Someone to Watch Over Lily

【あらすじ】
ミッチェルとキャメロンは万一のことを考え、リリーの後見人を決めておくことにする。
ミズーリのキャメロンの家族は却下、ダンフィー家の醜態を目にした後は、プリチェット家しか選択肢が残っていない。


あまりに集中力の無いルークが心配になったクレアは、フィルに内緒でルークを児童心理学者に診せに行くが、すべてお見通しのフィルに先回りされる。
結局、ルークについては好奇心旺盛過ぎる点を除けば心配ないと医師に言われるが、尚心配な点を訊かれると、楽天的なフィルに対し「あなたみたいになることよ」と口走ってしまう。
失言を認めてもヘソを曲げたフィルは聞く耳を持たず、ケンカになって互いに車を出す。どちらの車にもルークを乗せずに。

友達のギャビーの車で遊びに行くヘイリーは、渋々アレックスをチェロの練習に送っていくことに。
ギャビーから他の女子が悪口を言っていたと聞かされ、堪らず仕返しを考えるが、チェロの先生が留守だと言うアレックスも連れていく羽目になる。
3人で夜の学校へ忍び込み、その女子のロッカーにイタズラをしようとしたところ、警備員に見つかりそうになるが、なんとかアレックスと2人で校外へ逃げのびる。
テンション↑のアレックスは、先生の留守が嘘で、本当はチェロも大嫌いなことを明かすと、ヘイリーから「優等生をやめたって誰も責めないよ」と優しい言葉をかけられる。

後見人の適性を見極めたいミッチェルとキャメロンは、リリーをグロリアに預けた上、学校のキャンプ行事のためスポーツ用品店へ行くというジェイとマニーについていく。
すると、元々ミッチェルという"作品"からジェイの子育てに懐疑的なキャメロンは、ジェイのマニーに対する鬼軍曹っぷりを見て不安が増す。
さらにグロリアが無断でリリーにピアスの穴をあけたことに言葉を失い、リリーを任せられないと思い知る。

日暮れ、フィルとクレアはルークを置き去りにしたことに気付き慌てるが、新婚さんのリムジンに乗り自力で帰ってきたルークのたくましさを知り、反省しきり。
こんな様子ではダンフィー家にもプリチェット家にもリリーの後見人の資格無しだが、キャメロンはマニーから「ジェイはそんなにひどい親じゃないよ」との声を聞く。
キャンプに行きたくないと言ったマニーを頭ごなしに叱らず、自信と勇気を持たせて判断を任せた話でジェイを見直し、気持ちが変わる。
ジェイとグロリアをリリーの後見人にしたいと発表すると、異議を唱えたクレアも、ヘイリーとアレックスが学校を荒らしたという連絡が入っては、その意義を引っ込めるしかない。
ただ、大喜びするグロリアの「2人が死んだらリリーは私のものよ」という言葉が引っかかる。

【感想】
間違いなくルークはフィル似よね~w あの落ち着きのなさったらないわw
クレアの気持ちも分かるけど、あんなフィルを選んだのはアンタよw
何はともあれ、ルークは愛されキャラだから大丈夫よ!

同級生とシャワーに入りたくないからキャンプに行きたくないだなんて、
マニーったらかわいいとこあるじゃないw
後でいい思い出になることだってあるのよw(意味深)

ヘイリーとアレックスの仲悪姉妹のほっこりエピソードもたまにはいいわね。
アレックスは好きでチェロやってたなんてちょっと意外だわ。
おバカ家族の唯一の優等生だと、いろいろ悩みもあるのね。

ジェイも意外といい親なのねw
っていうより、クレアとミッチェルっていう実験台を経て、いい親になったっていう感じかしら?w
グロリアがリリーをおもちゃみたいに扱ってたから、そっちの方が心配かもねw

あと小ネタだけど、「ジャグリングする」って言って包丁を手にしたルークからそれを奪うキャメロン、代わりにフルーツを渡すミッチェルの連携プレー
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事