【あらすじ】
コリンとの交際がゴシップ誌に載ったため、Sはリリーとともに学部長に呼び出される。
しかし自主退学を迫る学部長に対し、リリーは大学側の責任を指摘して徹底抗戦の構え。
DとNは互いにSを諦められずにいたが、正々堂々と勝負して負けた方はすっぱり手を引くと約束を交わす。
それぞれプランを練ってSをデートに誘い、その夜デートできたほうが"選ばれし男"となる。

BはNの母親アンから女性支援団体ガールズ・インクの次期代表を打診される。
ただし、強い女性像が求められる代表として、Cとの交際を止めるとの条件付き。
一方Cはヤリ手秘書のKCからエンパイアホテルのパーティーに向け、Cの後を追いかけまわすような男では客層にアピールできないとお叱りを受ける。
苦肉の策として仮面着用のパーティーに変更し、秘密の関係を続けることにするが、感情が昂ぶり思わずBに「愛してる」と口走ってしまう。

S憎しで結成された、ジュリエット、V、Jのチーム・ブルックリンは、Sを周囲から孤立させるべく暗躍を始める。
アッパーイーストサイドに戻ってきたJは、Sの携帯のSIMカードを入手したうえ、ジュリエットが更なるSのネタを持っているとの情報をリリーに流す。
そしてD/N→Sのデートの誘いに、Sに成りすまして両方へOKの返信を送る。
ジュリエットはリリーに呼び出されSへの仕打ちを非難されるが、寄宿学校時代もSが教師と関係を持ったことを知っていると匂わせ、口止め料をせしめる。

ジュリエットから口止め料の件を聞かされたSはリリーに食って掛かる。
自業自得だというリリーの厳しい言葉に、母と娘の断絶が広がっていく。

C主催の仮面舞踏会が始まる。
ジュリエットとJはSと同じドレスを調達、仮面着用でSに成りすまして会場へと入る。
Sに扮したジュリエットはDとNにキスをしてその気にさせ、当の2人は後になって自分だけがキスされたわけではないことを知る。

アンとの夕食会を蹴って駆けつけたBは、Cに「愛してる」の言葉の真意を確認し、「本気だった」という答えを得る。
「私も」と返しキスを交わすと、Sに扮したJの手でその姿が皆の目に晒される。
DSC_0328.jpg
アンの目にも触れたため次期代表の座を逃すことになり、彼女からSもその座を狙っていること(チーム・ブルックリンによる嘘)を知らされる。
一方Cのほうは結果オーライで、KCからビジネスへの好影響が伝えられる。
男と女で結果が理不尽に分かれ、自分のキャリアのためBは運命の相手と信じつつ別れを決める。

Jたちのせいで会場に入れもしなかったSは、身に覚えのないことでDとNから責められ、結局二兎とも獲り逃す。
さらにBからも密会現場を暴いたことと、ガールズ・インク代表の座を狙っていることを責められる。
否定するも信じてもらえず自棄になって会場を後にすると、ジュリエットにドラッグを盛られたせいで意識朦朧となる。
そこをジュリエットに拉致され、学部長宛てに退学を申し出るメールを送られる。

【感想】
ジュリエットはともかく、いくらセリーナが憎いからって、
ジェニーとヴァネッサは他の人を傷つけても平気なのかしら?
なんかモヤモヤするわ・・・。

リリーがセリーナに「胸を張れるような生き方をしてきた?」って言ってたけど、
オマエが言うな!wって感じよねw
母が母なら娘も娘だわよ!w逆かしら?w

これでセリーナは友達からも家族からも総スカンね!
ほんとに自業自得なんだけどw
ところでセリーナが寄宿学校時代に関係を持った教師=ベンってことでいいの?
そのせいでベンは刑務所行き、それでセリーナを恨んでるってことかしら?

それぞれでガチャガチャしたあと、何かしらのパーティーで全員集合
ってパターン飽きたわw
もうブレアとチャックがくっついたり離れたりもどうでも良くってよw

毎月第1日曜日はスカパー(e2も)無料放送よ!
「百聞は一見にしかず」って言うじゃない?
ポチッとお願い!
   ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村


関連記事


コメント

  1. チュンばばあ | -

    "逆じゃない"(逆ではないという意です。もちろん)

    すごい考えてみれば、
    私も30才ぐらいまでなら突っ込んだであろう、おそらく同じニュアンスの
    >オマエが言うな!w
    文字を目にした途端、ブブッ と笑ってしまいました。
    青春ものはもとより、惚れたハレタは理解する必要が無くていい事にしている私の、ゴシガポイントは謎のゴシップガールのナレーションなんですよね。あれ聞くために見てるドラマです。すごいイイ!!!個人的には久々の「もーちょっと安くなったらコンプDVD買う気」のドラマです。・・・・・・具体的な事はともかく、ありがちな"言うな!"だと思いますが、なーんかリリーさんの部分には最初の頃の期待をばっさりと裏切られちゃてるところがあって、でもなんとなく若者ドラマだから、まいっか・・・と。
    で、ブブッの後、少しはハッとしてちょっと戻してもらってホッとできたツッコミなのでした。
    いつも、いろんな文章ありがとう・・・
                や、笑わせてくれて・・・かしら。ブブッ

    ( 12:51 )

  2. dramatica247 | -

    チュンばばあ さん

    GGに出てくる大人組には、若者組のお手本になるような立派な人間は見当たらないわねw
    リリー然り、ルーファス然り。
    ワタシもキャラクターの心の動きが理解できないことが多々あって、ゴシップガールのセリフで「ああ、そういうことだったのね」って補完してるわw

    ( 23:39 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事