24Legacy3.jpg

【主な登場人物(キャスト)】
●エリック・カーター(コーリー・ホーキンズ)
 元陸軍レンジャー
●二コール・カーター(アンナ・ディオプ)
 エリックの妻 看護師
●アイザック・カーター(アシュレイ・トーマス)
 エリックの兄 ドラッグディーラー 過去にニコールと交際

●レベッカ・イングラム(ミランダ・オットー)
 前CTU(テロ対策ユニット)総本部長
●ジョン・ドノヴァン(ジミー・スミッツ)
 上院議員 大統領選挙に出馬 レベッカの夫
●ヘンリー・ドノヴァン
 ジョンの父
●ニラー・ミズラニ
 ジョンの選挙対策本部長 イスラム教徒

●キース・マリンズ(テディ・シアーズ)
 CTU総本部長
●アンディ・シャロウィッツ(ダン・ブカティンスキー)
 CTU分析官 スタンフォード大卒
●トム・ロック
 CTU捜査官 新任の現場担当責任者 アンディの元恋人
●マリアナ・スタイルズ
 CTUの新人分析官 エドガー・スタイルズのいとこ
●ダニエル・パン
 CTU幹部
●スティーブン・グラント
 CTU警備主任 既婚者
●ジェニファー
 グラントの愛人

●イブラヒム・ビンハリード
 イスラム過激派のリーダー
●ジャダラ・ビンハリード
 イブラヒム・ビンハリードの息子
●アシム・ナセリ
 ビンハリードの副官 過去にエリックの隊に潜入し、協力者を殺害
●アラ
 ナセリの娘 10歳

●ドナルド・シムズ
 国家情報長官



【あらすじ】
第7話「6:00 P.M.」
6:00 P.M. - 7:00 P.M.

・ジャダラの要求のため、エリックがアンディに危険を説明した上で同行を頼む
・エリックの狙いは、ファイルを修復すると見せかけてウィルスで破壊すること
・レベッカがキースを通してヘンリーを釈放させ、彼の拉致をトニーに依頼
・トニーがシドラと共にヘンリーの拉致を実行、強化尋問の準備を進める
・ロックがアンディの行動を阻止しようとするもエリックに手錠で繋がれ置き去りに
・父の釈放を知ったジョンがキースを問い詰め、レベッカが父を拘束している場所へ
・エリックらがジャダラ一派と対峙、ニコールとアイザックを解放させる


第8話「7:00 P.M.」
7:00 P.M. - 8:00 P.M.

・ジャダラに企みを見破られたアンディが拷問に屈してファイルの修復を開始
・アイザックが追手を返り討ちにし、ジャダラのアジトの場所を聞き出す
・ジョンの了承の下、トニーがヘンリーに薬物を投与して尋問開始
・ロックが拘束から脱し、連絡を受けたCTUがジャダラのアジトを特定
・アイザックらがアジトを襲撃した直後、国家情報長官からの指示で戦闘機が空爆
・ジョンの制止と空爆の情報が入ったことで、成果なくヘンリーの尋問終了
・アンディが破損ファイルを確保、ジャダラ拘束、エリックがナセリ捜索を指示


第9話「8:00 P.M.」
8:00 P.M. - 9:00 P.M.

・ナセリの手下がジェニファーを拘束し、爆弾を装着させる
・父の本性を知ったジョンがレベッカと和解すべくCTU本部へ
・ニコールがアイザックと共に帰宅するもエリックへの不信感が募る
・ナセリに脅されたグラントがCTU侵入を手引きし、ジャダラの拘束を解く
・エリックが間一髪爆弾を切り離し、ジェニファーを救出
・ナセリがジャダラを奪還する一方、居合わせたジョンを拉致して逃走


第10話「9:00 P.M.」
9:00 P.M. - 10:00 P.M.

・息子の拉致を知ったヘンリーがジャダラとの連絡役がルイスであることを告白
・CTUがルイスの拘束に動くも逃走を許す
・ナセリの手配でジャダラが生存していた父と再会、レベッカへの復讐を誓う
・ジャダラがレベッカに接触し、ジョンの解放と引き換えに投降するよう要求
・キースがレベッカの思惑に気付き、失踪した彼女の捜索をトニーに依頼
・エリックに失望したニコールに、アイザックが復縁を持ちかける
・ジェニファーが拉致の際に聞いた"イースト・ジュライ"という言葉をアンディが聴取
・レベッカがジョン解放を見届けて投降する一方、援護のエリックがジャダラを射殺


第11話「10:00 P.M.」
10:00 P.M. - 11:00 P.M.

・「ビンハリードは生きてる!」と言い残して捕らわれたレベッカの捜索開始
・シムズがパンを臨時の共同長官としてCTUに派遣、キースを見張らせる
・アンディがシムズのサーバに侵入し、"イースト・ジュライ(EJ)"の情報を発見
・EJとは、ナセリの娘を拉致してビンハリードと交換要求する、シムズ指揮の作戦名
・シムズからEJの痕跡を消すよう依頼されたトニーが隠れ家へ向かう
・エリックがジョンの協力で国防総省に潜入、シムズを襲ってナセリの娘の生存を知る
・エリックが隠れ家でナセリの娘アラを確保するもトニーらに包囲される


第12話「11:00 P.M.」(最終話)
11:00 P.M. - 12:00 A.M.

・トニーがエリックと交戦するも、ジョンからの電話でアラがレベッカを救う鍵と知る
・エリックがナセリに娘の生存を知らせ、レベッカとの人質交換を申し入れる
・レベッカの処刑直前、ナセリが仲間を射殺し、ビンハリードを拘束
・キースがアラをヨルダン大使館に送り、ナセリがレベッカを解放
・ビンハリードがナセリを射殺し、レベッカがエリックを庇って被弾
・エリックがビンハリードを射殺した後、レベッカが搬送されるもジョンに看取られ死亡
・エリックがレベッカの遺志を継いでテロ対策に身を捧げることを決める



24 legacy rebecca


【感想】
ジャック・バウアーコネ━━(゚Д゚)━( ゚Д)━(  ゚)━(  )━(  )━(゚  )━(Д゚ )━(゚Д゚)━━ !!!!!
製作総指揮キーファー・サザーランドだっていうから、密かに期待してたのに!
このクオリティだとキーファーがどこにどう関わってたのか疑問だし、ただの名義貸しだったんじゃないの? って邪推しちゃうわ。

レベッカ死亡はちょっと驚かされたけど、必殺12時間飛ばし の後も特に何もなく 静か~ に終わったわw
曲がりなりにも『24』の看板背負ってるんだから、最後は どんでん返し で視聴者をズッコケさせなさいよ!(*`д´)
だいたい、前半の 橋上爆破 はいいとして、後半はどんどん 尻すぼみ になっていくってどういうこと?
最後は レベッカへの復讐 なんていうちっちゃなとこに落ち着いちゃって、ある意味ズッコケたわw
現実のテロリストの残酷さが世界に知れ渡ってる今、このドラマのテロリストたちは 甘ちゃん にしか見えないのよね。
優男ジャダラはラスボスに相応しくないし、実は生きてたビンハリードももはや車椅子の老人だし、ナセリも普通の父親にすぎなかったし。
やっぱり『24』には カリスマ的な悪役 が必要よね。

このスピンオフは、トニー・アルメイダ登場 がひとつの目玉だったけど、終わってみればひたすら トニーの無駄遣い だったわね。
ヘンリーの拉致には成功したものの、尋問でテロリストとの関与を自白させることには失敗。
シムズの依頼で"イースト・ジュライ"の痕跡を消す(=アラの始末)のにも、エリックに腕をバキッと折られてカノジョに助けてもらう っていう ていたらく
正直言ってガッカリだわ~(´Д`)

トニー以外でも、使い捨て のキャラばっかり。
エドガーのいとこマリアナは設定が何にも活かされず。
選挙スタッフのニラーは濡れ衣晴らしてお役御免。
アイザックを裏切ったアイシャはロヨと逃亡中。
現場チーフのロックはそれらしい活躍もなく、終盤はヘリ操縦まで出番なし。
臨時共同長官のパンはキースに締め落とされただけ。
テロリストと通じてた最悪の国賊ルイスはどっかへ逃げたまま。
極端なこと言っちゃえば、ニコールとアイザックもエリックの 足手まとい でしかなかったわ…。

『24 -TWENTY FOUR- リブ・アナザー・デイ』は、全12話 に短縮したことでストーリーのテンポが良くなってたわよね。
今作でもその話数を踏襲したわけだけど、脚本次第でやっぱり 中弛み するってことが分かったわ…。
後半は特に無くてもいいサイドストーリーで時間稼ぎしてた印象しかなくて、あらすじまとめるのもなかなかの苦行。
とりあえずこの感じだとシーズン2更新の可能性は低そうだから、エリック役コーリー・ホーキンスは 『ウォーキング・デッド』のヒース役復帰濃厚 ね。
ドレッドのヅラ黒縁メガネ 用意!(`・ω・´)



にほんブログ村


関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事