Killer Within

【あらすじ】
ゲートを閉ざしていた鎖を断ち切り、ウォーカーを刑務所内に招き入れる怪しい影。
アナタも hulu で追いついていらっしゃい!


リックたちが平穏な生活を築き始めた矢先、独房棟を与えられていたオスカーとアクセルが姿を見せる。
仲間の死体が転がる独房棟に嫌気が差した2人は、リックたちに牙を剥いた2人とは違うことを主張し、仲間に入れるよう懇願する。
Tドッグだけは2人を受け入れようとするが、他の皆の反対により独房棟へ戻るか外へ出るかの二択は変わらない。

その日のうちにウッドベリーを発ち、海岸を目指すことにしたミショーンとアンドレア。
ミショーンは総督が持ち帰った州兵の車両に多数の弾痕を見つけ、州兵がウォーカーに全滅させられていたという総督の言葉に嘘の匂いを嗅ぎ取る。
一方、アンドレアはダリルの消息を気に掛けるメルルに農場の場所を教え、また、総督について尋ねると、彼に命を救われたメルル曰く、「総督はいい奴だ」。

外に出る道を選択したオスカーとアクセルをとりあえず留めおき、リック、ダリル、グレンは死体を燃やす薪を集めるため敷地の外へ。
松葉杖で歩き始めたハーシェルに付き添い、ローリたち他の皆は運動場へ集まってくるが、そこへ多数のウォーカーがなだれ込んでくる。
血相を変えて戻ろうとするリックたちを何重ものゲートが阻む間、ウォーカーに応戦しつつハーシェルとベスは安全を確保、マギー、ローリ、カールはC棟へ。
Tドッグは開いていたゲートを閉じるもウォーカーに肩を噛まれ、キャロルとともに建物内に逃げ込む。
もう助からないことを悟ると、身を挺してウォーカーを押さえつけ、キャロルが逃げ切ったことを見届けて絶命する。

誰かが鎖を切ったことが分かり、リックはオスカーとアクセルを睨みつけるが、突然警報が鳴り響き、さらにウォーカーが集まってくるという最悪の事態。
オスカーによれば警報を止めるには発電機を止めるしかないらしく、彼とダリルを引き連れて建物内を捜索し、ウォーカーに追われつつも発電室に辿りつく。
ダリルがドアを抑える間に発電機を止めようとするが、突然身を潜めていた男が斧を手に襲いかかってくる。
それは、閉め出してウォーカーの餌食にしたはずの囚人。
不意を突かれて劣勢となり頼みの銃も落としてしまうが、その銃を拾ったオスカーは、しばしの逡巡の後、囚人の方を撃つ。
発電機を止めたことにより、ようやく警報も止まる。

C棟の中を逃げ回るマギーたちだったが、突然ローリが産気づいたため、ボイラー室に身を隠す。
ローリは腹を括ってその場で出産に臨むが、子宮口が開いておらず自然分娩は望めないため、帝王切開でお腹の子だけは助けるようマギーに懇願する。
また、「あなたは勇敢な子よ。正しいことをして。愛してる」とカールにありったけの思いと愛情を伝える。
強い決意を受け止めたマギーはローリの腹を切り開き、赤ん坊を取り出して産声を上げさせる。
そしてカールは自らの手で母の尊厳を守る。
DSC_0540.jpg

総督はメルルから弟の捜索に出たいと申し出を受けるが、許可を出すことはなく、「正確な情報が集められたら一緒に行く」と宥める。
一方で出発前のアンドレアと酒を酌み交わすと、昔妻を交通事故で亡くして今は娘と2人であることと、本名がフィリップであることを明かし、惜しみつつ送り出す。
出発に消極的になったアンドレアはミショーンに延期を申し出るが、難色を示される。

リックは行方の分からないキャロルのスカーフを回収しつつ皆と外へ出るが、ローリたちが戻っていないことを知り再び建物内に戻ろうとしたその時、赤ん坊の泣き声を耳にする。
そしてマギーが赤ん坊を抱いて出てくる姿を目にすると、すべてを悟って人目も憚らず泣き崩れる。

【感想】
見終わってからしばらくボーッとしてたわ…。
だってなんだか予想外の展開が続いてスゴイことになってるじゃない?
どうにか赤ん坊産んで、苦しみながらも「ローリの子育て奮闘記」
が描かれるものだとばかり思ってたもの。
壮絶な最期で、カールがトラウマにならないか心配ね。

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

Tドッグさん…。空気って言ってゴメンナサイ。
最後は見せ場作ってカッコよく散ったわね。
でもキャロルどこ行ったのかしら? また行方不明なんて迷惑母娘ね!

まさかあの黒人の囚人が生きてたとはね!
リックに恨み持ってるからって、あんなにウォーカー入れちゃったら、
自分も戻れないんじゃないかしら?w
前々回、キャロルを覗いてたのもこいつってことでおk?
オスカーはリックに加勢したことで信頼を得たでしょうから、仲間入りかしらね。
これで黒人枠はTドッグ→オスカーね!w

アンドレアは総督に気を許し始めてるみたいね。
でも何考えてるか分からないもの、総督は危険よ!
メルルは総督の許可なんか求めないで早くダリルを捜しに行っちゃいなさいよ!
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事