chicago-fire-saison-3-episode-1-recap-synopsis.jpg


仲間に祝福されて大隊長とドナが51分署で挙式、その幸せムードの中、ケイシーがドーソンにプロポーズ、しかしそこへ鳴り響く出動指令。
廃ビルで起きた火災は小火と見られ、消防に続いて救急隊のドーソンとシェイが建物に入るも、直後に大爆発が起きる。

…っていう シーズン2最終話
大惨事の予感に大隊長も視聴者も大パニック!ってところで 無情なクリフハンガー になったわね。
シーズン3のレギュラー放送は 5月18日(木)スタート なんだけど、続きが気になり過ぎてBSスカパー!の先行放送を見ちゃったわ!

シカゴ・ファイア (シーズン3・全23話)
字幕版:5月18日(木)10:00pmスタート 毎週木曜 10:00pm
二カ国語版:5月19日(金)11:00pmスタート 毎週金曜 11:00pm


シーズン3放送直前! シーズン1~2 全47話※を一挙放送
※シカゴP.D.のクロスオーバーを含む全47話
シーズン1字幕版:5月12日(金)深夜0:00amスタート
シーズン2字幕版:5月13日(土)深夜0:00amスタート


ディック・ウルフ製作総指揮の全米大ヒットシリーズ「シカゴ・ファイア」。そのシーズン3が早くも日本独占初放送!
全米で放送中のシーズン5は約730万人の視聴者を獲得。これは同じく5年目を迎えた「エレメンタリー」を200万人以上も上回る視聴者数!
爆発事故に巻き込まれた51分署の隊員たち。衝撃のシーズン2ラストに続くシーズン3!51分署の隊員たちに悲しい別れが訪れる・・・。
手に汗握る、迫力の救助シーンは健在!登場人物たちのプライベートにも変化が訪れ、より感動的なストーリーが展開する。
また、新キャラクターが登場!新たに51分署に仲間入りするのは救急隊員シルビー・ブレット。
可愛い外見とは裏腹に度胸が据わった救助ぶりに注目!

https://www.axn.co.jp/programs/chicagofire


シカゴ・ファイア シーズン3第1話「永遠に」
Always


【廃ビル火災のまとめ】
・火災原因は不法居住者の火の不始末
・ガスボンベに引火して爆発が発生し、天井が崩落
・ミルズが崩落物に脚を挟まれて骨折
・シェイが落ちてきた梁の直撃を受け、ドーソンとセブライドの救命処置も及ばず死亡


always.jpg


【感想】
シェイ……。
もうイヤ、なんでこんなに泣けるの??
ドーソンとセブライドが蘇生をやめずシェイに呼びかけ続ける姿で、ワタシの涙腺大崩壊。
知らぬ間にこんなに感情移入してたなんて…。
そして、セピア色の回想シーン がまたヤバいわ。
51分署にシェイが異動してきた日。
新入りの金髪美女にオーチスたちが色めき立つ中、ドーソンは最初からウマが合うって感じでシェイを受け入れてたわね。
一方、セブライドは初対面でルームメイトに立候補してきた彼女に面食らってたけど、あけすけな発言 に一気に心を掴まれたって感じかしら。
"You're not my type. Do you have a vagina? I'm gay."
2人とも、そこからシェイとの友情を育んできたことを思うとまた泣けるわ…。


ドーソンの後悔
爆発が起きたのは、負傷者の処置のためにドーソンがシェイと場所を替わった直後のこと。
あの時、場所を替わらなければ、そう言い出さなければ、っていう思いが頭から離れずにいたのね…。
ケイシーにはアントニオと会うって嘘をついて、実際は カウンセリング に通ってたらしく、ようやく気持ちを吐き出すことができてホントに良かったわ。
でも、51分署で救急隊員を続ける限り、今回のように書類にシェイの名前を見つけたり、救急車の助手席にシェイがいないことを実感したりで胸が痛むことも多いはず。
そういう意味で、心機一転、消防士候補生として再出発 するのもいいんじゃないかしら。
ただ、105分署のクズ野郎、ウェルチの小隊に配属されるのが心配ね…。


セブライドの絶望
失ったものの大きさに押し潰されて、爆発後の6週間を休職した末に出した退職の結論。
でも、大隊長の出動日誌を読んで "救出された人の数" を再認識したことで、もう一度気持ちを奮い立たせることができたようね。
無理に引き止めることはせず、日誌を見せるだけにとどめたケイシーは、さすがにセブライドの性格をよく分かってるわ。
そうやって戻ってきたセブライドだけど、シェイと暮らした家の片づけはやっぱり辛いのね…。
ビデオに収めたシェイの言葉、「いつでもお互いのそばにいること。何があっても、永遠に」 が切ないけど、セブライドにはどうにかこの喪失感を乗り越えてほしいところ。
泥棒デボンの件でギクシャクしてたけど、廃ビルに入る前に仲直りしてたことはホントに良かったわよね。
相手のことを思えばこそ、付き合う相手にまで口出しする、そんな2人の 男女の友情 が好きだったわ。


今回は回想シーンが多かったせいで、懐かしい顔 もチラホラ出てきたわね。
・アンディ・ダーデン(S1第1話で殉職、ケイシーとセブライドの仲違いのタネに)
・ホゼ・バーガス(念願のレスキューに転属するも火災現場で負傷、やむなく退職)
・ハドリー(ミルズへの"雑種"発言で退職に追い込まれ、逆恨みで放火魔化)

ってくらいかしら。
一方で、救急隊員として シルビー・ブレット が異動してきたわ。
幼なじみと玉の輿目前だったけど、式の数週間前にドタキャンしてシカゴに逃げてきたそうよ。
シェイと違ってわりとおっとりした感じだけど、機転を利かせてあり合わせの器具で処置して、ドーソンに一目置かれるっていう場面もあったわ。
ドーソンに 「シェイの代わりになろうなんて思ってないわ」 って言ってたから、そのへんわきまえてるところも好印象。


ってことで、悲しいけれど シェイとはお別れ
「このやるせない気持ち、どうしたらいいの!?」 って人には、シェイ役ローレン・ジャーマンが活躍中の『LUCIFER/ルシファー』をオススメするわ。



にほんブログ村


関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事