【登場人物(キャスト)】
●マイク・タシオニ(ウィル・パットン)
 弁護士 エルズベスの元夫
●タイラー・ホプキンズ
 NSA職員 アリシアの盗聴担当
●コナー・フォックス(マシュー・モリソン)
 連邦検事補


【あらすじ&感想】
グッド・ワイフ シーズン7第15話「標的」
Targets


Targets.jpg

・アリシアが司法省で最高機密の討議に参加
・ピーターがFBIの捜査に関する弁護をエルズベスに依頼するも利益相反で辞退されマイクを紹介される
・ケイリーとリーがダイアンの"女性事務所化"の動きを警戒
・アリシアを盗聴していたホプキンズに機密漏洩の容疑

エルズベス・タシオニ登場

アリシアが民間人代表として呼ばれた 司法省の最高機密会議 は、アメリカ出身のIS勧誘員を敵性戦闘員として攻撃することの是非を討議するもの。
これ自体も興味深いけど、これが最後にアリシアに対するNSAの盗聴の話( S7第6話 参照)に繋がるんだから、脚本が巧み としか言いようがないわ。
それにしても、携帯電話が通話状態じゃなくても音を拾ってる ってホントのことなの!?Σ (゚Д゚;)
アリシアとジェイソンの初セックス(@真夜中の事務所)の音声まで拾われちゃって、コワ~イ!(((( ;゚Д゚)))

久しぶりに登場のエルズベスが 相変わらずの変人っぷり で最高!(;゚∀゚)=3
ただ、IMDbによると今回が最後の登場のようで寂しいわ…。
でも彼女が紹介していった元夫マイクも負けず劣らずの変人でいいわねw
ちなみに、マイク役は『フォーリング・スカイズ』のウィーバー隊長ことウィル・パットンなんだけど、あっちとは 毛量が違う から気付くのが遅れたわw



グッド・ワイフ シーズン7第16話「大陪審の召喚」
Hearing


hearing.jpg

・アリシアがジェイソンとの秘密の関係を楽しむ
・ピーターの大陪審でルースやラビンが召喚され、イーライがフォックスの狙いを探る
・詐欺まがいの手口にかかったヴェロニカをジェイソンが救う
・ダイアンがアリシアに"女性パートナー事務所化"を打診


アリシアとジェイソンの 日曜の昼下がりセックス がエロティックだわぁ(*´Д`)ハァハァ
そこへヴェロニカ、オーウェン、イーライ、マイク(+チワワのトム)、召喚状の配達人までやってきて台無しになっちゃったけどw
それにしても、やっぱりジェフリー・ディーン・モーガンは 『ウォーキング・デッド』のニーガン役 より断然こっちの方がハマってるわね。
ヴェロニカの件でも頼りになったし、アリシアがメロメロになっちゃうのも無理ないわ。

ピーターを追い詰める検察官コナー・フォックス役は、『glee』のシュー先生でおなじみマシュー・モリソン だったわね。
ヒゲ生やしてたけど、ぱっちりお目々の彼にはちょっと似合わないかも。
でも甘いルックスとは裏腹にビシバシとピーターの痛いところを突いてきそうだわ。
まだ詳しい訴訟内容は分からないけど、イーライが盗み聞きした情報から考えた結果、審理無効になった殺人事件(被告人リチャード・ロック) がカギになるようね。
当時検事補だったケイリーによれば「若くて金のない被告人にすごい弁護団がついた。父親が有名人とのウワサが」ってことだけど…。



にほんブログ村


関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事