aquarius season 2

http://www.superdramatv.com/line/aquarius/

【主な登場人物(キャスト)】
●サム・ホディアック(デヴィッド・ドゥカヴニー)
 LA市警の刑事 第二次世界大戦で従軍 元妻オーパル 息子ウォルト
●ブライアン・シェイフ(グレイ・デイモン)
 LA市警の若手警官 麻薬関連の潜入捜査に従事 元空軍 妻クリスティン
●シャーメイン・タリー(クレア・ホルト)
 LA市警の女性警官
●エド・カトラー(チャンス・ケリー)
 LA市警の刑事 妻ジーニー オーパルと不倫

●チャーリー・マンソン(ゲシン・アンソニー)
 売春斡旋等で服役 出所後、農場で"マンソン・ファミリー"を形成
●エマ・カーン(エマ・デュモン)
 16歳の少女 家出をしてマンソン・ファミリーの一員に
●セディ(アンビル・チルダーズ)
 マンソン・ファミリーのメンバー
●ケイティ
 マンソン・ファミリーのメンバー
●パティ・クレンウィンケル
 ダイナーのウェイトレス ファミリーのメンバーに
●テックス・ワトソン
 本名チャールズ テキサス出身 自動車整備が得意 ファミリーのメンバーに

●デニス・ウィルソン(アンディ・ファヴロー)
 ザ・ビーチ・ボーイズのメンバー
●テリー・メルチャー
 有名音楽プロデューサー 女優ドリス・デイの息子

●グレース・カーン(ミカエラ・マクマナス)
 エマの母 サムの元恋人
●ケン・カーン(ブライアン・F・オバーン)
 エマの父 著名な弁護士 過去にチャーリーと性的関係
●ハル・バニエン
 ケンの元ビジネスパートナー SM好き ケンに殺されかけて下半身不随に

●ビリー・ガンダーソン
 薬物依存治療施設経営 自身も元依存症



【あらすじ】
シーズン2第8話「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」
While My Guitar Gently Weeps


While My Guitar Gently Weeps

■1969年8月10日午前0時17分
・ブライアンが事件現場で被害者たちの血液を採取、その後幻覚に襲われる
■事件の12か月前
・サムが連続女性失踪事件の犯人の声から、自分が逮捕したのち釈放された人物を疑う
・ブライアンがヘロインの禁断症状に苦しみ、クリスティンに事実を認める
・チャーリーがエマの捜索をサムに求め、彼の家にまで侵入して執着を見せる
・ケンがニクソンの大統領就任を見越して南ベトナム公使と密会
・サムがチャーリーと和解したように見せかけ、彼の悪行をデニスに吹き込む


シーズン2第9話「セクシー・セディ」
Sexy Sadie


Sexy Sadie

■1969年8月9日午前0時42分
・テートらの殺害を終えたセディがベビー用品を持ち去る
■事件の11か月前
・チャーリーがデニスに渡した新曲を改変されたことに憤るも、既に彼の行方は知れず
・サムが精神科に入院させられたエマを発見、グレースに退院させるよう話すも拒まれる
・ブライアンがサムの紹介で薬物依存治療施設に通い、依存から回復
・ハルがケンの"男性遍歴"をバラし、カーン夫妻が共和党での地位と経済的後ろ盾を失う
・サムがケンとともにエマを退院させるも、電気ショックを受けた彼女は抜け殻状態
・不当逮捕されたバンチーがサムの助けで釈放されるも、集会を襲撃され凶弾に倒れる
・チャーリーがメルチャーの家に押しかけるも、彼に代わって住んでいたのはシャロン


【感想】
いよいよチャーリー周辺で、テート事件に向けた動きが出てきたわね。
チャーリーの新曲改変問題 が発生したり、セディが産気づいたり。
その中で気になるのは、シエロ・ドライブの家に押しかけてきたチャーリーに対して、シャロンが 「テリーは引っ越したのよ」 とハッキリ言ってたこと。
既にあの家にテリー・メルチャーがいないことをチャーリーがこの時知ったとすると、そもそもテート事件はなぜ起きたの? って疑問が。
何だかよく分からなくなってきたわw

バンチーは 黒人分離主義組織 のメンバーに撃ち殺されたようね。
黒人分離主義組織っていうものの主張がよく分からないけど、黒人解放を掲げるブラックパンサー党 と相容れないものかしら??
ドラマの中でそのへんもうちょっと説明してほしいわ。
それはそうと、集会にはブライアンの妻クリスティンもいたけど、無事なのかしら…。

記憶が飛んじゃうほどの 電気ショック療法 っていったい…((;゚Д゚)ガクガクブルブル
ロボトミー手術 とか怖すぎるし、昔の精神医学って無茶するわね。
それにしても、あの 抜け殻状態 のエマがどうやってまたマンソン・ファミリーに戻ってテート事件に加わるのか、興味のあるところ。
そして、サムにもらった 聖クリストファーのペンダント がのちのち意味を持つことになるのかしら…?



にほんブログ村


関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事