【あらすじ】
DCのアート犯罪部門が、目録にあるドガ作「仮面の踊り子」の闇取引を嗅ぎ付け、そのトップでピーターの恩師でもあるクレイマー捜査官が乗り込んで来る。
絵がFBIの手に渡れば、ナチスの財宝の存在とともにそれを盗んだこともFBIに知れるため、ニールたちはFBIより先にドガを取り戻さなければならないということ。
しかし業を煮やしたモジーは、やるべきことに同意しつつも、NYに残るか、共に逃亡するか、ニールに48時間で決断を迫る。


●今回の任務●
取引されたドガを捜し出し、その真贋を見極めること

●今回の裏任務●
FBIより先にドガを取り戻し、贋作とすり替えること

モジーはドガの売買を仲介したラスティからその買い手を聞き出そうとするが、不発。
一方、クレイマーから友人に手錠をかける心構えを諭され、ピーターもドガ窃盗の疑いがかかるニールから情報を引き出し、ドガの仲介屋としてラスティに狙いを絞る。
そしてラスティを盗品売買の容疑で逮捕し、その携帯から買い手が武器密売人リッチモンドであることを突き止める。

ニールはFBIビル内でマシューズ捜査官(第2話参照)と鉢合わせし狼狽するが、ニールとして覆面捜査をしているという二重の嘘で切り抜ける。
ピーターは潜入捜査でリッチモンドに接触し、彼のペントハウスでドガを代金とした嘘の武器取引を設定するが、ニールにはその詳細を伏せる。
しかしニールはマシューズの書類から翌日のリッチモンドの家宅捜索を掴み、その前に絵をすり替える計画を考え始める。

逃亡の準備を進めるモジーは、街で不意に現れたケラーから仲間に入れるよう要求されるが、それを拒むと「力づくでやる。楽しみにしてろ」と不穏な言葉を投げかけられる。
ニールに伝え、逃亡を早めようと進言するが、すでにドガの贋作を描き始めたニールは、すり替え作戦の決行を主張する。

ニールの読みどおり、ピーターはビル1階の小部屋にニールを閉じ込めたうえで、リッチモンドのペントハウスへ向かう。
しかしモジーがピーターをエレベーター内で足止めし、その隙にニールは小部屋を脱出、ピーターがペントハウスに踏み込む寸でのところでドガのすり替えに成功する。
そしてパラシュートで降下、小部屋に戻って、ドガ(贋作)を押収してきたピーターを出迎える。
DSC_0451.jpg

鑑定の結果、押収した絵はドガの贋作と断定され、ピーターは安堵する一方で、あまりに出来の良過ぎる贋作の作者について新たな疑念を抱く。
一方ニールはマシューズに嘘がバレるが、目録の存在をバラした件で脛に傷ある彼女との間で、互いに口を閉ざす取引が成立する。
FBIの追及をかわせたことを祝い、モジーと祝杯をあげようとするが、例の答えを迫られ、NYに残ることを伝える。

妻の待つ我が家へ戻ろうと車に乗り込んだピーターだったが、ダッシュボードの上、見知らぬ携帯が呼び出し音を響かせる。
ケラーからの電話は財宝の存在を明かしたうえで、その奪取に協力を求める内容で、ピーターは当然それを断るも、ケラーの言葉の端に不安を覚えたため、家路を急ぐ。
しかし嫌な予感は的中、エリザベスが連れ去られたことに呆然自失となる。

【感想】
「ちょっとダレてきたかしら・・・」と密かに思ってたんだけどw、あら大変!
バレリー、じゃなかったエリザベスが誘拐されちゃったわ!
間接的にはニールのせいだし、
ピーターがニールに食ってかかったりするのかしら・・・?((;゚Д゚)ガクガクブルブル
(ネタバレしてほしいんじゃないわよ?w)
ニールとモジーも違う選択したし、みんなニールから離れて行っちゃうわ(´・ω・`)ショボーン

パラシュートで高層ビルから降下するシーンは、スパイ映画みたいだったわね!w
でもビル風まで計算に入れないと、壁面に激突して死亡!とかありそうよ!w
そこまでいかなくても、綺麗なお顔がぐちゃぐちゃになっちゃったらどうするの!w
さあみんなもパラシュート展開ボタン(当然ウソ)押さなきゃ!
   ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村


関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事