ウォーキング・デッド シーズン7 第13話「決壊した良心」
Bury Me Here


Bury Me Here

【登場人物】
●リチャード
 王国の戦士 娘を失くして自暴自棄
●ベンジャミン
 王国の戦士見習い モーガンの弟子 幼い弟ヘンリー

●ギャビン
 救世主 王国との取引における責任者
●ジャレッド
 救世主 以前から王国側と揉め事



【あらすじ&感想】
供給の場でのいざこざでベンジャミンが救世主に撃たれ、手当ての甲斐なく死亡
救世主への定期供給に向かったエゼキエルたち王国の面々。
でも、何者かによって道が塞がれてたことで遅刻した上に、確認したはずの供給物のメロンが1個足りないっていう まずい事態 に。
ジャレッドに銃を向けられて 撃たれる気満々 のリチャードだったけど、実際に撃たれたのはベンジャミン!Σ (゚Д゚;)
王国より近いキャロルの家に運んで止血しようとしたけど、努力もむなしくベンジャミンは失血死…(;_;)
それにしても、リーダー格のギャビンは 「余計な小競り合いはウンザリだ」 とか言いながら、ジャレッドを止めなかったのが不自然だわ。

モーガンが原因を作ったリチャードに詰め寄るも、彼の思いを知って葛藤する
弟子を殺されたモーガンは 狂人モード に戻りかけたけど、隠されてたメロンを発見してリチャードが仕組んだことだとピンときたみたい。
リチャード曰く、自分がギャビンたちに殺されることでモーガンを 打倒救世主 に駆り立てようとしたとのこと。
そして、他の勢力も巻き込んで救世主との全面戦争を起こす計画も。
リチャードの覚悟を聞いたモーガンも、人間を殺さない っていう自分の信念について思うところがあったようだけど…。

計画を進めようとするリチャードを、モーガンが棒で殴ったのち絞め殺す
(゚Д゚)え? 何で殺すの??
リチャードが王国と救世主を争わせようとしてるのが気に食わないから?
「自分のしたことをみんなに話す」っていう約束を後回しにしたから?
それにしたって、即殺す っていう選択があまりにも短絡的でワケが分からないわw
今までたいそうに 不殺の誓い を掲げてたくせに、何なのこの変わり様w(^д^;)
イーストマン師匠の教えってそんなに軽いものだったのかしら。
そもそも、殺すべきはリチャードじゃなくて直接ベンジャミンを殺したジャレッドでしょうに。
そばにいたエゼキエルたちも声かけるだけでまったく止めないのもこれまた不自然だし、ワタシには 理解できないことだらけ のシーンだったわぁ。

モーガンにグレンらの死とアレクサンドリアの現状を知らされたキャロルが王国へ
グレン、エイブラハム、スペンサー、オリビア… 仲間4人の死 を一度に知らされたキャロルのショックはいかばかりか…。・゚・(ノД`)・゚・。
でも、これでようやくキャロルも 本格的に戦線復帰 かしら?


話が進まなくても、キャラやシーンごとの面白さがある回ならいいんだけど、今回みたいなイライラMAX!って感じの回はきっついわぁ…(;´Д`)
早く鬼神キャロル様に活躍してもらわなきゃ!(`・ω・´)



にほんブログ村


関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事