The Bus Pants Utilization

【あらすじ】
"手書き認識の微分方程式計算アプリ" の開発を思いついたレナードは、他の3人に共同開発を持ちかけ、珍しくシェルドンに褒められたこのアイデアで開業を夢見る。


部屋で夕食をとりながら開発の打ち合わせが始まるが、シェルドンは部外者ペニーを追い出したうえ、発案者のレナードを差し置き、主導権を握ろうとする。
真面目に開発に打ち込む3人に対し、さんざん皮肉を浴びせ、自分勝手な茶々を入れていると、ついに堪忍袋の緒が切れたレナードにクビを言い渡される。

シェルドンは自分を切り捨てたレナードに「今後はバス・ズボンを穿かなきゃ」と捨て台詞を吐き、ハワードとラージを(セコいグッズで)買収しようとするも不発。
今度は、部屋で作業中開発を進める3人の前でいきなりテルミンの練習を始め、開発を邪魔すると、レナードに部屋を追い出される。
DSC_0509.jpg
アパートのロビーでテルミンの練習をしていると、見かねたペニーから "街で見かけた靴を写真に撮ればお店を検索できるアプリ" の開発に誘われるも即却下。

ココアを淹れてあげたばっかりにシェルドンに居座られたペニーは、4人を仲直りさせようと画策するが、嘘でも謝ろうとしないシェルドンに、皮肉を駆使すればいいと勧める。
すると、始めこそ本心と裏腹な皮肉でレナードたちに許してもらったシェルドンだったが、すぐにもとのデカい態度に戻り、また追い出される結果に。
結局、ペニーの "靴検索アプリ" の開発に参加する羽目になる。

【感想】
結局アプリは売れたのかしら?
意外とレナードたちのより、ペニーのが売れちゃったりしてw
だって街で知らない人がカッコいい靴とか服とか身に着けてても、
「それどこで買ったんですか?」なんて聞けないじゃない?
それやったら完全に不審者よw

"バス・ズボン"の意味を補足するとね、
「友達じゃなくなったレナードにはもう車で送ってもらえなくなるからバスで通うことになって、他人が座った座席に座ることになるから、ズボンの上に穿くズボンが必要になる」
ってことよwややこしいわよねw

ラ「ゆうべ夢を見たんだ。僕らはアプリで大儲けして、隣同士に建つおそろいの豪邸を買うんだ。だけど、君の前庭と僕の裏庭が秘密のトンネルで繋がってた」
www
ちょこちょこハワードとラージのゲイネタ放り込んで来るわよねw
秘密のトンネル
     ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村


関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事