【あらすじ】
既婚者の出会い系サイト、エンカウンターズ・ドットコムの経営者ステファニー・エングラーは、その利用者ショーン・ブリグリオが殺害されたことについて責任があるとその妻デイナから訴えられている。
ウィルがメインで担当し、一方、原告側代理人にはこれまで2度争った若手弁護士ナンシー・クロージャーが就き、浮気に関する訴訟であることを強調する作戦を仕掛けてくる。
事件は未解決で、ウィルがケイリーから入手した捜査情報によると、ショーンはホテルの一室で縛られペニスを切り取られた状態で発見されたという。
また、ショーンがそのサイトで知り合ったプリティスペシャル9(HN)という人物が容疑者として挙げられ、あるコピー店からアクセスしていたことが分かる。
アリシアはピーターとの離婚について家族法部門のデヴィッド・リーに相談を持ちかけ、金銭的な対応策のアドバイスを受ける。

陪審員に有利に働きかけることを狙い、浮気された経験のあるアリシアがメインとして担当することになる。
アリシアは報告を上げようとしたカリンダに浮気を知っていることを突き付けると、感情的になり彼女を部屋から追い出す。
平静を装いエレベーターに乗り込んだカリンダも、独り嗚咽を漏らす。
DSC_0148.jpg

アリシアの突然の決断に納得がいかないジャッキーはアリシアの留守にザックとグレースを訪ね、探りを入れてくる。

デイナが証人として壇上に上がり、ナンシーはあくまでショーンがサイトを知るまで誠実な夫だったと陪審員に印象付けようとする。
対するアリシアはショーンがそれ以前にある女性に対する接近禁止命令を受けていた過去を暴き、印象を覆す。

カリンダはFBIの捜査員ソフィアを訪ね、転職の世話を頼む。

アリシアは法廷での証言の予行演習としてステファニーに厳しい質問を浴びせる。
夫と互いに束縛しない関係のステファニーは不倫する気持ちが理解できないと言うアリシアに対し、夫以外の魅力的な男に対する欲望を煽る。

ナンシーはケイリーからステファニーとショーンの間に性的関係があったとうかがわせる証拠を入手しており、法廷でそれを提示する。
それはステファニーがショーン殺害の容疑者となることを意味する。
休廷の申請が聞き入れられると、ステファニーが関係を認めたため、ウィルは民事では和解することを勧め、刑事で弁護することを申し出て、彼女から了承を得る。

カリンダはウィルに事務所を退職することを伝える。

アリシアは事務所でナンシーに和解金額を提示するが成立には至らない。
そこへ両親の別居に納得がいかないグレースがやってきて、アリシアは娘の話からジャッキーの訪問を知る。
アリシアは子供たちの親権を奪われる危険を感じ、またリーと面談する。
子育てにジャッキーの手を借りたことは不利には働かないと教えられ、一応の安心を得る。

ナンシーは3人の証人を呼び、ステファニーのショーン殺害容疑を裏付けていく。
①ホテルの駐車係「写真の車はステファニーの車。当夜猛スピードで逃げて行った」
②コピー店の店員「ステファニーは店の客。パソコンを使いに来ていた」
③ショーン殺害事件の担当刑事「現場に落ちていたカーペットの繊維はステファニーの家のものだった」

ウィルは不利な形勢を覆すため、カリンダに別の容疑者を探すよう指示する。
カリンダはナンシー提示の写真と同条件下でデイナの車を撮影すると、見分けのつかない写真になることをウィルに示してみせる。
これでデイナを容疑者として挙げることができるようになる。
ウィルは有能さを見せつけるカリンダを引き止めるが、彼女はそれを受け入れる代わりにアリシアの離婚の決意を教え、背中を押してやる。

アリシアはジャッキーのもとへ押しかけ、今後の子供たちへの接触を強く禁じる。
敵対姿勢を露わにして去ろうとするとジャッキーが「家で何があったか知ってるのよ。私は家事をしてたから」と意味深な言葉を投げかけてくる。

ウィルが①の証言を逆手に取りデイナ容疑者説を主張すると、ナンシーはうろたえ異議を唱えるが理由を挙げられず却下される。
さらに、③の証言は、カーペットが広く普及しているものでありデイナが所有している可能性も否定できないことで、②の証言は、店員から「客を全員見てるわけじゃない」という証言を引き出したことで、その信憑性を潰していく。

カリンダが調査の進捗状況をアリシアに報告すると、ピーターとの過ちを責められる。
一度の過ちで自分にとっては意味がないこと、アリシアのことも知らなかったことを挙げて弁解する。
そして唯一の友達アリシアと話をするのが楽しい一方で、罪悪感を感じていたことを打ち明け、素直に謝る。
しかし「夫のセックスは良かった?」とのアリシアの返答に、事務所を辞めることを伝える。
動揺しながらも仕事に戻り、プリティスペシャル9のアバターに使われた唇の画像を、ステファニーの夫アレックが編集長を務める雑誌から見つける。

ウィルたちはすべての証拠がアレックに繋がり嫉妬からの犯行と考えられることをステファニーに伝え距離を置くことを勧めるが、彼女は夫のもとに走り寄り激しいキスをする。
ナンシーと和解交渉を進めることになる。

カリンダはソフィアから検事局へ派遣しピーターのもとで働いてもらうと言い渡されると、ウィルに事務所に留まることを申し出る。
アリシアとカリンダの様子に気付いたフィルはそれが理由かと問うが、カリンダは認めない。

ロックハート/ガードナーは判事殺しの被告人の弁護を担当することになる。

【感想】
事件よ! あのカリンダが動揺し、そして泣いてたわ!!w
裁判の話が存在感薄くなっちゃって大変!w

カリンダはアリシアしか友達がいないって言ってたけど、
それはアリシアも同じだと思うのよね。
だからこそ裏切られたことであんなに激しく傷ついてるんでしょうね。
カリンダは開き直って事務所に残ったけど、これからどういう態度でアリシアに接するのかしら?

カリンダからケツに火ぃつけられたウィルはいよいよ行動起こすのかしら?
それに対してモテモテのアリシアは?

次回がシーズン最終回よ!


クリックしてくれたらワタシもっと頑張れるわ!

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村



グッド・ワイフ 彼女の評決 シーズン2 DVD-BOX part2グッド・ワイフ 彼女の評決 シーズン2 DVD-BOX part2
(2012/05/11)
ジュリアナ・マルグリーズ、ジョシュ・チャールズ 他

商品詳細を見る

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事