ダウントン・アビー シーズン5第5話「夜の訪問者」
Episode #5.5


season 5 episode 5

【新規登場人物】
アティカス・オルドリッジ:シンダビー卿の息子 ロシアからの移民の家系 元はユダヤ系ロシア貴族
ヴァイナー:スコットランドヤード(ロンドン警視庁)の警部補



【あらすじ&感想】
トムから別れを告げられたサラが村を去る
別に2人は付き合ってたわけでもないから、別れるも何もないんだけどね。
最後に トムがキス してたけど、なんか嫌なもの見せられた気分…(´Д`;)
とにかくあの 非常識女教師 にはイライラさせられっぱなしだったから、消えてくれて清々したわ!(*゚д゚)
放り出されたデイジーがショックを受けてたけど、勉強は続けるらしいから構わないわね。

ローズがアティカスと出会い、ユダヤ人の彼の複雑な身の上も関係なし
跳ねっ返り娘ローズワケあり男 と出会う運命なのね。
アティカスと付き合うことになったら周りからいろいろと反発がありそうだけど、そんなこと どこ吹く風キャッキャ(*´∀`) (´∀`*)ウフフ してそうだわw
それにしても、ユダヤ人って歴史上いろんなところで差別を受けてきたのね。
クラーギンとロストフの拒否反応にちょっと驚いたわ。
ワタシも世界史の授業サボってなければ、こういうことも教えてもらえたのかしら…。(○上先生ごめんなさいo(_ _)o)

ブリッカーが寝室に忍び込みコーラに迫るもロバートに殴られて追い出される
不埒なブリッカーにロバートの裏拳が炸裂!ウルァッ(((((;`Д´)≡⊃)`Д)、;'.・
まったく、ロバートがナイスタイミングで戻ってきたからよかったものの、そうじゃなかったらどうなってたことか (゚Д゚;)
ブリッカーの本性を見抜けなかったコーラは反省すべきね。
ただ、ロバートもコーラに怒ってるからってカクテルパーティーで ガン無視 するような態度は大人げないわ!(`Д´)


その他の出来事・状況
・パットモアがおばの遺産を相続、使途をカーソンに相談する
 ヒューズさんの助けもあったけど、カーソンをおだてるの上手いわねw
・バイオレットがイザベルの結婚を阻止しようとクラークソンをけしかけるも不発
 そんなにイザベルがマートン卿と結婚して貴族になるのが嫌なのかしら…?
・メアリーとアンナがグリーンの件でヴァイナーから事情聴取を受ける
 ロンドン警視庁の警部補なんか出てきちゃって、追及はまだ止まないっぽいわね。
・ブレイクがメイベルにトニーとの復縁を勧める
 それ自体はいいとして、なぜにメアリーとの食事の席でやるのかしら?w
・バクスターがモールズリーに乞われて窃盗の前科の詳細を話す
 真相を知ってもバクスターをハゲますモールズリーったら素敵!
・イーディスがバイオレットとロザムンドから娘ををフランスへ送るよう迫られる
 遂にお婆様にも知れちゃったわ! イーディスはロンドンに電話をかけてたけど…?



にほんブログ村


関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事