Chosen.jpg

【主な登場人物(キャスト)】
●イアン・ミッチェル(マイロ・ヴィンティミリア)
 刑事事件専門の弁護士

・ローラ・ミッチェル
 イアンの妻 イアンと別居中

・エリー・ミッチェル
 イアンとローラの娘 サッカークラブ所属

●ダニエル・イーストン
 歯科医 家族は妻と2人の子供

●マーラ
 小学校教師 半年で4人殺害したことを告白

●ポール
 妹を人質にされた青年

・サルマス
 ギャングのボス 殺人罪に問われるもイアンの働きで無罪に



【ハンター→標的】
イアン→ダニエル
ダニエル→カレン(シェフ 家族は夫と3人の子供)
マーラ→イアン
ポール→イアン


【あらすじ】
第1話「箱」The Box
・イアンが何者かから箱を受け取り、中にはダニエルの殺害指令と1丁の拳銃
・事態を飲み込めないイアンがダニエルに会いに行くも怯えた彼に逃げられる
・イアンがマーラに襲われるも、彼女が「これ以上殺せない」と言い残して投身自殺


第2話「標的」The Hunters
・何者かがエリーを撮影したDVDをイアンに届け、ダニエル殺害を迫る
・イアンがダニエルに会って互いの状況を明かすも、疑心暗鬼から結局協力には至らず


第3話「フィクサー」The Fixers
・イアンがポールに左腕を撃たれつつも返り討ちにし、命までは取らず
・イアンがエリーを連れて逃げるも、途中で警察官を装った男らに娘を奪われる


第4話「監視人」The Watchers
・イアンがローラに状況を明かし、エリーの動画を撮影したチャドを見つけ出す
・イアンがチャドの車をGPSで追跡、辿り着いた豪邸で7人の"監視人"と対峙する
・初老の男の話に耳を貸さず、イアンが囚われたエリーを発見するも取り押さえられる


第5話「襲撃」The Cavalry
・自宅で目覚めたイアンがサルマスに会いに行き、"貸し"を盾に協力を求める
・イアンがサルマスと手下とともに監視人のアジトを強襲するも既にもぬけの殻


第6話「選択」The Way Out
・イアンがカレンを撲殺して呆然とするダニエルを発見、彼を拉致して自宅へ
・イアンがダニエル殺害を躊躇うも、逃げようとした彼がローラに発砲したため刺殺する
・翌朝エリーが戻ってくるも、その手にはローラ宛ての箱、中身はイアンの殺害指令



【感想】
って感じで、案の定の クリフハンガー
イアンはダニエル殺害指令を果たして娘エリーを取り戻したのも束の間、今度は 妻ローラの標的 になっちゃったわ。
家族のためには自分の命を犠牲にしなきゃいけないなんて、さらに難しい選択を迫られちゃったわね(;´Д`)

意外と簡単にイアンに見つかっちゃった "監視人"
複数だったのは想定内だとして、人種・性別・年齢もいろいろで、共通してるのは 金持ちっぽい ってところね。
豪邸でハンターたちを追った映像を見ながら会食してた様子からすると、この"殺人ゲーム"は 金持ちの道楽 としてやってる印象だわ。
その中で 初老の白人男 だけがベラベラとイアンに話しかけてきたけど、あいつが 首謀者 ってことでいいのかしら。

こういう"殺人ゲーム"を扱った話はよくあるけど、たいてい 閉鎖環境 の設定よね。
その点、このドラマは 日常生活 の中で"殺人ゲーム"が起きるのが特筆すべきところ。
でもそれゆえに、八方ふさがり感 があんまり感じられないのよね。
だって、ロス市警の中に"監視人"の息がかかった警官がいるとしても少数でしょうし、市警がダメなら州警察や連邦警察に助けを求めることもできるんじゃないかしら。
メディアに持ち込んだり、自分でSNSで発信したっていいし。
何にしろ、弁護士のイアンは他にいくらでも 合理的な対処法 を考えつきそうだわ。

サルマスの手下として『ブレイキング・バッド』の サラマンカ兄弟 ことLuis MoncadaとDaniel Moncadaが出てたわね。
この2人、いつもセットで出てくるのかしら?w
でも残念ながら 出番はこれっきり みたい。

さ、引き続き シーズン2 見よっとヽ(・∀・)ノ



にほんブログ村


関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事