BSスカパー!で第1話が無料放送されてたから見てみたわ。
…っていうか、すでに スターチャンネル では放送が開始されてるのね。

Big Little Lies1

ニコール・キッドマン × リース・ウィザースプーン主演
『セックス・アンド・ザ・シティ®』のHBO®製作、『アリー my LOVE』のデイビッド・E・ケリー脚本、ベストセラー小説をドラマ化
セレブライフに隠されたママ友たちの裏の顔――

高級住宅地にあるエレメンタリースクール。学校行事の最中に発生した殺人事件。
始まりは6ヵ月前の入学オリエンテーションに遡る…
3100万回も予告編がFacebookで再生されるなど、全米で話題を巻き起こした、ミステリードラマ

https://www.star-ch.jp/big-little-lies/




人物相関図
https://www.star-ch.jp/big-little-lies/img/soukanzu.png

【主な登場人物(キャスト)】
●マデリン・マーサ・マッケンジー(リース・ウィザースプーン)
 市民劇場でパート勤務 元女優志望
●エド・マッケンジー(アダム・スコット)
 マデリンの夫
●アビゲイル・マッケンジー
 マデリンとネイサンの娘 高校生
●クロエ・マッケンジー
 マデリンとエドの娘

●セレステ・ライト(ニコール・キッドマン)
 元弁護士
●ペリー・ライト(アレクサンダー・スカルスガルド)
 セレステの年下夫 ビジネスマン
●マックス・ライト
 セレステとペリーの双子の息子
●ジョシュ・ライト
 セレステとペリーの双子の息子

●ジェーン・チャップマン(シャイリーン・ウッドリー)
 シングルマザー 簿記のパート勤務 サンタクルーズ出身
●ジギー・チャップマン
 ジェーンの息子

●レナータ・クライン(ローラ・ダーン)
 ペイパル社の取締役
●ゴードン・クライン(ジェフリー・ノードリング)
 レナータの夫
●アマベラ・クライン
 レナータとゴードンの娘

●ネイサン・カールソン(ジェームズ・タッパー)
 マデリンの元夫
●ボニー・カールソン(ゾーイ・クラヴィッツ)
 ネイサンの妻
●スカイ
 ネイサンとボニーの娘


『ビッグ・リトル・ライズ~セレブママたちの憂うつ~』 第1話「誰かが死んだ」
Somebody's Dead


Somebodys Dead

【あらすじ】
★小学校の資金集めの仮装イベント"トリビア・ナイト"で殺人事件が発生
★被害者も加害者もオッターベイ校児童の保護者?
★警察が事件現場にいた学校関係者や保護者たちから聴取するも話は曖昧

★事件の6ヵ月前の入学説明会、引越してきたジェーンがマデリンらと出会う
★アマベラがジギーに首を絞められたと訴え、ジギーは否定
★互いに我が子を信じるレナータとジェーンが対立し、マデリンはジェーンを支持






【感想】
ほぼ前情報なし で見てみたけど、すごく面白かったわ!(;゚∀゚)=3
副題に 「~セレブママたちの憂うつ~」 なんて付いてるから、てっきり『デスパレートな妻たち』的なコメディかと思ったけど、もっと シリアスなサスペンス ね。
ま、そういう勘違いを狙った邦題なんでしょうけど、作品のイメージを壊してまですることじゃないと思うわ。
洋画の邦題が批判殺到で変更になったっていうニュースもあったし、邦題の付け方 については配給会社には今一度考えてほしいところ。
話が逸れちゃったけど、サスペンス要素以外にも 家族ドラマ的な側面 もあるし、カリフォルニア州の 海辺の街モントレー の美しい景色も楽しめるわ。

第1話の最後まで見たら、誰が死んだのか が明らかになると思ったのに…(;´Д`)
こりゃあシーズン最終話まで引っ張られるのかしら?w
とはいえ、全7話のミニシリーズ だからそんなのへっちゃらだけど。
考えてみれば、誰が死んで誰が容疑者か っていうのが少しずつ明らかになっていくところは、WOWOWで放送されてる 『アフェア 情事の行方』 と共通してるわね。
第1話では、入学説明会から始まる時間軸を基本に、"事件後"の捜査シーン(事情聴取)が差し挟まれるっていう形だったから、今後も同じ感じで進んでいくのかしら。

殺人事件が最大の謎 だとして、他にも 小さな謎 がいくつも出てきたわ。
とりあえずは、
・ジギーは本当にアマベラに暴力を振るったのか
・ジェーンの脳裏に浮かぶ"青いドレスの女"
・カフェでマデリン、セレステ、ジェーンを物陰から見ていた男
・マデリンが企画したミュージカル『アベニューQ』の反対運動の理由

ってとこが気になるわ。
特に、ジェーンは いかにもワケあり って感じだから、彼女の過去に"青いドレスの女"がどう関わってるのか興味津々だわ!

特筆すべきは、出演者が超々豪華 ってこと!
リース・ウィザースプーン、ニコール・キッドマンっていう オスカー女優2人 (アカデミー賞主演女優賞)の共演は、海外ドラマではちょっと信じられないわ。
それ以外も、
・シャイリーン・ウッドリー(映画『きっと、星のせいじゃない。』)
・ローラ・ダーン(映画『わたしに会うまでの1600キロ』)
・アレクサンダー・スカルスガルド(『トゥルーブラッド』、映画『ターザン:REBORN』)
・ゾーイ・クラヴィッツ(レニー・クラヴィッツの娘)
・ジェームズ・タッパー(『リベンジ』)
・ジェフリー・ノードリング(『24 -TWENTY FOUR-』)
・イアン・アーミテージ(『Young Sheldon(原題)』)

っていう興味をそそられる面子。
ローラ・ダーンとシャイリーン・ウッドリーはこのドラマでは イジメ問題 で対立しちゃうけど、映画『きっと、星のせいじゃない。』 では 母娘役 を演じてたのよね。
あと、ジギー役のイアン君は、『ビッグバン・セオリー』 のスピンオフで 子供時代のシェルドン役 をやることになって大注目の子役よ!


さて、第2話以降をどこで見るか っていう問題。
このためにスターチャンネルに加入するのもなんだし、お手軽に Amazonビデオ の配信にしようかしらね。



にほんブログ村


関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事