『シカゴ・ファイア』 *ボイト終了のお知らせ*

chicago voight

祝!ボイトタイ━━━━||Φ|(|゚|∀|゚|)|Φ||━━━━ホ!!!

【主な関係者(キャスト)】
シカゴ消防局51分署
・マシュー・ケイシー(ジェシー・スペンサー)
 はしご第81小隊の小隊長 研修医のハリーと婚約中
・ガブリエラ・ドーソン(モニカ・レイモンド)
 救急第61小隊所属の救命士 ケイシーに片思い
・ウォレス・ボーデン(イーモン・ウォーカー)
 大隊長(チーフ) 背中に大きな古傷

シカゴ警察
・ハンク・ヴォイト(ジェイソン・ベギー)
 刑事 ギャング対策課 息子ジャスティン
・アントニオ・ドーソン(ジョン・セダ)
 刑事 風紀取締班 ガブリエラの兄 ボイト逮捕を指揮

・カーチス
火災現場でケイシーに母親とともに救助される





【ボイトの悪行とケイシーの徹底抗戦の記録】
・若者が乗るセダンと、父親と息子が乗るミニバンによる交通事故が発生し、ケイシーらが出動
・ケイシーがセダンを運転していた若者の酒臭さと車内の酒の空缶を確認
・事故処理に来たシカゴ警察が若者と空缶を隠匿し、飲酒運転の証拠を消す
・ケイシーが若者はボイトの息子ジャスティンと知り、真相を隠蔽しようとする意図を認識
・ミニバン側の息子は下半身不随となり、警察の調書では父親の信号無視が事故原因とされる
・後日、ケイシーがガブリエラを通してアントニオに相談、ボイトの悪評を聞く
・51分署に警察から新品のテレビが送られてくるもケイシーが賄賂と判断し拒否
・ケイシーがボーデンに事実を記した報告書を提出するも、ボイトから撤回するよう脅迫を受ける
・ケイシーが車上荒らしに遭い、"犯人"を連れてきたボイトから現金で買収を受けるも拒否
・婚約者のハリーも同様の被害に遭い、ケイシーが逆上

これが 第4話まで

第5話「痛みと忍耐」Hanging On
・ケイシーがシカゴ警察に乗り込み、改めてボイトに報告書を撤回しないことを宣言
・ケイシーが道でボイトの差し金と思しきギャング2人組に襲われ負傷
・アントニオがボイト関連の捜査の指揮を買って出るも現時点で証拠は無し
・ボーデンが伝手を使ってボイトに盗聴を試みるも失敗
・ハリーがボイトから脅しを受け、報復に出ようとするケイシーをボーデンが阻止

第6話「裁きの時」Rear View Mirror
・証言録取の前日、ケイシーが自宅にコカインを仕込まれ捜索を受けるも切り抜ける
・逆上したケイシーがボイト宅を強襲、殴るだけでなく撃つよう煽られるも我に返る
・ケイシーが火災で救助したカーチスからボイト逮捕への協力を持ちかけられる
・盗聴器をつけたカーチスがボイトを誘い出し、ケイシー暴行の言質を取る
→アントニオがボイトをタイ━━━━||Φ|(|゚|∀|゚|)|Φ||━━━━ホ!!!


ってことで、ネタを引っ張るのが得意 な米ドラにしては、案外とあっさりボイト逮捕まで漕ぎ着けたわね。
ボイトがあまりにクズすぎて、見てる側としてもつらかったからホッとしたけど。
これでケイシーとハリーも安心して結婚へ向けて進んでいけるかしら。
でも、ボイトの捨て台詞 「今のうちに喜べ。こんな罠は…」 が気になるわ…。

ケイシー宅に仕込まれたコカインだけど、もし家宅捜索で見つかってたら、15年は刑務所にぶち込まれる量 だったらしいわ((;゚Д゚)ガクガクブルブル
ケイシーの証言録取が翌日に迫ってたから、ボイトもなりふり構わず荒業に出たんでしょうね。
でも、このへんの展開はちょっと強引さが目についたわ。
・なぜかハリーがすぐにコカインを仕込まれた場所を発見する
・なぜか家宅捜索に来た警官がアントニオの保証だけですぐに引き下がる
・なぜかケイシーがボイトの自宅を知っている
・なぜかボイトがケイシーの暴行を問題にしない

とかねw
特に、ボイトは暴行罪でケイシーを逮捕しちゃえば、とりあえず証言録取は阻止できるし、なんならあの場で撃ち殺しても 正当防衛 になるんじゃないかしら??

ところで、ボイトの自宅がすごく 豪華でハイソな雰囲気 だったわ。
さすがあくどいことして儲けてるんでしょうね。
妻とは死別したとか聞いた気がするけど、その妻の趣味だったのかしら。
ま、なんにしろ、人間のクズ が片付いたことを喜びましょ~(´∀`)



にほんブログ村


関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事