【あらすじ】
シェルドンは学長からのメールで、翌朝の呼び出しを受ける。
しかし要件が書かれておらず気になって眠れないため、迷惑を顧みず真夜中に学長の家へ突撃訪問し要件を聞き出してくる。
そして同じように真夜中にレナードを起こして、国立科学財団への助成金申請が認められ、北極圏での科学調査を打診されたことを聞かせる。
3人はシェルドン抜きで3か月を過ごせると心弾ませるが、シェルドンから北極への同行を持ちかけられる。
"小うるさい変人"と缶詰にされる3か月を想像し、ハワードだけは断固拒否の姿勢をとるが、またとない機会であるのは間違いないため、結局レナードとラージに説き伏せられる。
一方ペニーはレナードからではなくシェルドンからその件を聞かされ動揺するが、恋人でもないため、レナードにはそれを気取られないよう振る舞う。
そしてレナードに"袖付き毛布"と長いハグを贈り、寂しい気持ちを押し隠して送り出す。

意味なしの冷凍室訓練を経て、親の反対も押し切って、"シェルドン隊長とその支援チーム"は北極に到着する。
しかし観測基地でも曜日ごとのルーティンは変わらず、ソファでタイ料理とDVD鑑賞の、変わり映えのしない日々が続く。
DSC_0346.jpg

【感想】
ペニー切ないわ・・・もう、素直じゃないんだから!
でも「会えない時間が 愛育てるのさ」って郷ひろみも歌ってるじゃない?
つまりはそういうことよ!w

これでシーズン2も終わりね。
そんでもって1週おいてシーズン3が始まるけど、
初めて字幕版もやるらしいじゃない?
原語も聞いてみたいから、この機会にそっちを見てみることにするわ!

シェルドンの空気の読めなさは学長であってもお構いなしなのねw
シェルドンを黙らせるスイッチがあったらいいのにw
・・・あら? これかしら?

   ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村


関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事