【あらすじ】
カリスマ的な詐欺師、ゴードン・テイラーがNYに現れ、メンバーを現地調達してチームで窃盗に及ぶ計画を立てているとの情報が入る。
未だ逮捕歴のない手強い相手に対し、FBIはまずはその雇い主といつ何を盗むのかの調査に乗り出す。



●今回の任務●
大物詐欺師ゴードン・テイラーのチームに潜入し、彼とその雇い主を逮捕すること

ニールは既にテイラーに雇われて有頂天のモジーに協力を頼み、同じく窃盗のチームに加わるべく、テイラーとの会合をセッティングしてもらう。
プールバーでテイラーと対面を果たすと、彼とのビリヤード対決に勝って度胸を示し、見事チームに迎えられる。
一方、FBIはテイラーの雇い主が高級ホテルの御曹司、ロバート・ウィスローだと突き止め、窃盗の標的がヤンキースタジアム内のお宝だと踏む。

モジーとともにチームの打ち合わせに臨んだニールは、ウィスローの邪魔が入り計画が頓挫しかけたところを、妥協案を示して計画を続行させる。
そして標的がスタジアム博物館内のベーブ・ルースの初ホームランボールだと明かされるが、電波妨害と携帯を回収されたせいでFBIに伝える術がない。
思案の末、すり替え用のボールにピーターへのメッセージを忍ばせると、チームは試合開始に合わせてスタジアムへ。
DSC_0459.jpg

メンバーが展示ケースを割った隙に警備員に扮したニールがボールをすり替え、他のメンバーのサポートを受けてボールは最終的にテイラーの手に渡る。
一方、偽のボールのメッセージに気付いたピーターは、ウィスローへの受け渡しの時間と場所を知り、その現場を押さえるが、勘のいいテイラーを取り逃がす。
当のテイラーは、ニールに16万ドルの小切手とパリでの次の仕事のオファーを残し、姿を消す。

ピーターから減刑の聴聞会の件を聞いたサラは、ニールと心の内をさらけ出して話し合ったことで、聴聞会で証言することをピーターに申し出る。
一方で、ニールが獄中から送ったケイトへの手紙に暗号が隠されていたことが判明し、減刑に関する聴聞会を間近に控えて暗雲がたちこめる。

【感想】
常々思ってたんだけど、もういい加減ニールがFBIに協力してるってこと、
裏の世界で広まってるんじゃないかしら??
ニールってそこそこ有名なんでしょ?
今回のテイラーなら尚のこと、何も情報が回ってきてない方が不自然じゃない?w

ところで元恋人のケイトはどうなったんだったかしら??
飛行機が爆発して、一応死亡ってことだっけ?
このシーズンではニールの口からケイトの名前は出てないと思うし、
思い出して苦しんでる様子もなかったわよね?

さて次はシーズン3最終話だわ!
ニールの減刑について答えが出るのね!
ほんとは最終話放送までに追いついて、みんなと一緒に見たかったわ><
・・・と思ったら第14話をすっ飛ばしてたわ(汗)
ボケたワタシに叱咤激励のクリックを!w
   ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村


関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事