水曜日のエミリア
Love and Other Impossible Pursuits / The Other Woman(2009)


Love and Other Impossible Pursuits2

【主な登場人物(キャスト)】
エミリア(ナタリー・ポートマン)
 新人弁護士 生後3日の娘イザベルを亡くす
ジャック(スコット・コーエン)
 大手法律事務所のシニアパートナー エミリアと再婚
キャロリン(リサ・クドロー)
 ジャックの元妻 著名な産科医
ウィル(チャーリー・ターハン)
 ジャックとキャロリンの息子 科学好きの3年生 乳糖不耐症

サイモン
 エミリアの親友 開業弁護士 ゲイ
ミンディ(ローレン・アンブローズ)
 エミリアの親友 不妊治療の末に授かった子を流産
シェルドン
 エミリアの父 元判事 NY州法曹協会の元会長
ローラ
 エミリアの母 シェルドンの元秘書 離婚済み
ピア
 エミリアの母親違いの姉 非営利団体の弁護士 1児の母



【あらすじ】
既婚の上司ジャックと恋に落ち、不意の妊娠で結婚したエミリア。
が、娘イザベルを生後3日で亡くし、時が経ってもその心の傷が癒えることはない。
毎週水曜日だけはジャックの息子ウィルが泊まっていくため、公立校へ迎えに行くことになるが、小生意気で懐いてくれない彼に手を焼く。

編入試験に失敗したウィルを支えて心を通わせたエミリアだったが、キャロリンの妊娠をきっかけにイザベルを失った悲しみがまたぶり返してくる。
次第にジャックとの夫婦仲も軋み始めると、ずっと心の奥に封じ込めてきた秘密を口にしてしまい…





【感想】
エミリアの 略奪婚 から始まる物語だから、端っから受け付けないっていう人もいるでしょうね。
同情すべき事情はあるにしろ、エミリアはかなり 自己中で刺々しい性格 だし。
そこんとこが気にならなければ、けっこう楽しめる映画だと思うわ。
ひとつ残念なのは、エミリアがあんまり弁護士に見えないこと。
態度も話す言葉も はすっぱ で、知的な感じを受けないのよ。
そうすると、ジャックがエミリアに惚れた理由も、結局 若くて綺麗だから っていうことになっちゃわないかしらw(^д^;)

主演のナタリー・ポートマンより、ウィル役の チャーリー・ターハン(Charlie Tahan) に感心させられちゃったわ。
日本の子役にありがちな大げさな演技じゃなく、あくまでも自然なの。
小生意気なところも子供らしくて可愛いかったし、実母のヒステリックな姿に困惑と悲しみの入り混じった表情を浮かべるところは真に迫ってたわ。
この天才子役、成長したら恐ろしいことになるわ…とか思ってたら、ワタシすでに 『ウェイワード・パインズ』のベン役 で見てたっていうw
正直、その時はティーンエイジャーの彼に特筆すべきものは感じなかったけど、もうちょっと注目してれば違ったかも。
ま、あのドラマを見返すことは二度とない けど!(*゚д゚)
ちなみに、妹のデイジー・ターハンもエミリアの姪エマ役で出てるのね。

終盤、エミリアがずっと抱えてた苦しみを吐き出すシーンにはビックリ!Σ (゚Д゚;)
単に娘の死を悲しんでるだけかと思ったら、そんな 重い秘密 があったとは。
それがもとでエミリアの幸せは壊れちゃう一方、そこに あのウィル が手を差しのべるところが 脚本上のカタルシス になってるのね。
見てる側も巻き込むようなエミリアの秘密だったけど、ちゃんと救いが用意されてて、ラストも 明るい兆し を見せてくれたから後味は良かったわ。



にほんブログ村


水曜日のエミリア (字幕版)
(2013-11-26)
売り上げランキング: 63,906


関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事