【あらすじ】
3-13「犯罪と転居の法則」
レナードとシェルドンが帰宅すると、部屋が荒らされ、テレビやパソコン、ゲーム各種が消えていた。対策としてハワードがセキュリティシステムを設置する。
シェルドンは犯人が戻ってくることを恐れて眠れないためペニーとレナードのいる寝室にまで邪魔をする。追い出されたシェルドンはセキュリティシステムの電気ショックモードの餌食になる。
DSC_0040.jpg

そしてパサデナからの引っ越しを考え始め、ボーズマンという町に着くが、途端に泥棒に遭う。

3-14「アインシュタインと転職の法則」
シェルドンは物理学上の難解な問題に行き詰まっている。睡眠もとらずに没頭するが、バーナデットに諭されようやく寝る。
ラージがローラースケート場のディスコナイトへ行くことを提案するが、結局はレナードたちのダブルデートになる。不満なラージは後日ハワードと2人で満喫する。
レナードは真夜中に連絡を受け、行ってみるとシェルドンがボールプールに忍び込んでボールで考えに耽っていた。
DSC_0041.jpg

シェルドンは問題を解くためアインシュタインが特殊相対性理論を提唱したときに倣い、単純労働の仕事を探す。そしてペニーの店で勝手に働き始め、ついにひらめきが訪れる。

【感想】
ハワードが「知り合い」なのねw予想通りだったわw
2話目でもピチピチパンツでキモさ爆発だったわよw
ユダヤ教の禁忌を2つ同時に犯すっていうのは、これかしら?

①豚肉を食べる
②肉と乳製品を一緒に食べる

ベーコンチーズバーガー・・・確かにw

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事