Pain Killer

【あらすじ】
(昏睡状態だったアリソンが投薬によるショックで死亡宣告されかけるも、男性医師に命を救われる夢)
その夢が現実にあったことだと知ったアリソンは、入院仲間のローズマリーが気がかりなせいで夢を見たと考え、今も入院する彼女を見舞う。
杖もなく歩けるようになった姿をローズマリーに見せ、励ましてくれたことへの感謝を伝えるが、彼女からガンが進行し余命いくばくもないことを知らされる。
それでも明るさを失わないローズマリーとハグして病室を出ると、夢に出てきた医師、スタットラーに会い、命を救ってくれた礼を言う。
ファイナルシーズンのDVDももう出ちゃうのね
FOXの放送を待つか迷うわ…



(ローズマリーが痛みに苦しみながら女性看護師に助けを求める夢)
胸騒ぎを覚えたアリソンは、翌朝また病院を訪ね目の前のローズマリーの姿にホッとしたのも束の間、彼女の姿は消え、今朝亡くなったことを知る。
DSC_0585.jpg
女性看護師による薬殺を疑うが、デヴァロスには力になってもらえず、調査を頼んだスタットラーからは、遺体を解剖しても不審な痕跡は無かったと報告を受ける。

ブリジットがお気に入りのテレビ番組「リアル・ライフ」のアイデアを夢で見て思いつき、ジョーはそれを番組宛てに送って欲しいと娘から頼まれる。
それはウィレムという求職中の宇宙飛行士が、金欠に腹を立てる妻テスから目に一発お見舞いされるという物語。
一時面接で一緒になった冴えない男もウィレムという名だったのを思い出し、さらに二次面接で会った彼の目の周りにアザがあるのを目にし、妻の名もテスだと知る。
一致に驚きつつブリジットに夢の続きを聞くと、テスは稼ぎの悪い夫に隠れ、カルロという男と浮気をしているという。

(女性看護師が去った後、「時が来た」と言ってスタットラーがローズマリーに薬物を投与する夢)
アリソンはスタットラーが着任して以来、呼吸不全で死亡する患者が倍増したことを挙げて病院事務局長のカーライルに直談判をする。
が、カーライルから「末期のリンパ腫の妻がスタットラーのおかげで何カ月も生き延びて、穏やかな最期を迎えられた」と言われ、脅し文句とともに追い返される。
さらに、検事局へスタットラーが乗り込んできて、「殺人」ではなく、決断を下す知識や勇気のない患者本人や家族に代わって施す「慈悲」だとまくし立てられる。

(数年前、"不審死"の報告を受けたカーライルがスタットラーに一時停職を言い渡す夢。が、逆に酒癖と男癖の悪い妻に保険金を掛けて始末することを持ちかけられる)
アリソンから事件の全貌を聞いたデヴァロスは、呼びつけたカーライルにパソコンの押収令状を突き付けて、スタットラーとの共謀を認める条件で司法取引を提示する。

好感触を伝えられていたにもかかわらず、不採用との結果にジョーは納得がいかない。
するとブリジットが夢で見た話をし始め、ウィレムがカルロを介してライバルの悪評を流したことを知る。
不採用になった会社に乗り込むと、卑怯な手で得た職にしがみつこうとするウィレムに対し、そこが近いうち倒産することと、テスがカルロと浮気していることを仄めかす。

(裏切りに気付いたスタットラーがカーライルの飲料にカリウムを混ぜ、口を封じる夢)
夜中に目覚めたアリソンは慌てて病院に駆けつけるも、カーライルは既に死亡した後。
「あなたはただの人殺しよ」とスタットラーに詰め寄るが、証拠がないため、アトランタの病院へ移ると言うスタットラーを止めることができず臍を噛む。

【感想】
とんでもない奴が出てきたわね!
今回は捕まえられなかったけど、きっとまた出てくるんでしょ?
でも、最後自白してたんだから、ICレコーダーでも忍ばせてればよかったのに!
人の死期なんて医師が決めるべきことじゃないわよね。

ブリジットもずいぶん能力が強くなってきたけど、発現の仕方が面白いわ。
今回はリアリティ番組の企画ちっくに、
前はおサルのアニメ仕立てで夢を見たわよね。

ジョーはヘッドハンティングされたら即雇用なのかと思ったら、
そこから普通に面接しなきゃいけないのね。
娘3人の学費稼がなきゃいけないのよ! ジョー頑張って!

マーサ・プリンプトンは冒頭ちょびっと出てきただけだったわね。
最後くらいアリソンの前に出てきて「あなたは良くやったわ」って
労ってくれてもいいじゃない?

前回も今回もスキャンロン様不足だわ!
ワタシの夢にスキャンロン様出てこないかしら…
念じれば叶うのよ!ワタシに力を貸して!
   ↓   ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事