【あらすじ】
ヴィンス主演の「ギャッツビー」が興行収入トップを記録し、アリは興奮が冷めやらず深夜になっても眠れない。
そこへアンドリューの妻マーロから電話がかかり、夫が帰ってこないという話に心当たりがあるが、知らないフリを通す。
モンスーンの影響で「フェラーリ」の撮影が3か月延期になったため、ヴィンスは暇を持て余す。
皆をパリ旅行に誘うが、Eとドラマは仕事、タートルは学校があるのでつれない返事。
仕方なく適当にお楽しみの相手を調達するが、退屈は否めない。

翌日出社すると、アリは面倒に巻き込んでくれたアンドリューをどやしつける。
しかし、不倫に入れ込んでいたはずのアンドリューからリジーとの関係を終わらせたことを聞き、怒りを収める。
また、リジーから謝罪を受け、仕事で挽回すると言う彼女に、デイヴィッド・シュワイマーとの契約で証明してみろと告げる。

シュワイマーとのミーティングが始まるが、数々の提案にも彼は乗ってこない。
しかしリジーの提案だけはシュワイマーのお眼鏡に適い、彼女自身も気に入られたため、ランチ兼打ち合わせをすると言って2人は会議室を出ていく。

仕事があると言ってヴィンスの誘いを断ったEだったが、1人で経営するマーィー・グループは開店休業状態。
何もやることが無いため、連絡がきたアシュリーをオフィスに連れ込み、セックスに耽る。
それも終えて現実に戻ると、アシュリーに現状を愚痴るが、逆にヴィンスがいる幸運を諭される。

ドラマは番組の共演者選びのため、女優にキスのオーディションをする予定が入っている。
意気揚々と始めるが、集められたのは女優ではなくモデルばかりと知ると、納得がいかず監督に直談判する。
そして有名女優にオファーを、と要求するが一笑に付される。

アリはシュワイマーからリジーを狙うアンドリューに邪魔されたと苦情を受ける。
さらにロイドからアンドリューが駐車場の車の中で泣いていると報告を受け、急いで向かう。
そしてリジーに未練タラタラのアンドリューに、子供に見せたい父親像を考え、ウソつきになるなと助言する。

タートルはジェイミーに買い物に連れ出され、着せ替え人形に徹する。
そこへ、策に窮したドラマから電話がかかり、ジェイミーに出演を頼んでほしいと懇願される。

帰宅する寸前、アリはアンドリューからの電話で、ウソの人生は止めて妻と別れたと聞かされる。
家に入ると、妻から妻へ既に連絡が入っており、アリはアンドリューへのまずい助言をなじられる。

自分の彼女にキスされるのは御免、とタートルにも断られたドラマは、ヴィンスの伝手を借りようとするが、望み薄。
そこへジェイミー好みに仕立て上げられたタートルが戻ってきて、思い直してドラマの望みを叶えてやったことを伝える。
DSC_0320.jpg
そして今度はEがやってきて、自己満足にすぎなかった会社をたたむことを宣言し、皆を驚かせる。

【感想】
アリったら面倒なことになっちゃったわね。
基本的に嫁と子供たちには弱い、いい夫、いい父親なのよねw
そのしわ寄せで八つ当たりされるロイドちゃんは可愛そうだけどw

タートルは嫌がってたけど、結局ドラマと彼女のキスシーンにOKしてあげたのね。
でも芝居とはいえ嫌よね、自分の彼女と友達がキスするの。
しかもあのドラマにベロベロされるのよ?w

Eは会社たたむって選択は仕方ないわね。
ついでに あのちんくしゃアシュリーとの関係も早くたたんじゃえばいいのに!

デイヴィッド・シュワイマーは「フレンズ」で有名な人ね。
ワタシ、「フレンズ」見てないから知らないんだけどw

アナタの好きなドラマはあるかしら?
ポチッとお願い!
   ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村


関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事