ウォーキング・デッド シーズン7 第15話「余地なき選択」
Something They Need


Something They Need

【登場人物】
●ナターニャ
 オーシャンサイドのリーダー
●シンディ
 ナターニャの孫 射撃が得意
●レイチェル
 好戦的な少女



【あらすじ&感想】
捕らわれたサシャがレイプされかけるもニーガンに救われ勧誘される
あらやだ サシャが囚われの身に!ヽ(;´Д`)ノタスケテ~
ま、どう考えても 無謀な特攻 だったから、当然っちゃ当然だけど。
そしてこれまた当然の流れとして 飢えた男の餌食 になりかけたところを、救ってくれたのは まさかのニーガン!Σ(゚□゚(゚□゚*)ナニーッ!!
そのあと、度胸を買われて救世主に誘われたけど、仲間のことを考えればおいそれと寝返るわけにはいかないわよね。
だがしか~し!
おいそれと寝返った奴が約1名!
ヘタレで頭でっかちなユージーン だから、らしいと言えばらしいんだけど、正直ガッカリしたわ~(´д`)
寝返ったと見せかけて、内側から救世主を崩す役割を担ってほしかったのに。

マギーがヒルトップ住民の人望を集め、グレゴリーの立場が危うくなる
農業でも対ウォーカー戦でも有能なところを見せつけちゃ、住民の人望を集めるつもりはなくてもそうなっちゃうわよねえ。
ましてや、比較対象の現リーダーが あのグレゴリー だものw
グレゴリーがウォーカーに襲われたシーンでは、思わず 「行け!そこだ!噛みつけウォーカー!」 って応援しちゃったわw(^д^;)
そのグレゴリーと言えば、お付きの男カルを連れてどこかへ行こうとしてたけど…。

タラの案内でリックらがオーシャンサイドを訪れ、半ば強引に銃器を調達
はっきり言って、オーシャンサイド住民からしたら、リックたちの行動は 略奪行為 でしかないわよね。
いくら救世主を倒してやるって言ったって、それが成功する保証なんてないし、実際 ヒルトップ相手の前科 もあるわ。
丸腰になったオーシャンサイドは 救世主に見つかったら即終了 なんだから、住民(ナターニャ以外)がリックの言うことをすんなり信じちゃうのは不自然じゃないかしら。

寝返るのを拒んだサシャに請われ、ユージーンが自殺用の毒薬を渡す
ニーガンの妻たちに頼まれて作った毒薬がこんなにすぐに役に立つとはw
でも、サシャとしては自殺用と言いながら ニーガン殺害用 も兼ねてナイフとかが欲しかったんじゃないかしら??
毒薬じゃニーガンを殺せるような機会はそうそうなさそうだし、自殺に使っても ウォーカー化は必至 だし。

ロジータに協力を申し出たドワイトがアレクサンドリアを来訪
前回ロジータの前に現れた クロスボウ装備の人影 はドワイトだったってことね。
それも、鞍替え の話をしにきたっていうんだからビックリだわ。
ま、視聴者は救世主内でのシェリーを巡るゴタゴタを見てきてるから、ドワイトが寝返る気持ちは一応理解できるけど、そんなこと知らないリックたちには無理よね。
救世主の内情を知るドワイトはこれ以上ない助っ人には違いないけど、二重スパイ っていう可能性も十分にあるし、リックの判断が気になるところだわ。


なんだかんだで次回は シーズン最終話!
一応これで人手も武器も相当数揃ったはずだから、いよいよ 救世主との全面戦争 開始かしら!?(;゚∀゚)=3



にほんブログ村


関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事