【あらすじ】
ハロウィンの季節を迎えたウェステリア通り。
夫婦生活を拒み続ける妻に手を焼いたポールは、夫婦セラピーのドアを叩く。
そして精神科医から妻をデートに誘うことから始めるようアドバイスを受ける。

腹を括ったスーザンは、マイクにポルノサイト出演とそれをポールに知られたことを打ち明ける。
激昂したマイクが金槌片手に乗り込もうとするのを止めると、貸した家の壁に画びょうの穴を見つけ、賃貸契約違反を盾にポールに60日以内の退去を迫る。
ホワニータはグレイスの部屋でギャビーのネックレスを見つける。
取り返してきたネックレスを得意げに見せるホワニータに対し、ギャビーは自分があげたものと嘘をついてその場をやり過ごす。

ポールがベスとの初デートとして選んだのは、スーザンの勤めるオークリッジ学園のお化け屋敷。
ポールは変なデート場所を訝しがるベスを遠ざけると、母親の1人を掴まえ、スーザンの痴態を告げ口する。

リネットは義母アリソンの物忘れや感情の乱高下が気にかかり、トムに認知症の可能性を示唆する。
しかしトムは昔のことを事細かに覚えているアリソンの様子から、義母を追い出すための作戦を疑い、リネットの心配を握りつぶす。

初めてキースの部屋を訪れたブリーは、ミミという女性のルームメイトの存在に驚かされる。
キースと彼女が寝ていないと確認して安心するが、矯正局からの郵便物を見つけ、彼が暴行事件で保護観察中だと知る。
キースの知らなかった一面に不安を覚えるが、レネから当時の彼女に言い寄る男に暴行したという事件の詳細を聞き、逆に頼もしさを感じる。

娘たちにハロウィンの衣装を準備するギャビーは、グレイスにばかり手をかけ、ホワニータの嫉妬には気付かない。
DSC_0274.jpg
お菓子をもらいに家々を回っても、ギャビーの娘はグレイスに見え、ホワニータの不満が募っていく。

ベスとのデートを重ね2人の間にいい雰囲気を感じ始めたポールは、夫婦の絆を強く望み、強引にキスに及ぶ。
ところが平手打ちを返され、ベスに家を出ていくよう言い渡す。
ベスは母親に電話で報告し弱音を吐くが、母親にたしなめられポールとの関係修復に努力することを約束する。

レネ主催の大人限定ハロウィン・パーティー。
キースとともに訪れたブリーは、他の男からしつこく言い寄られキースに助けを求める。
男を追い払うキースに満足するが、怒りが収まらずその男に掴みかかった彼を止めに入る。
そして、怒りを制御できない自分を知られ自暴自棄になるキースに対し、自分のアルコール依存症をさらけ出す。
汚点を打ち明け合った2人の絆はより深まる。

ホワニータが親切を装ってグレイスの髪を切ってしまったことで、ギャビーは一方の娘を依怙贔屓し、もう一方の娘を傷つけていたことに気付かされる。
カルロスからグレイスと距離を置くよう言われるが、どちらの娘も手放す気にはなれない。

スーザンは学校にポルノサイトの件がばれ、教師の職をクビになる。
マイクはやっぱりアラスカの油田に出稼ぎに行くと言い出し、スーザンの軽率な行動を責め立てる。
家庭崩壊の危機に瀕したスーザンは、その元凶ポールの家に殴り込みをかける。
恨みを込めてこん棒を振り下ろすが、現れたベスに銃を向けられ仕方なく退散する。
一方、ベスに救われたポールは彼女と熱いキスを交わす。

トムはお菓子を買い足しに出かけたアリソンが戻ってこないことをペニーから聞かされ、心配になって探しに出る。
リネットはカルロスに保護されたアリソンを迎えに行くが、動揺した彼女に平手打ちされ、トムもその様子を目にする。
苦渋の選択を迫られたトムは、嫌がるアリソンを身を切られる思いでケアハウスへ送り出す。

結局マイクがアラスカへ旅立ち、スーザンはMJと2人きり残されることになる。

【感想】
ギャビーのグレイス贔屓があからさま過ぎるわw
あれじゃホワニータも怒るわよw
でもホワニータはもっと残酷な真実ってものを知ることになるのよね・・・

今回で"強気な"トムとはお別れねw
結局リネットのほうが正しいんだものw
でも罪悪感に苛まれたトムはちょっとかわいそうね。

マイクってけっこう勝手だと思うわ。
スーザンはバカなことしたけど、元はと言えばマイクの借金のせいよね?
スーザンを責める資格あるのかしら?

"マリリンかぶり"は笑ったわw
レネのも無理があると思ったけど、リーはその上をいってたわ!w

アナタの応援がワタシの糧よ!
ポチッとお願い!
   ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村



デスパレートな妻たち シーズン5 COMPLETE BOX [DVD]デスパレートな妻たち シーズン5 COMPLETE BOX [DVD]
(2010/12/22)
テリー・ハッチャー、マーシア・クロス 他

商品詳細を見る

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事