【あらすじ】
ミッチェル&キャメロン家:
突然ミッチェルの母親ディードが訪ねてくる。スピリチュアルにかぶれたディードは、あの事件(※)を乗り越える必要があると言い出す。ディードは恋人ができカナダに移住するため、その前に皆に謝りたいのだという。ミッチェルは夕食会で皆に聞いてみると約束する。

ジェイとグロリアの結婚式、一部の反対を受けながらも、元夫の再婚を祝福したいという願いによりディードも出席することになる。しかし当日ベロベロに酔っ払い、恨み節の酷いスピーチを始める。ディードは外に連れ出され、その際に暴れてケーキは滅茶苦茶に。

プリチェット家:
マニーがお泊り会からいたずら書きをされた顔で帰ってくる。マニーとグロリアは仕返しとしてその相手の自転車に火をつける。
ミッチェルが母親の件を頼みに来るが、グロリアの怒りはまだ収まっていないこともあってジェイは拒否の姿勢を崩さない。

ダンフィー家:
ヘイリーがディランと泊まりがけのコンサートに行きたがるが、クレアに反対される。ふて腐れるヘイリーをフィルは元気づけようとするがカラ回りする。
ミッチェルがディードを連れて現れるが、クレアは思春期に否定された過去もあって許す気にならない。ヘイリーがコンサート行きを反対されていることを聞くと、ディードはクレアにも同じようなことがあったと話し始める。クレアは自分と母親とは違うところを見せたいがためにディランを夕食会に呼ぶように言う。そしてミッチェルに説得され、ジェイが承知したらディードを夕食会に呼ぶことを認めることにする。
ジェイの承諾は得られなかったが、内緒でディードを夕食会に招く。ディランの後、プリチェット家も夕食会にやってくると、ディードがいることに気付いたグロリアが怒りを爆発させる。それでもディードが若くて美人の再婚相手に嫉妬したことからの暴挙だと告白し素直に謝罪すると、グロリアはそれを受け入れ許す。しかし、一転ディードがグロリアを「泥棒猫」呼ばわりし、取っ組み合いが始まる。収集のつかない事態に突然ディランが口を開き、ヘイリーが魅力的なのは、愛に満ちあふれた家族に囲まれているからだと言う。株を上げたディランはヘイリーを想って作った曲を披露するが、その内容にフィルとクレアは絶対にコンサートには行かせないと誓う。
DSC_0115.jpg

【感想】
最後、ディランの糞曲が流行ってるの笑うわw
でも耳に残る曲なのは否めないわねww

グロリアが許して大団円!なのかと思いきや、
「泥棒猫!」のどんでん返し
あのトンデモ母ちゃん、これからも家族を引っ掻き回すんでしょうねw

フィルのグロリア好きがちょこちょこ顔をのぞかせるから、
あの小ネタだけで笑っちゃうわw


どうせならクリックしてってちょうだい! もっと上に行かせてよ!

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村


関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事