【あらすじ】
ミッチェル&キャメロン家:
ショッピングモールでサンタの膝に乗る(リリーが)順番待ちにイラつく。そこへ昔キャメロンを追い出したアンドリュー率いる聖歌隊がやってきて侮辱される。順番が回ってくるが、やせっぽちに交代したサンタに不満なミッチェルは列を離れる。しかし帰りの駐車場、苦情でクビになったやせっぽちのサンタから車上暮らしの身の上を聞くと、いたたまれなくなり夕食に誘う。元サンタのスコットは元海兵隊だと話し、さらに2人の罪悪感が増す。夕食を終えスコットが帰ろうとしたところに、例の聖歌隊がやってくる。激昂したキャメロンをスコットが宥め、苦情を言った2人を自分が許したように、許しを与えるよう諭す。感じ入ったキャメロンが聖歌隊を褒めるもさらなる侮辱を返すアンドリューに、スコットは一発お見舞いし去っていく。
ダンフィー家:
クリスマスイブ、クレアがカウチに焦げ跡を見つける。子供たちの誰かが煙草を吸ったと疑うが名乗り出る者はいない。するとフィルはお仕置きとしてクリスマスの中止を宣言する。それでも白状しない子供たちに、とうとうツリーまで片付ける。子供たちは罪をなすりつけ合うが、アレックスが作戦を思いつく。まずルークが罪を認め、その後2人がそれを庇い、きょうだい愛を見せつけるというもの。ルークは作戦通り罪を告白するが、姉2人に知らん顔をされて、作戦をバラす。
フィルにやり過ぎだと言っていたクレアも、子供たちにナメられないために続行を支持する。そこへアレックスがやってきてタバコを吸ったと告白をしたことで、クリスマスが再開される。ところがツリーのオーナメントに日光が反射してカウチが焦げたことが判明する。クレアはアレックスの犠牲の精神に感動し、フィルは早とちりでクリスマスを中止したことを反省する。

プリチェット家:
クリスマス気分に浸るジェイは「三十四丁目の奇蹟」を観て涙を浮かべるが、マニーがすり替えた"ドッキリ版"に驚かされる。イタズラをするのがコロンビアの習慣なのだという。
DSC_0157.jpg
ひっかかったジェイはコロンビア式を一切否定し、グロリアとマニーにアメリカ伝統のクリスマスを強要する。マニーは不本意ながらジェイへのプレゼントだと思って従うことにする。しかしコロンビアの食べ物まで禁止された2人が顔を曇らせたところ、ジェイがドッキリだと明かす。3家族が集まり、新しい"伝統"でクリスマスを祝う。

【感想】
アメドラのクリスマスエピソードには
例外なく感動させられちゃって悔しいわ!w
「力技」って感じがしないでもないけどw

今回はアレックスがちょっとだけイイところ見せたわね。
外出禁止を言い渡されたところで、
告白を撤回するのかと思ったけど違ったわ。

いい? みんな!
本場のクリスマスは家族で過ごすのよ!
恋人同士でイチャイチャする日じゃないのよ!

来週はお休みらしいわ!

どう? うまくまとめられたかしら?
  YES   NO → (´・ω・`)
   ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村



三十四丁目の奇蹟 スペシャル・カラー・バージョン [DVD]三十四丁目の奇蹟 スペシャル・カラー・バージョン [DVD]
(2011/04/22)
モーリン・オハラ、ジョン・ペイン 他

商品詳細を見る

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事