Dead Meat

【あらすじ】
(檻を抜け出した子豚のバーニーが不気味な樹の近くで殺人を目撃する夢)
動物愛護団体SARCの職員メリッサ・トルネイが動物虐待の証拠集めのためアグロ社の畜産農場に潜入したのち、行方不明となって1週間。
SARCの代表ヴィクトリア・ゴセットがメリッサの失踪についてアグロ社の関与を糾弾しようとするが、デヴァロスの指示により、まずはアリソンとスキャンロンが農場に調査に入ることになる。
hulu でも見られるわよ♪


農場にやって来たアリソンは、夢で見たバーニーが脱走するのを目にし、その後を追いかけていくと、そこには不気味な樹。
メリッサがそこで殺されたと感じ、鑑識を呼んで辺りを調べてもらうと血や骨が見つかったものの、どうやら人間のものではない様子。

ジョーの誕生日、アリエルからはセーター、ブリジットからはジョーの写真をコラージュしたアメコミ、マリーからはレトロなヒーローのおもちゃが贈られる。
大いに喜ぶジョーだったが、マリーがコミックストアで万引きをしてきたことが発覚し、翌日慌てて謝罪と返品に店を訪れたものの、そのおもちゃをプレミア価格で買い取る羽目になる。
さらに、謝罪に訪れた際に別のおもちゃを万引きするマリーの姿が防犯カメラに捉えられたため、仕方なくそのおもちゃも買い取り、突如表れたマリーの万引き癖に頭が痛くなる。

(バーニーの母親が出荷され、親子が引き裂かれる夢)
いてもたってもいられなくなったアリソンは、ヴィクトリアの助言を得てバーニーを買い取ると、彼を保護施設へ預け、面倒を見てもらうことにする。
DSC_0744.jpg
一方でメリッサにはSARCで同僚だった恋人がいたことが分かり、その恋人シェーンに事情聴取を行うと、彼がメリッサから送られてきたDVDを受け取るヴィジョンを見る。
メリッサが動物虐待の証拠を映像に収めたのだと考え、シェーンにDVDの存在と内容を問い詰めるが、彼に白を切られる。

(映像をネタに誰かを強請っていたシェーンが撃ち殺される夢)
シェーンの自宅を調べるも、犯人が後始末をしたためか、彼の殺害を示す証拠は出てこない。
一方でメリッサが「農場に動物虐待は無かった」とカメラに向かって報告するヴィジョンを見て、そもそも事件などではなく、メリッサたちは駆け落ちでもしたのではないかと思い始める。

(不気味な樹の近く、ヴィクトリアの横領告発のDVDを作ったメリッサがヴィクトリアに呼び出される夢。ヴィクトリアは「後継者に」という誘いに乗ってこなかったメリッサを撃ち殺す)
ヴィクトリアの身辺に捜査のメスが入れられるが、殺人も横領もその証拠が出てこないため、デヴァロスにも手の打ちようがない。

ジョーはマリーに窃盗がいけないことだと諭すと、「パパの名前が書いてあるからいいと思ったの」と返され、それはおもちゃ自身から聞いたとのこと。
半信半疑でおもちゃの電池ボックスを開けると、蓋の裏にはジョーの母親がマニキュアで書いたジョーの名前。
30年の時を越え、懐かしいおもちゃとの思わぬ再会となり、ジョーにとっては最高の誕生日プレゼント。

(ヴィクトリアがバラバラ死体を餌として豚たちに与える夢)
バーニーの大腸に人間の骨や歯と銃弾が残っていることがX線撮影によって明らかになる。
それだけではヴィクトリアの犯行と断定することはできないが、アリソンはヴィクトリアに対して「バーニーのお腹にメスを入れなくて済むわ」と迫り、供述調書にサインさせる。

【感想】
ヴィクトリア役は『nip/tuck』のリズ役の女優だったから最初から怪しさプンプン丸٩(๑`^´๑)۶だったわ!
そもそも動物愛護団体とか環境保護団体とかいうのが怪しさプ(略)だわ!
もちろん真っ当な団体もあるんでしょうけど。

人肉食べた豚を食べちゃってたら、オゲェ~~って感じよねw
その製品は自主回収とかするのかしら?
でも回収の理由を公表したら、パニックどころの騒ぎじゃないわよねw

アリソンの言動をリーがいちいち茶化すのが可笑しくてしょうがないわw
よくこのコンビで捜査するけど、2人っきりになってもまったくロマンチックな雰囲気にはならないのw
誰? 「アリソンが○○だから」とか思ったのは!w
『BONES』『CASTLE』だったらすぐ2人でイチャイチャし始めるとこよw

このところ3姉妹の能力がどんどん強くなってきてなぁい?
アリエルはすでにアリソンばりだし、一番ちっちゃなマリーでさえコレよ?
末恐ろしいわ!
もうデュボワ家のファミリービジネスにしちゃえばいいのに!w
ところで、今回のジョーはずっと鼻声だったわね。
なんか気になっちゃったわw

いよいよ次回がシーズンフィナーレ、リーの大活躍希望よ♪
 ↓   ↓   ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事