"ロクサット" っていうのは、CIAの汚職分析官 だってことまでは分かってるんだったわね。
不正を追及するベケットの元同僚を次々と殺し、ベケットの命も狙う その正体 とは…


キャッスル ~ミステリー作家は事件がお好き シーズン8第22話「最後の戦い」(最終回)
Crossfire


castle Crossfire

【登場人物】
●ケイレブ・ブラウン
 弁護士 ロクサットに関与
●ヴィクラム・シン
 元司法省分析官
●メイソン・ウッド
 GDS(Greatest Detective Society:偉大なる探偵協会)会長 弁護士
●フリン
 ロクサットの右腕



【あらすじ】
・キャッスルらがケイレブの協力を得てロクサットから彼への指示をキャッチ
・指定の場所でキャッスルらが張り込むも、ケイレブ死亡の情報と彼の偽者登場で罠と判明
・キャッスルらが敵集団から激しい銃撃を受け絶体絶命となるもメイソンに助けられる
・キャッスルがフリンに拉致され、自白剤でロクサットの件を知る関係者を吐かされる
・打ちひしがれるキャッスルの前に現れたのはロクサット=メイソン
・エスポらの突入で難を逃れたキャッスルが、メイソンと会うベケットのもとへ急行
・ベケットがメイソンの正体を見破るも、銃を奪われ大ピンチ
・キャッスル登場でできた隙にベケットがメイソンに飛びかかり、無事逮捕に至る

・キャッスルとベケットが自宅に戻ると、そこにいたのは死んだはずのケイレブ
・ベケットがキャッスルと共に銃撃で重傷を負いながらケイレブを射殺

・7年後、キャッスルとベケットは3人の子供に恵まれ、幸せな結婚生活を送る






【感想】
何よ、この無理矢理なハッピーエンド…( ゚д゚)ポカーン
結局2人はあの重傷から回復したってこと?
更新用と完結用の2種類のエンディング が用意されたとは聞いてたけど、完結用は "7年後"のシーンをくっつけただけ じゃないの?w
はっきり言って、8シーズンも続けてきてこの結末は酷いわ…(´д`)

ロクサットの正体も幕切れもなんだか肩透かしね。
メイソンはシーズン8第14話に出てきただけの ポッと出のキャラ だし、おじいちゃんすぎて現役感に乏しいわ。
それまではまったく実像の見えない存在だったのに、迂闊にもいきなり前面に出張ってきて、挙げ句にあっさり捕まっちゃうし。
そもそも、キャッスルやベケットと 個人的な怨恨の関係 があるわけじゃないから、ラスボスには不向き なのよね。
ところで、ロクサット=メイソン役のジェラルド・マクレイニーは、『24:レガシー』 に出演中。
どういう展開になるのかまだ読めないけど、あっちでもラスボスだったら面白いわねw

最終回で唯一ワタシが良かったと思うのは、自白剤を投与されたキャッスルが友人や家族の関与を認めちゃうシーン。
どんなことをしてでも守りたかったマーサやアレクシスまで殺されることを予期して 涙がポロリ とこぼれるところは、心に迫るものがあったわ…(´д⊂)
ただ、あんなに明瞭な効果が出る自白剤なんて ファンタジー よねw
そうじゃなきゃ『24』や『HOMELAND』の名物ともいうべき 拷問シーン が成立しなくなっちゃうわ!(`Д´)

つくづく、シーズン7で完結させておけばよかったのに と思うわ。
キャッスルが推理作家として賞をもらって、そのパーティーの場面はシリーズの〆に相応しかったもの。
でもそこから続いちゃったシーズン8。
ベケットの失踪 から始まって、謎の敵"ロクサット"の登場キャッスルとベケットの別居&復縁 とか、とにかく強引な展開ばっかりだったわ。
そういう縦軸のストーリーもさることながら、1話完結のミステリー部分の脚本も 悪ふざけレベル になり下がってたし、打ち切りは妥当なところね。

もしも シーズン9更新 が実現してたらと思うと ((;゚Д゚)ガクブル だわ。
製作陣の正気を疑いたくなるけど、今回の銃撃で ベケット死亡 の予定だったそうだから。
実際、シーズン8ではベケットがまったく出てこない回もあったし、ベケットの後釜らしき新キャラのヘイリーが急に家族扱いされたりしてて、着々と下準備 は進められてたわよね。
こうなると、キャッスル役ネイサン・フィリオンとベケット役スタナ・カティックの不仲説 も信憑性が増してくるわ。
一方、離脱予定には検視官のラニも入ってたらしく、エスポジートに服役中の元婚約者がいた っていう後付け設定をぶっ込んできたことがそれを裏付けてるわね。

ってことで、これにて シリーズ終了
振り返ってみると、そもそもが ミステリー作家が警察に捜査協力する っていう リアリティ皆無 の設定なんだから、素直に コメディ路線 を突き進めばよかったのよね。
なのに、無理矢理シリアスな問題をやろうとするから、あちこち ほころび が出てくるのよ。
ここまでシリーズを引き延ばさなければ、気楽に見られるミステリーの良作 になり得たのに残念だわ。

とにもかくにも、完走したみんなお疲れ様~( ・∀・)ノシ



にほんブログ村


関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事