レギュラー放送

<独占日本初放送>
最強の超・脳力で難事件に挑む!頭脳派スーパー・ヒーローが活躍する新感覚サスペンス・アクションを、11/23(水)より二カ国語版&字幕版で独占日本初放送!

【二カ国語版】毎週水曜22:00~22:55、土曜9:30、日曜13:00ほか
【字幕版】毎週水曜24:00~25:00、土曜26:00、日曜19:00、火曜9:30ほか
※【二】11/29(火)21:00放送
※【字】11/27(日)19:00&24:00放送


レギュラー放送開始前に先行放送があったから、第1話の感想を書いてみたわ。
…とその前に、このドラマは 映画『リミットレス』の続き になってるから、映画版を未見の人は先に見てみちゃいかが?
それが面倒な人は ネタバレ をどうぞ↓↓↓

【ネタバレ】映画『リミットレス』あらすじ&感想 ワタシにもちょうだいNZT48【ドラマ版スタート記念】


『リミットレス』シーズン1第1話「NZT-48」
Pilot


limitless pilot

【ストーリー】
ブライアン・フィンチは28歳になってもなお、音楽の道を諦めきれずに定職にも就いていない。家族の中でも肩身の狭い思いをしているが、そんな自分を常に温かい目で見守ってきてくれた父デニスが突如病に倒れてしまう。そんな中、ブライアンはアルバイト先で偶然、かつてのバンド仲間イーライと再会。投資銀行家として成功していたイーライは冴えない生活を送っているブライアンを励まそうと、「起爆剤だ」といって謎の薬を手渡す。ブライアンが半信半疑で飲んでみると、たちまち脳が活性化し、驚くべき“脳力”を発揮。ありえないスピードで仕事を片付け、チェスやギターまで天才的な腕前を見せるだけでなく、それまで診断が難しかった父の病名も突き止めることに成功する。

薬のパワーに魅せられたブライアンは、さらに薬をもらおうとイーライを訪ねるが、彼は何者かに殺されていた。どうにか隠してあった薬を1錠見つけたところへ、FBIが踏み込んでくる。薬を飲んで再び超人的なパワーを得たブライアンは華麗に逃走。FBI捜査官のレベッカは、逃走したブライアンの並外れたパワーを不審に思い、上司に報告。どうやらブライアンの得たパワーは、“NZT-48”と呼ばれる脳を活性化させる薬によるものだった。“NZT-48”は、開発者不明の謎の薬で、飲むと驚異的な力を発揮できるようになるが、薬が切れるとひどい副作用を起こすという。

友人を殺した犯人を突き止めるべく、ブライアンはイーライの同僚たちを訪ねるが、そんなブライアンの前にエディ・モーラ上院議員が現れる。モーラは、自らも“NZT-48”の服用者で、副作用を抑える薬を開発したというのだが……。

イーライ殺しの証拠を見つけるために奔走するブライアン。FBI捜査官のレベッカは、薬の研究に役立てるとともにその超人的“脳力”を捜査の助けにしてもらおうと、ブライアンを雇うことを上司に進言。ブライアンはある条件と引き換えにレベッカのオファーを受け入れ、FBIの事件捜査に参加することに……。

http://www.superdramatv.com/line/limitless/





【主な登場人物(キャスト)】
ブライアン・フィンチ(ジェイク・マクドーマン )
 売れないミュージシャン 28歳 バイト生活
デニス・フィンチ
 ブライアンの父 原因不明の発作

レベッカ・ハリス(ジェニファー・カーペンター )
 FBI捜査官
スペルマン・ボイル(ヒル・ハーパー )
 FBI捜査官 レベッカの相棒
ナズリーン・ポーラン (メアリー・エリザベス・マストラントニオ)
 FBI捜査官 レベッカらの上司

エディ・モーラ(ブラッドリー・クーパー)
 上院議員 大統領候補 NZT-48の服用者


【NZT-48とは】
向知性薬 透明の錠剤 効果は約12時間 開発者不明
[効果]
・記憶・思考など脳の機能を飛躍的に高める
・効果が切れると吐き気などの禁断症状
・服用し続けると副作用で廃人化
・服用者は瞳に独特の輝き





【感想】
いささか強引な気はするけど、こうやってブライアンはFBIの捜査コンサルタントとして働くことになったのね。
コンサルタント兼監視対象 っていうのは、『ホワイトカラー』のニールみたいだわ。
ブライアンとしては、肝臓移植が必要な父親を助けてもらって、FBIが複製した薬とそれなりの報酬ももらえるんでしょうから、願ったり叶ったり ね。
完全に人生行き詰ってたところから、まさに 一発逆転 だわ。

ブライアンが薬と出会って事件に巻き込まれていく過程は、ほぼ映画版をなぞってるのね。
 旧知の人物と偶然再会し、NZTを1錠もらう
→半信半疑でNZTを飲み、その効果に魅せられる
→さらにNZTを分けてもらおうとするも、その人物が自宅で殺されているのを発見
→警察/FBIの目を盗み、隠されていたNZTを手に入れる

って感じで。
映画版を見た人だけが ニヤリ とできるお楽しみね。

レベッカがNZT関連の捜査に積極的なのは、不審死した父親 もそれを飲んでた可能性があるからなのね。
これからそのへんの事情も徐々に明らかになっていくんでしょうけど、全22話のうちに真相に辿り着けるのか心配だわ。
ブライアンとは 男女バディ になるわけだけど、歳も離れてるし、恋愛どうこうより 姉と弟 みたいな関係になるのかしら。
それはそうと、ジェニファー・カーペンターは『デクスター』のデボラ役の印象が強すぎて、いつ Fワード が飛び出すかヒヤヒヤしたわw(^д^;)

初回からエディ役として出てきたわね、ブラッドリー・クーパー
毎日NZTを服用してるって言ってたから、映画の最後でカール(ロバート・デ・ニーロ)に「薬はやめたがシナプスが変化した」って言ってたのはやっぱり ハッタリ だった模様。
NZTの副作用を抑える薬 も開発して万々歳な気がするけど、ブライアンを引き入れてこれから何をしようっていうのかしら??
ブライアンを 「使える人間」 って判断した理由も謎だわ。
そのへんも最終回までに明らかになればいいけど…。

ドラマの形態としては 1話完結 だけど、ジャンル分けは難しいところ。
強いて言えば、NZTの効果を活かしたアクションありのミステリー って感じかしら。
ま、1シーズン打ち切り になってるってことは、長く描くのには不向きな題材なのかも。
ワタシとしてはとりあえず2話目まではなかなか楽しめたけど、ジェイク・マクドーマン贔屓 で目が曇ってるから、きっとあてにならないわねw
『私と彼とマンハッタン』から 連続撃沈 の彼だけど、3連続主演作1シーズン打ち切りジェフ・スタルツ には及ばないわ!(`・ω・´)



にほんブログ村


関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事