ウォーキング・デッド シーズン7 第12話「覚悟」
Say Yes


Say Yes

ジェイディス率いるゴミ山の集団 と交わした約束のため、武器を求めて調達の旅に出たリックとミショーンだったけど…



【あらすじ&感想】
リックとミショーンが愛を交わしつつ調達に励み、廃遊園地で大量の物資を発見
初っ端からラブラブカップルの 調達→イチャイチャ→調達→イチャイチャ のループで面食らったわよw
普通だったら 余裕ぶっこいて痛い目見るパターン だけど、移動遊園地(?)でのアクシデントさえ大量物資GETの幸運につながっちゃうし。
ろうそくの明かりが灯る ロマンティックな非常食ディナー といい、餌食はリックじゃなくて鹿でした~ からの熱烈ハグといい、ワタシはもう笑うしかなかったわw(^д^;)
ただ、この最強カップルは 対ウォーカーじゃどうやっても死にそうにない って感じで、スリルに欠けるところが玉に瑕かしら。
とりあえず、軍装備のウォーカーたちからライフルやマシンガンとかの強力な火器も相当数手に入れて、調達の成果としては十分すぎるほどね。

リックらがゴミ山の集団に武器を提供する一方でその一部を持ち帰る
もっと武器を探すため ってことで20丁ばかり持ち帰ることをジェイディスに認めさせたわ。
あの 前髪パッツン女 、自分では何もしてないくせしてやたらとエラそうで腹立つけど!(`Д´)
それにしても、他のモブキャラは言葉も発しないし生気も感じられないしで、ほんとにこんな奴ら戦力になるのかしら??

タラが"オーシャンサイド"の存在をリックに伝える
あの村の住人たちとの約束を破ることになるからタラとしては苦渋の決断だったでしょうけど、この切羽詰まった状況じゃ仕方ないと思うわ。
ところで、あの女だらけの村の名前は "オーシャンサイド" っていうのね。
それが正式名称なのか、タラの勝手な命名 なのかは知らないけど。
ま、視聴者としては呼びやすいから、ゴミ山の集団にも見習ってほしいところね。

ロジータがサシャに協力を求め、ライフルでのニーガン暗殺を企てる
エイブラハムのかたき討ちで 新旧彼女コンビ が手を取り合ったわ!ヽ( ゚∀゚)ノ
胸アツな展開ではあるけど、このところ 暴走モード のロジータだから心配ね。
サシャともども、捕まったら自決する覚悟 でいくってことかしら…((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル


ってな感じで、ほぼ リックとミショーンのラブラブデート回 だったわw
当然ながらストーリーは停滞気味だから、打倒ニーガンへの道は遠そうね…<丶´Д`>ゲッソリ



にほんブログ村


関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事