x files My Struggle II

『X-ファイル2016』Dlife公式サイト
http://dlife.disney.co.jp/program/drama/xfile_2016.html

【主な登場人物(キャスト)】
■フォックス・モルダー(デイヴィッド・ドゥカヴニー)
FBI特別捜査官 過去にスカリーと交際 12歳の時、8歳の妹サマンサが行方不明に

■ダナ・スカリー(ジリアン・アンダーソン)
FBI特別捜査官 医師であり科学者 過去の誘拐により異星人のDNAを植えつけられる モルダーとの間に息子ウィリアムをもうけるも安全のため養子に

・ウォルター・スキナー(ミッチ・ピレッジ)
FBI副長官 モルダーとスカリーの上司

・アインシュタイン(ローレン・アンブローズ)
FBI捜査官 医師

・ミラー(ロビー・アメル)
FBI捜査官

・タッド・オマリー(ジョエル・マクヘイル)
ネット番組『真実を追え』の司会者 陰謀論者

・スヴェタ(アネット・マヘンドル)
何度もエイリアンに拉致されたと主張する女性 DNAの埋め込みや胎児の摘出も

・肺ガン男(ウィリアム・B・デイヴィス)
秘密組織の一員 喉のカニューレでタバコを吸う 重度の熱傷から生還

・モニカ・レイエス(アナベス・ギッシュ)
元FBI捜査官 10年前に肺ガン男から脅迫を受ける



【あらすじ】
第1話「闘争 Part1」
My Struggle

・オマリーがスキナーを介してモルダーとスカリーに接触、スヴェタに引き合わせる
・モルダーがスヴェタから拉致の真相を聞き、異星人ではなく政府の陰謀に行き着く
・スヴェタがオマリーによる嘘の強要を公言したのち失踪し、オマリーがサイトを閉鎖
・地球製の複製UFOが科学者ごと爆破される一方、スヴェタがUFOに爆殺される
・スキナーがモルダーらに招集をかける一方、タバコを吸う男がXファイル再開を知る


第6話「闘争 Part2」
My Struggle II

・オマリーが番組を再開し、全国民に異星人のDNAが植え付けられていると主張
・免疫不全による感染症が蔓延し、市民は暴徒化、都市機能は麻痺
・スカリーが天然痘ワクチンに仕込まれた"スパルタウィルス"が原因と突き止める
・モルダーが肺ガン男を強襲し世界の危機を止めようとするも、感染症の悪化で倒れる
・スカリーが自身の異星人のDNAからワクチンを製造、アインシュタインに託す
・ミラーがモルダーを救出、スカリーがモルダーを治療しようとするも重篤な彼を救えず
・突如UFOが飛来、謎の光がスカリーらを包む



【感想】
笑っちゃうくらい凄まじい クリフハンガー で終わったわw
これでシリーズが終わったりしたら、劇中の市民じゃないけど、ファンが暴徒化 するわねw
ま、キャストも制作陣もここで終わらせる気はさらさらないでしょうけど、また何年も待たされたりして…(´Д`;)

要するに、肺ガン男ら"秘密組織"は、選ばれた者(異星人のDNAを植えつけられた者)以外を感染症で全滅させる計画 を開始した、ってことでいいのかしら。
なんとも 壮大かつ非道 な計画だわ!
ところで、モルダーが "肺ガン男" って呼んでた男は、シリーズを通して出てきた 最大の敵 っていう位置づけのようね。
シガレット・スモーキング・マンとかキャンサーマンとか呼ばれることもあるらしいけど、本名は C.G.B.スペンダー っていって、実はモルダーの生物学上の父親なんですって。
今回の『X-ファイル 2016』では明示されてなかったから一応伏せたけど、旧シリーズからのファンには周知のことなのかしら。
モルダー自身がそのことを知ってるのか 、については気になるところ。
…誰か教えて!ヽ( ;´Д`)ノ

スカリーの判断によると、モルダーの治療には、異星人のDNAを受け継いでる息子ウィリアムの幹細胞が必要 とのこと。
このへんの理屈はちょっと分からないし、ご都合主義 の匂いがするわ。
ウィリアムを登場させるための理由づけ ってとこかしら。
ま、モルダーとスカリーの子供が出てくる展開は必然だし、面白くもなるだろうから歓迎だわ。

ってことで、このシーズンは 全6話 だからもう終わっちゃったわ。
その中には 「トカゲ男の憂鬱」 (第3話)っていうぶっ飛んだエピソードもあって、その振り幅の広さにXファイル初心者のワタシはビックリよw
とにかく先が気になるから、シリーズが更新されたら 絶対続きも見るわ!(`・ω・´)



にほんブログ村


関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事