HOMELAND シーズン6 第8話「錯誤」
Alt.truth


alt truth

【主な登場人物(キャスト)】
●キャリー・マティソン(クレア・デインズ)
 元CIA諜報員 イスラム教徒の支援業務 双極性障害 娘フラニー
●マックス(モーリー・スターリング)
 フリーの技術者 キャリーと旧知の仲

●ピーター・クイン(ルパート・フレンド)
 元CIA特殊工作員 サリン被害の後遺症
●アストリッド
 ドイツ連邦情報局(BND)職員 クインの元恋人

●ソール・ベレンソン(マンディ・パティンキン)
 CIA幹部

●ダール・アダール(F・マーリー・エイブラハム)
 CIA幹部

●マジッド・ジャバディ
 IRGC(イスラム革命防衛隊、イランの軍事組織)少将

●エリザベス・キーン(エリザベス・マーヴェル)
 次期大統領 離婚歴有り 息子アンドリュー(大尉)がイラクで死亡
●ロブ・エモンズ(ヒル・ハーパー)
 首席補佐官

●ブレット・オキーフ(ジェイク・ウェバー)
 右派番組『REAL TRUTH』司会者



【あらすじ&感想】
キャリーが鬱状態になるもソールの助けでフラニーの無事を確認、彼の頼みを聞く
S6はずっと精神状態が安定してたキャリーだけど、フラニーを奪われたことでこんなに一気に 鬱状態 になっちゃうのね…。
でもフラニーが元気なのを遠目で確認できて、一応落ち着いたみたいで何より。
それのお返しとして、ジャバディとキーンの面会を取り付けてあげることになりそうね。
それにしても、もっと早くキャリーとソールで情報をすり合わせておけば、こんな事態に発展するのは避けられたかもしれないのに。
何だかんだ言ったって、この ゴールデンコンビ が本領発揮してくれないと話が解決に向かわないのよね。
ただ、根本の信頼関係は揺るぎないと信じてたのはソールだけだった模様。
キャリーに 「あなたが味方かどうか分からなくて」 って言われた時は、心の底からショック って顔だったわね。
ああいう場面って、型通りの驚きの表情作ったらコントになっちゃうところだけど、そこは実力派マンディ・パティンキン、感情に裏打ちされた表情が見事だったわ。
一応、2人がすり合わせた情報をまとめておくと、
・ナフィーシとモサドとCIAの"身内"(→ダール)が通謀
・イランは核合意を遵守しており、違反(北朝鮮と取引)は捏造
・核合意は正式に履行されているため、妨害すれば反逆罪
・ダールがキャリーに次期大統領への助言をやめるよう脅迫
・キャリーが脅迫を撥ねつけた翌日、セクーの車が爆発
・セクーの件で真相追及に協力したFBI捜査官コンリンが殺害される

ってところかしら。

疑心暗鬼になったクインがアストリッドを殴って脱走、"向かいの男"を襲うも人違い
前回のダールの言葉もあって、クインは 誰も信じられない って状態のようね。
アストリッドの居ぬ間に湖畔の家の中を漁ったり、車に隠してあった銃の弾を抜き取ったり。
決定的だったのは、スーパーで"向かいの男"らしき男とアストリッドが話してた(ように見えた)こと。
湖畔の家に戻ってから、アストリッドに「寂しくてヤッただけだ。友達なんかじゃない」とか暴言を吐いた挙げ句、腹にパンチ!(((((;`Д´)≡⊃ドスッ
ヤダ、クインったら最低!Σ(゚д゚|||)ガーン
わざわざアメリカへ来てお世話してくれてるアストリッドに何てことを!
"向かいの男"の方も、モーテルで待ち伏せしてタイヤレバーで殴りつけたけどそれも人違いだったし、まったくどうしちゃったのよ!?
でも、スーパーで見かけたあの男、ワタシの目にも "向かいの男" に見えたのよね…。



ソールがキャリーの仲介でジャバディをキーンに会わせるも彼の裏切りに遭う
まさかジャバディまでダールと組んでたとは!Σ(゚□゚(゚□゚*)ナニーッ!!
いきなりジャバディが核合意について真逆のことを言い出すから、ソールの狼狽っぷりが凄かったわw
ま、ジャバディやダールの狡猾さを甘く見てたソールの失態だし、キャリーが前回の 酔っ払い電話 でキーンの信頼を失ってたのも痛かったわね。
さて、これでキーンは 核合意の不支持ひいては破棄 に傾くのかしら…?
ところで、キャリーの車の中でジャバディが「密かに彼の墓を移した。殉教者が眠る墓地だ」って言ってたわね。
"彼"っていうのは、もちろんS3で犠牲になった ニコラス・ブロディ のこと。
「君が行けるように、あとで地図を描こう」とも言ってたけど、結局それも果たされなかったし、墓を移動したっていうのも本当かどうか分からないわね。
どちらにせよ、ブロディが安らかに眠れますように…。

オキーフが悪意で編集したビデオを作成、ダールと共にキーンの失脚を狙う
ジョー…じゃなくて、オキーフってば何て卑劣なの!?(*゚д゚) 、ペッ
アンドリューを "敵前逃亡の腰抜け大尉" に仕立て上げて、その母、キーン次期大統領を貶めようっていう魂胆ね!
本当は、アンドリューは仲間を救おうとしてたところを背中に銃弾を浴びたっていうのに。
オキーフの策略をまとめておくと、
・敵の急襲でアンドリューが死亡した時の映像を彼の元部下ルディから入手
・アンドリューが敵前逃亡の末に背中から撃たれたように映像を編集
・ルディと他の隊員に報酬を払い、アンドリューを非難する証言を収録
・編集済みの映像と元部下たちの証言を組み合せ、アンドリューを貶めるビデオ完成
・ビデオをダールに売り込み、キーンの失脚を狙う

ってところ。
オキーフって男の具体的な主義主張は分からないけど、目的のためには手段を選ばない ところが理解できないしゾッとするわ。
右派だからといって軍人に敬意を持ってるとは限らないのかしら??
それにしても、映像の 編集次第 で見る側に与える印象がまったく違ってくることに、改めて恐ろしさを感じたわ。
何かを加えたり変えたりするような編集ならまだしも、削られたこと に気付くのは難しいもの。

"向かいの男"の襲撃を受けてアストリッドが死亡、クインは辛くも生き延びる
バカバカバカバカクインのバカーーーーーーーーー!
「俺を殴ってくれ」って顔を突き出すのはちょっと可愛かったけど、反省するのが遅いのよ!
アンタのせいで、アンタのせいで、アストリッドがぁあぁぁぁあ!。゚(゚´Д`゚)゜。
「銃は弾を抜いた」 って言いなさい口が回らなかろうがどうしようが言いなさい死ぬ気でそれだけ言いなさいよぉぉ!!
アストリッドに何度も救われた命、もうアンタは 復讐の鬼 になってあの男をぶち殺しなさい!凸(゚Д゚#)

……ふぅ(;-_-) =3
"向かいの男"はダールから直接命令を受けてるのかと思いきや、この襲撃から考えるとそうじゃなさそうね。
少なくとも前回までダールはクイン(とアストリッド)を殺そうとはしてなかったもの。
そもそも、クインを殺す気だったら、アストリッドを呼び寄せたり、精神科病院から連れ出させたり、湖畔の家に匿ったりする必要ないし。
そうすると、"向かいの男"に命令してるのは誰!?



にほんブログ村


関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事