レギオン Legion シーズン1第2話「記憶を辿って パート1」
Chapter 2


Chapter 2a

【主な登場人物(キャスト)】
●デヴィッド・ハラー(ダン・スティーヴンス)
 "幻覚"と"幻聴"により精神科病院へ

●エイミー・ハラー(ケイティ・アセルトン)
 デヴィッドの姉 夫ベン

●シドニー・バレット(レイチェル・ケラー)
 身体的接触により他人と入れ替わる能力

●レニー・バスカー(オーブリー・プラザ)
 デヴィッドの友人 精神科病院で死亡

●メラニー・バード(ジーン・スマート)
 セラピスト

●プトノミー・ウォレス(ジェレミー・ハリス)
 完璧な記憶力と他人の記憶に入り込む能力

●ケリー・ラウダーミルク(アンバー・ミッドサンダー)
 ?

●ケリー・ラウダーミルク(ビル・アーウィン)
 科学者?

●"目"(マッケンジー・グレイ)
 ディビジョン3所属の男






【あらすじ&感想】
デヴィッドらが"ディビジョン"の追手をかわして辿りついたのは"サマーランド"
作品世界を形作る固有名詞がちらほら出てきたわね。
"サマーランド"は、メラニーたちの組織の本拠地らしき場所または施設で、「地図にない場所」 とのこと。
"ディビジョン"は能力者を追う政府機関で、第1話でデヴィッドの尋問に立ち会ってた不気味な男、通称"目(The Eye)" もここの所属のようね。

デヴィッドがメラニーからテレパシーの制御法を教わる
1つの声だけが聞こえるように他の声のボリュームを下げる 、っていうイメージだそうよ。
そりゃあんなふうに不特定多数の声がのべつまくなしに聞こえてきたら、誰だって頭がおかしくなるわよね。
でもあれが幻聴じゃないとすると、実在する他人の心の声 ってことになるのかしら…?

メラニーの下、デヴィッドがプトノミーの能力で"記憶療法"を受け、自分の過去と対峙
プトノミーの能力は、他人の記憶の中に入り込む っていうものみたいね。
で、それを使って記憶を遡って、能力発動のきっかけを探るっていうのがメラニーの"記憶療法"。
デヴィッドはプトノミー、メラニーとともに 自分の記憶を追体験 していったんだけど、
・姉エイミー、飼い犬キングとともに野原を駆け回る少年時代
・母親の愛情をいっぱいに受けた田舎での暮らし
・夜、父親がベッドで読んでくれたのは、少年が母親の首を切り落とす『怒りんぼ少年』

ってとこで激しく動揺して離脱しちゃったわ。
おっそろしい絵本の内容 が引き金になったようだけど、あれがどういう意味を持ってるのか、すごく気になるところね。
それはそうと、記憶の中の父親の顔は逆光になって見えずじまいだったけど、デヴィッドの話によれば、天文学者で前年に他界したとのこと。
その他の情報と考え合わせれば、あれは 養父 ってことになるんでしょうけど、そうすると母親や姉との血のつながりはどうなのかしら…?

気絶中、そしてMRIのスキャン中に次々と呼び起こされるデヴィッドの記憶
これは記憶療法を受けたことが引き金になって、次々と過去の記憶が呼び起こされてるような状態なのかしら。
記憶は断片的だし、その記憶が真実かどうかは定かじゃないけど、視聴者が デヴィッドの過去に何があったか を想像する手掛かりにはなるわね。
気になることを挙げるなら、
・プール医師のセラピーを受け、『怒りんぼ少年』が自身であると自覚?
・レニーと一緒に青い液状のドラッグ"蒸発(vapor)"でトリップ
・元恋人フィリーに振られたのは念動力の暴発が原因?
・たびたび目の前に現れる"黄色い目の悪魔"

…ってところかしら。
そしてデヴィッドの頭に浮かんだのは、"現在"のエイミー と思しき映像。

精神科病院のデヴィッドに面会に来たエイミーが"目"に拉致される
MRI画像を見てたケリー(男)曰く、「脳の神経作用が全開」 したデヴィッドは、MRIの機械を念動力でぶっ飛ばしちゃったわw
で、エイミーのピンチに施設を飛び出そうとしたところで、思いとどまらせてくれたのはシドニーの一言。
「"餌"は殺されない」
言い方は悪いけど、ディビジョン3の"目"の狙いがデヴィッドならそのとおりよね。
でもあの不気味な男、「始めよう」ってエイミーにいったい何する気!?((;゚Д゚)


第2話を見ていくつか分かってきたことはあるけど、それ以上に謎が増えた感じだわw(^д^;)
とにかく 多層的かつシームレス な描き方になってるから、どこからどこまでが現在/過去なのか、現実/妄想なのか、その境界が分かんないし!
こんな複雑な脚本書いてそれを映像化するなんて、ノア・ホーリーってアタマおかしいわw(褒め言葉)



にほんブログ村


関連記事


コメント

  1. 如月 | -

    ほんとですね!

    Rickyさん、お邪魔しますi-239

    ノア・ホーリーってアタマおかしいわw(褒め言葉)
    に激しく同感です('ω')ノ今まであまり体験したことのない、不思議なワールド。でも、わけがわからないながらについ引き込まれて、どういうことか考えちゃうのです。よくありがちな、長引かせるだけ長引かせて迷走して破綻している混乱じゃなくて、緻密に考えられた混乱なのが感じられるだけに、あれこれ推測したくなるというか。また、脚本にあわせて映像と効果音も工夫されてますよねー。目が離せない・・・。
    自分で書いて整理して、Rickyさんのところでもう一度確認させてもらって自分以外の視点を取り入れて、あれこれ考えながらこの複雑さを楽しんでいこうと思ってます♪よろしくお願いしまーす。

    ( 22:34 )

  2. Ricky247 | -

    如月 さん

    こういう才能のある人の脳みそ、MRIで解析してみたいわよね。
    きっと想像力を司る領域が「全開」になってると思うわw

    ほんとに、長く続けることばっかりを考えてる作品って多いわよねえ。
    シーズン1は濃密で無駄のない出来だったのに、シーズン2からもう引き延ばしの薄~い話になってガッカリしたこと数知れず。
    その点、このレギオンはシーズン1が全8話だけだし、ノア・ホーリーのこだわりっぷりから考えればそれ以降も変な心配しなくてよさそうだわ。

    他の人の感想読むと、目からウロコって感じでまったく別の視点を与えてもらえるからいいわよね。
    これみたいに、狙って分かりづらく作ってあるドラマならなおさら。
    こんなにクオリティの高いドラマそうは出会えないでしょうから、これからも一緒に楽しく混乱しましょ~(゚∀。)ノ

    ( 22:37 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事