【あらすじ】
ベッドが壊れるほどレナードとラブラブのペニー。
今度はレナードたちの部屋に入り浸るが、生活が乱されるシェルドンは迷惑顔。
“タトゥー・スリーブ”を装備したハワードとラージは、“ゴスな女”を狙い、ゴス・クラブへ。
2人組に声を掛け、話すうちに素のオタクな部分が出てしまうが、意外にも気に入られる。
DSC_0386.jpg

レナードカップルと過ごす羽目になったシェルドンだったが、なぜかことあるごとにペニーにチョコをあげる。
レナードはシェルドンらしくない行動を不信に思っていると、しばらくして狙いに気付く。
それは、ペニーが好ましい行動をしたときにご褒美としてチョコを与え、操ろうとするもの。
ペニーを実験動物のように扱い、改良しようとするのを咎めるが、シェルドンに悪びれる様子などない。

クラブを後にし、2人組にタトゥーの店に連れて行かれると、ラージが止めるのも聞かず、ハワードは一夜のためにタトゥーを入れようとする。
ところが直前で怖気づき思いとどまると、彼女たちに愛想を尽かされる。
モテない男2人、寂しく帰る車中は妄想で溢れるのだった・・・。

【感想】
シェルドンの実験はペニーに効果あり過ぎだわw
気付かぬうちにどんどんシェルドンに都合のいいようになっていくのねw
でもペニーが気づいたら、シェルドンぶっ殺されそうだけどw

【あらすじ】の出だし、
“ベッドが壊れるほどレナードとアツアツのペニー。”
って書こうとして、自分で笑っちゃったわw
“アツアツ”って死語もいいとこよねww
「“ラブラブ”もだろw」って突っ込みたい方はコチラ!w
   ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村


関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事