『シカゴ・ファイア』 *ボイト復活のお知らせ*

chicago fire Retaliation Hit

え、もう!?Σ (゚Д゚;)


【ここまでの流れ】
『シカゴ・ファイア』ケイシー対ボイトの交戦激化、悪徳刑事に天罰を!(#゚Д゚)

『シカゴ・ファイア』 *ボイト終了のお知らせ*




【主な関係者(キャスト)】
シカゴ消防局51分署
・マシュー・ケイシー(ジェシー・スペンサー)
 はしご第81小隊の小隊長
・ハリー・トーマス
 ケイシーの元婚約者 研修医
・ガブリエラ・ドーソン(モニカ・レイモンド)
 救急第61小隊所属の救命士
・ウォレス・ボーデン(イーモン・ウォーカー)
 大隊長(チーフ)

シカゴ警察
・ハンク・ボイト(ジェイソン・ベギー)
 元シカゴ市警刑事 ギャング対策課 息子ジャスティン
・アントニオ・ドーソン(ジョン・セダ)
 シカゴ市警刑事 風紀班→特捜班 ガブリエラの兄

ギャング
・カーチス
 ケイシーに火災から救助され、ボイト逮捕に協力


【ボイト復活まで】
・アントニオがギャング絡みの事件に手を出し、彼らの仕業と思しき銃撃で重傷を負う
・アントニオの家族にまで危険が及び、ガブリエラが拘置所のボイトに助けを求める
・ボイトの息のかかったギャングが証人を出し、元の事件とアントニオ銃撃事件が解決
・ボイト逮捕に協力し、公判で証言予定だったカーチスが何者かに撃たれて死亡
・カーチス殺害の報復らしき銃撃事件が発生する一方、ボイトが公訴棄却により釈放される
・アントニオが"借り"を返し、ボイトが巡査部長に昇進した上で特捜班を率いることに
・ボイトがケイシーとハリーに謝罪の意思を示すも、2人はそれを拒否 ←今ここ


ボイト復活 は分かってたとは言え、いくらなんでも早すぎよ!ヽ(*`Д´)ノ
逮捕が 第6話「裁きの時」 で、釈放が 第21話「報復の始まり」 ……劇中でどんだけ時間が経過したか知らないけど、15話分しか収監されてないじゃない!
まったく、証人が一人死んだだけで 公訴棄却 だなんて、ここの検察は何やってんのよ!?
事故を起こしたボイトの息子は刑務所に入ったっていうから、親子で仲良く 刑務所ライフ を送んなさい!

ボイトが出所したことだけでも腹立つのに、警察に復帰 した上に、巡査部長に昇進して特捜班を率いる ですって??
アントニオが"借り"を返した結果としても、やりすぎでしょ~(^д^;)
っていうか、そんなことができるなんて、アントニオにどんな すごいコネ があるっていうのよw

ケイシーとハリーに謝ったとしたって、ボイトの罪は消えやしないわ。
バカ息子の罪を揉み消そうと被害者に濡れ衣を着せるわ、ケイシーたちを脅して口止めしようとするわ、終いにゃケイシーをハメようと家にヘロインを仕込んだのよ!?
刑事としてはもちろん、人間として終わってるわ!(#゚Д゚)
ケイシーが許さないのは当然なんだけど、そうすると今度は ボイトの逆ギレ が心配ね…。



にほんブログ村


関連記事


コメント

  1. サフィラ | vYcEm6gc

    善人キャラへの準備

    ホント、あんなに悪いヤツだったのに早すぎますよね~。
    ちょっと調べてみたら、このエピが2013年5月でシカゴPD始まるのが翌年の1月だから、早めに善人キャラ変身への準備を始めなきゃならなかったんでしょうかね。

    でも実はワタシ、ボイトに初めて会ったのがLaw&Order~SVUで、
    すでに良い刑事役だったから、むしろシカゴファイアーの悪いボイトのほうがずっと違和感だったんですよ~。
    悪徳刑事役から始まったのに、どの時点で主演のスピンオフが決まったんでしょうね~?その経緯が気になります。

    ( 14:06 [Edit] )

  2. Ricky247 | -

    サフィラ さん

    あの悪徳刑事が、シカゴPDが始まったら急に善人になったら変だものねw
    でも、ワタシにはどうしてもあの謝罪も素直に受け入れられないのよねえ。
    今まで散々汚い手を使ってきたボイトのことだもの、きっと何か裏があるに違いないわ!

    ワタシもサフィラさんと同じくSVUで初めてボイトを見たクチだから、強面だけど頼りがいのある刑事っていう印象だったわ。
    なのに、シカゴファイアではこのクズっぷり!Σ (゚Д゚;)
    この差をどうやって埋めるのか、はたまた埋められなくても強引にキャラ変更するのか、注目したいところね。
    ボイトが主役なのは気に入らないけど、結局シカゴPDも見ちゃうんだから、ワタシっていいカモだわ(^д^;)

    ( 22:22 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事