【あらすじ】
レナードたちは "シェイミー" の繰り広げる独自の世界にまったくついて行けない。
まるでシェルドンが2人になったようなカップルに嫌気が差し、ペニーの部屋へ避難するが、この先もこのカップルに悩まされるであろうことを覚悟する。
アナタ好みのコメディー探してみて♪


学食でも "シェイミー" が同席しウンザリする3人だったが、エイミーがシェルドンの研究分野を見下した発言を始め、言い争いの末、あっさり破局する。
ペニーは傷心(のはず)のシェルドンを慰めようとするが、彼は「そもそも彼女じゃなかった」と意に介さぬ様子で、「猫を買いに行ってくるよ」と言って去っていく。

レナードは猫を片時も離さず友達代わりにし始めたシェルドンを心配するが、どんどん猫の数が増えていく。
DSC_0475.jpg
傷心を自覚させようと、シェルドンの母親を助っ人に呼ぶと、彼女はエイミーを部屋に招き、シェルドンを交えて話し合いを始める。
「2人はまったく合わない」との母の断言に、シェルドンはエイミーに関係の再開を持ちかけ、彼女もそれに賛成する。
シェルドン母曰く、「男はみんな反対のことをやりたがるの」。

【感想】
母は強しねw
シェルドンの2乗みたいなカップルも、手玉に取られたわw
でもあの法則は男だけに当てはまるのかしら??
男も女も中間も、関係なくない?

レナード「まずい、ジョンとヨーコだ」
ハワード「つーか、ヨーコとヨーコじゃね?」
オノ・ヨーコの嫌われっぷりw
世界的には「ジョン・レノンをおかしくした女」って認識でおk?w

ところでシェルドンって動物全般を毛嫌いしてるのかと思ってたけど、
そうでもないのかしら? それとも寂しいとき限定?
関係ないけど、ワタシ最近猫派に傾いてきたわ!
アナタは猫派?↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

それとも犬派?↓

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事