【ネタバレ】『セカンド・チャンス』最終回 生き返ったジミーの未来は…

second chance1

シーズン1全11話を見終わったわ。
本国放送終了後に打ち切り決定したパターン だから、結末は・・・

【主な登場人物(キャスト)】
ジミー・プリチャード(ロブ・カジンスキー)
 75歳 15年前、汚職疑惑で保安官を辞職

■不慮の死後、心は75歳のおじいちゃんのまま、35歳の若者の肉体で復活。
■自身の若き日の姿ではなく、遺伝子上の“ベストバージョン”として再生。
抜群のルックスと超人的身体能力を持つ。
■デジタル管理された専用のタンクでエネルギーをチャージ。
持続時間は約12時間。
時間を超過すると激しく体力を消耗するが、
タンク内での治癒能力も非常に高い。


デュヴァル・プリチャード(ティム・ディケイ)
 ジミーの息子 FBI捜査官
グレイシー・プリチャード(シアラ・ブラヴォ)
 デュヴァルの娘 高校生
ヘレン・プリチャード(アマンダ・デトマー)
 ジミーの娘

メアリー・グッドウィン(ディルシャッド・ヴァザリア)
 IT企業ルッキングラスの創設者であり"顔" 血液ガンを患う
オットー・グッドウィン(アディール・カリアン)
 メアリーの双子の弟 ルッキングラスの技術開発の核 自閉傾向?
アレクサ(ヴァネッサ・レンジーズ)
 メアリーの秘書 実は82歳で死亡し、ジミー同様に生き返った人間
ジョージ
 アレクサの夫 死が迫った老人
アーサー
 オットーに造られた人工知能

コナー・グラフ
 バイオ企業のCEO メアリーと交際し、オットーとも懇意




【終盤のあらすじ】
第9話「仕掛けられた罠」
When You Have to Go There, They Have to Take You In

・ジミーの輸血によりメアリーのガンは完治
・アレクサはメアリーとの不適合により途中でオットーに見捨てられた実験体
・コナーが自分のラボでアレクサを"完成"させる(メアリーとオットーは不知)
・アレクサがジョージを救うためコナーに協力し、双子の仲を裂く工作開始
・コナーの狙いはオットー込みのルッキングラスとの合併

第10話「狂い出した歯車」
Geworfenheit

・メアリーとジミーの仲に嫉妬して孤立したオットーがコナーに抱き込まれる
・オットーがルッキングラスの全システムをシャットダウン(アーサーも連れ出す)
・ジミーが調整タンクに閉じ込められたため、メアリーがタンクを破壊して救助
・コナーが特殊な遺伝子を持たない人間の復活を成功させるためにグレイシーを誘拐
・デュヴァルが令状を偽造してコナーの会社に乗り込むもグレイシーは発見できず
・ジョージの自殺で目的を失ったアレクサがメアリーに自分の素性を明かす

第11話「家族の絆(最終回)」
Gelassenheit

・アレクサの調整タンクはロックがかかっているためジミーの猶予は数時間
・アレクサの案内でジミーとデュヴァルがコナーのラボに潜入、オットーを捕らえる
・ジミーがコナーにオットーとグレイシーの交換を持ちかけるも飛行機で逃げられる
・過ちに気付いたオットーがグラフもろとも機上から飛び下りて死亡
・自動操縦で着陸した飛行機からデュヴァルがグレイシーを無事保護
・ジミーが死を覚悟するも、間一髪調整タンクのロック解除に成功し生き延びる

・素性が知られるのを避けるため、ジミーが死を偽装して家族との連絡を絶つ
・AIとなったオットーが復活生物の暴力化傾向をインド滞在中のメアリーに警告

second chance2

second chance4


【感想】
大変、ジミーが暴力的になっちゃう~!(゚ロ゚ノ)ノ ってとこでシーズン1エンド。
っていうか、シーズン1で打ち切りだから、正真正銘のジ・エンド
怖れてたとおりの 投げっぱなし で終わっちゃったわw
一応の区切りはついてるだけマシかもしれないけど、モヤモヤ~モヤモヤ~ヽ( ;´Д`)ノ
本国での最終話放送前に打ち切りが決定してたら、ジミーもアレクサも死亡してすべてが元どおり っていうラストになってたかもね。
"生ある者は必ず死ぬ" っていうのが自然の摂理だし、そのほうが最終回としてはまとまると思うわ。

ご乱心オットーが改心してダイブ っていう流れはいささか唐突な気が。
でも、感じの悪かったオットーがアバターになってちょっと可愛いくなったから許すわ!( *‘∀‘ )ノ
シーズン2があったら、ずっとAIとしてメアリーを支えていったのかしら。
それにしても、オットーって最初はメアリーとアーサーとしか話さないのかと思ってたけど、ジミー、アレクサ、コナーとも話してて意外と普通w
メアリーがジミーに盗られる! って嫉妬するところも普通っちゃ普通よね。

ジミーがデュヴァルに秘密を明かす場面 がクライマックスかと思ってたけど、意外と早い時点でそれが訪れて拍子抜けしちゃったわw
デュヴァルの方も意外とすんなり受け入れてるしw
さらにそこから、父親と息子の関係修復 まで漕ぎ着けちゃうんだから、展開の早いことで。
ま、チンタラやってたらドラマが終わっちゃうものね!


第1話の感想 でも書いたけど、SF的な設定をもうちょっと煮詰めてほしかったわ。
遺伝子上の"ベストバージョン"で生き返る っていう理屈も説明されてないし、あの調整タンクにしたって 「中身は何?」 っていうそもそもの疑問があるわよねw
そういうところに目を瞑って見るのが、SFの正しい楽しみ方 なんでしょうけど。

ってことで、短いドラマだったけど 完走したみんなお疲れ様~( ´ ▽ ` )ノ



にほんブログ村


関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事