には額の" ♎ "も暗号文もなく、リブラの犯行とは断定できない。
さらに、これまでの被害者が右利きの犯人によって絞殺されていたのに対し、キャサリンは左利きの犯人によって絞殺されたことが判明する。
腑に落ちない思いを抱えつつ家に戻ったアリソンは、ジョーから「君がマリーの先生宛てに書いた手紙が戻ってきた」と、書いた記憶のない暗号文を手渡される。

(マスクを被った強盗犯がニールを撃ち、奪った車の中でマスクを脱ぐ夢)
アリソンはニールに事件の夢を見たことを伝え、彼が数人の中から声により犯人を特定できたため、事件解決に大きく近づく。

(犯人が左手で暗号文を書き終え、" ♎ "と刻まれ殺害された女性の口にそれを押し込む夢)
10時間をかけて解読した暗号文にはキャサリン殺害も記されており、犯行の時間・場所等の詳細な内容などを考え合わせると、この2件の殺人もリブラによるものと推測される。
が、以前の事件と今回の2件の事件とで犯人の利き手が異なる謎は残されたまま。
一方、強盗犯起訴のために担当検事補と話す予定だったニールは姿を現さない。

(強盗に遭う前、ニールが暗号文を手に女性の部屋に押し入ろうとしていた夢)
殺人はニールが撃たれたあと止まり、回復したあとまた始まったことになり、また、犯人の利き手が右手から左手に変わったことの説明も成り立つ。
が、ニールは暗号解読に関する大量の本をアパートに残して行方をくらましたあと。

(午前5時半、左手で女性を絞殺したニールが暗号文を残し、被害者に" ♎ "を刻む夢)
午前1時過ぎ、アリソンは夢で見た暗号文を書き写してデヴァロスに送るが、犯行を未然に防ごうにも、暗号解読に十分な時間は残されていない。
やるせない思いで暗号文を眺めるが、ふと思いついてマリーの先生宛ての手紙を取り出すと、書いたつもりの文字と照らし合わせることで暗号を解読することに成功する。
逮捕されたニールから自白の条件として面会を求められると、反省するどころか「僕はすごい奴だろ?」と自負する彼に対し、「人間のクズよ」と吐き捨てる。

【感想】
今回は複雑な話だったわね。よく分からなかったって人もいるんじゃないかしら?
この【あらすじ】で補完してもらえたらうれしいわ。
それでも伏線が効いてて面白かったわ。まさかあの手紙が暗号解読の鍵になるとはね。
あの手紙を受け取った先生は「???」って感じだったでしょうけどw

キースは『BONES』のフィッシャー君だったわね。あっちでは殺されちゃったけどw
これからジョーと働いて、チームワークを学んでいくのかしらね。
でも相当な変わり者っぽいから、きっとジョーは苦労するわよ~w

今回はリーの出番がちょっと増えたわ! まだ物足りないけどw
でもざっくり開けたシャツの胸元と、色薄めのスーツが楽しめたから良しとするわ!
それにサブタイトルからすると、次回はもっと出てきてくれるYO・KA・N♡

褒められて人は育つのよ♪
↓   ↓   ↓
*・゜゜・*:.。. .。.:*
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
*・゜゜・*:.。. .。.:*
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事