【あらすじ】
レナードたちはシェルドンを残し、しし座流星群の観測のためキャンプ場にやって来る。
一方論文作成に励むシェルドンは、普段味わえない1人の生活を満喫する。
突然、アパートにペニーの助けを求める声が響く。
駆けつけたシェルドンが目にしたのは、バスタブで滑って肩を脱臼したペニーの姿。
滑り止めのアヒルのシールがないことを指摘しつつ、ペニーを助け起こすと、「車で病院へ連れてって」と無理なことをお願いされる。

見境なしのハワードは、同じくキャンプ中の50代の女性教師2人組に声を掛け、クッキーをもらってくる。
ところが口にしたそれは大麻入りの代物で、3人そろってハイになり、幻覚を見始める。
そして食料切れに3人で頭を抱えるが、ハワードが荷物の中に "ママの愛情ブリスケット" を発見すると、流星群そっちのけでそれをむさぼる。

仕方なくペニーの頼みを聞き入れ、シェルドンはまず服を着る手伝いをするが、
服のチョイスから意図しない接触まで問題続発。
DSC_0405.jpg
それでもどうにか支度を済ませ、ペニーのオンボロ自動車に乗り込むが、「路上は初めて」と言うシェルドンの運転に、ペニーは不安でいっぱい。

ノロノロ運転でも無事に病院に着き、ペニーはシェルドンのKY問診票も乗り越えて、やっと治療を受ける。
そして部屋に帰りつくも鎮痛剤と筋弛緩剤でハイなため、シェルドンにベッドまで連れて行ってもらい、あげくに無理矢理「やわらか子ネコちゃん」を歌わせる。

【感想】
シェルドンとペニーのコンビ大好きよw最後まで笑いっぱなしだったわw
細かすぎるシェルドンとおおざっぱすぎるペニー、
・・・笑いが生まれるのは必然ねw
おっぱい触り触られの関係になったことだし、今後も期待するわ!

それにしても、緊急事態だっていうのに
「コンコンコン、ぺ二ー」×3を忘れないシェルドンw
律儀と言うか融通が利かないと言うか・・・w

「やわらか子ネコちゃん」も原語で聞けたわ!
ペニーは音痴って設定だけど、これが歌えないほどじゃあないのね?w

Soft kitty, warm kitty,
Little ball of fur,
Happy kitty, sleepy kitty,
Purr, purr, purr.

じゃあ一緒に歌うわよ! ッハイ!
   ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村


関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事