シーズン2のおさらい はこちら↓↓↓

『THE FALL 警視ステラ・ギブソン』シーズン2第1~3話あらすじ&感想 ポールを追うステラに思わぬ反撃が!Σ(||゚Д゚)

【最終話】『THE FALL 警視ステラ・ギブソン』シーズン2第4~6話あらすじ&感想 息詰まる心理戦の勝者は…


スーパー!ドラマTV公式サイト
http://www.superdramatv.com/line/thefall/


『THE FALL 警視ステラ・ギブソン』 シーズン3 第1話「沈黙」
Silence and Suffering


silence and suffering

【主な登場人物(キャスト)】
●ポール・スペクター(ジェイミー・ドーナン)
 死別カウンセラー 施設育ち 黒髪の若い女性を狙う"ベルファスト絞殺魔"
●サリー・アン・スペクター
 ポールの妻 新生児治療室の看護師 ポールとの間に娘オリビアと息子リアム

●ステラ・ギブソン(ジリアン・アンダーソン)
 ロンドン警視庁の警視 "ベルファスト絞殺魔"捜査本部を指揮
●ジム・バーンズ(ジョン・リンチ)
 北アイルランド警察の警視長 過去にステラと不倫
●トム・アンダーソン(コリン・モーガン)
 北アイルランド警察の巡査部長

●ケイティ・ベネデット
 スペクター家の近所の高校生 ベビーシッター 母子家庭(父は交通事故死)

●ローズ・スタッグ
 放射線技師 ポールの元恋人 夫トム 娘ナンシーと息子コーディ



【ポール・スペクター被害者の会】
フィオナ・ギャラガー:死亡
アリス・モンロー:死亡 義父は警察監視機関の長モーガン・モンロー
サラ・ケイ:死亡当時妊娠中 姉マリオン 父イアン
アニー・ブローリー:生存
ジョー・ブローリー:死亡 アニーの弟
ローズ・スタッグ:拉致監禁されるも生存


【あらすじ】
・ポール、アンダーソン、ローズの3人が病院に救急搬送される
・ポールは開腹手術で弾丸2発と脾臓を摘出され、一命を取り留める
・アンダーソンは左腕の銃創のため神経損傷の疑い
・ローズは低体温症から脱し、意識を取り戻す
・警視監の指示でステラに代わってバーンズが記者会見を行う
・ケイティがTVでポールの負傷を知るも、保釈中のため駆けつけられず
・オリビアが母のPCを盗み見て父が殺人の容疑者であることを知る



【感想】
あらヤダ、もう ポール覚醒!?(。゚ω゚) ハッ!
バッチリ目を開けてたし、手も動かしてたものね。
そうすると、彼を担当してる看護師が危ないわ!
だって、黒髪の若い女性 っていうポールの好みにドンピシャなんだもの!Σ(||゚Д゚)ヒィィィィ

ポールたちの銃撃事件を受けて、ステラは 内務監査 の対象になっちゃったようね。
ポールの逮捕までは漕ぎ着けたとはいえ、まだ事件の全容解明にはほど遠いのに厄介なことだわ。
当面は捜査の指揮から外されることはないらしいけど、警視監との折衝はバーンズに頑張ってもらわなきゃ。
それはそれとして、ステラがローズの夫トムを諭す場面が素敵だったわ。
自分を責め、妻の行動に疑問を持つ彼に対して、
「男性は"抗うか逃走するか"で考える。実際は脅威に直面した時、大抵の人が硬直する。彼女が抵抗も叫びもせず黙っていたなら、恐怖に陥っていた証拠よ。彼についていったのは命の危険を感じたから。彼女だけでなくあなたと子供たちの命も。そんな恐怖に陥り、言いなりになった。でも同意したわけじゃない。あなたの態度やローズを支える者としてのあり方が彼女の今後に大きく影響する。誤った反応をすれば彼女を苦しめる。そうでなければ彼女の回復に貢献できる。今の彼女に必要なのは、安全と愛を感じること。どうか忍耐強く優しくして。希望を持つのよ」

アンダーソンはステラがポールの方に駆け寄ったことを根に持ってる様子。
傍から見ると メンドクサー('A`) って感じだけど、ステラからしたら 年下のボーイフレンドのヤキモチ として可愛いく思えるのかしら?w
とりあえず、基本的に手の機能は大丈夫だそうだけど、感覚についても問題なければいいわね。

あと心配なのは、ポールの娘オリビア と、ポールにお熱の少女ケイティ の2人。
オリビアは急に大きくなった気がしないでもないけど、大好きな父親が 変態殺人鬼 だなんていうショッキングな事実を受け止めることができるのかしら??
ケイティは外出もできず友達にも助けてもらえず、ただいま 鬱憤溜め込み中
そう遠くないうちに暴発しそうだけど、どっち方面に暴発するのか見ものだわ。

まるで 医療ドラマ であるかのように、医療シーンを詳細に丹念に描いた1話だったわね。
興味深かったのは、オーケストラの指揮者のように、実際に処置はせずに 指示だけをする役割の医師 がいたこと。
『ER 緊急救命室』とかアメリカの医療ドラマはいくつか見てきたけど、初めて見るシステムだわ。
人員に余裕がなきゃいけないけど、救急医療の場で的確な判断をするためには効果的なシステムかもしれないわね。



にほんブログ村


関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事