シーズン5第7話「秘密の生存者」
Oriole


Oriole.jpg

【登場人物】
キャリー・マティソン:元CIA局員 元デューリング財団警備責任者
ヨナス・ホランダー:キャリーの恋人 デューリング財団の顧問弁護士 別れた妻子有り
オットー・デューリング:デューリング財団代表 祖父はナチ
ローラ・サットン:デューリング財団勤務 ジャーナリスト 母国アメリカで手配中

ソール・ベレンソン:CIA欧州部門責任者
ダール・アダール:CIA長官
ピーター・クイン:特殊工作員 シリアでの2年間の任務から帰還
アリソン・カー:CIAベルリン支局長 キャリーの元同僚 クルピンと内通

ヌーマン:ハッカー(ハクティビスト) トルコ出身 HNは"Gabe.H.Coud"

エタイ・ラスキン:駐独イスラエル大使

イヴァン・クルピン:ロシア対外情報庁(SVR)諜報員

ハメド:イスラム過激派 リーダー格 おじは副司令官アブ・アル・カドゥリ

アフメド・ナザリ:バグダッドの元裁判所事務官 CIAの元協力者 テロで公的には死亡
ジャミラ・ナザリ:アフメドの妻 美容師 夫の"死"後ヨルダンへ
サミール・ハリル:バグダッドの元裁判官 CIAの協力者



【あらすじ&感想】
★キャリーが文書中に不審点を発見、サミールから死んだはずのナザリの生存情報を得る
キャリーが引っかかったのは、5ヵ月前、サミールから オリオール(キャリーのコードネーム) への緊急連絡の要請が入っていた件。
でも、"協力者は現地諜報員に非協力的 オリオールは不安定な立場 よってバグダッド支局は本件に関し対応しないと決定"ってことでキャリーには伝わってなかったの。
っていうか、その時すでにキャリーはCIAを離れてたのかしら。
で、サミールに連絡を取ってみたところ、法務省庁舎の爆破テロで死亡したはずの協力者 ナザリが生きてるのを見た ってことを伝えたかったんですって。

★アリソンがダールに掛け合ってソールの監禁を解き、キャリー生存を聞き出す
キャリーが生きてると知って、「なんだか急に具合が…」とか言い出した時は芝居かと思ったけど、ほんとに参ってるみたいね。
で、それを早速クルピンに報告して、「ナザリが彼女にバラすかも」って焦ってたから、ナザリが情報を流してた先はアリソンのようね。
もちろんその先には クルピンとロシア がいるっていう構図。
さて、追いつめられたアリソンがどういう行動に出るか見ものだわ。
それにしても、相変わらずダールもソールもアリソンのことを頭っから信じ切ってるわねぇw
ソールは恋愛感情で 目が曇ってる としても、ダールはどうなのかしら?

★キャリーがヌーマンの協力でナザリの妻がアムステルダムにいることを割り出す
コーズニックの仇討ちで協力してくれたヌーマンは、ナザリの妻ジャミラの遺族年金がヨルダンからアムステルダムの銀行へ自動送金されてるのを突き止めたわ。
そのヌーマンを連れてきてくれたのはローラだけど、見返りに機密文書を見せるようキャリーに要求してきて、やっぱり 面倒な女 ねw
ところで、デューリングは匿ってくれたり車を貸してくれたりで、ほんとにキャリーに気がありそうだわ。
ヨナスと別れたことを明かしたキャリーに対して、君と合うのは自分だ って言いたげだったし。
キャリーが出発した後で訪ねてきたヨナスには、「彼女を雇ったのは失敗だ。契約は更新しない」 って言ってたけど、雇用関係を終わらせて障害を無くす狙いかも。

★クインがテロを企むハメドらに傭兵として雇われ、一緒にシリアを目指す
どうやらハメドはクインの 自称傭兵 の肩書を信じてるみたいだけど、他の仲間は半信半疑ってとこかしら。
クインの目的は、本来はベルリンでテロを計画してたハメドたちを 「砂漠で犬死にさせる」 ことで、ちゃんとダールに報告してたわ。
これでCIAがバックアップしてくれればいいんだけど。
それはそれとして、屋外でおおっぴらにダールと会ってて素性がバレやしないのかしら?
それと、キャリーに無事を知らせてあげずに行っちゃう気なの?

★キャリーがナザリの家に侵入しPCを確保するもロシア男らに見つかり間一髪脱出
2人組は ロシア語 を話してたみたいだし、クルピンからの刺客かしら。
金庫の中の書類らしきものは奴らが回収してったけど、キャリーはとりあえずPCを確保できたし、無事逃げ出せただけで 御の字 ね。
一方で、ナザリは別のロシア男たちに連れ去られ、現地で協力してくれたイサムは首を掻き切られて死亡…(-人-)

★ソールが本国へ送還されそうになるもエタイの助けでイスラエル亡命へ
エレベーターの扉が開いた途端、黒覆面集団 がなだれ込んできた時はビビったわ!Σ(||゚Д゚)
ソールがホテルの部屋から「洗濯物を回収するんだよ」って電話かけてたのが、エタイへの連絡だったのかしら?
だとしたら、あらかじめ符丁を交わしてた ってことよね。
さて、ソールはほんとに イスラエルへ亡命 しちゃうのかしら??

★キャリーがベルリンへ帰る車中でアリソンに連絡、面会の約束を取りつける
第4話 のラスト、キャリーは電話口のアリソンの声を聞いてるんだけど、誰だか分からなかったのかしら?(?_?)
それとも分かったうえで、何か作戦があるのかしら?
用件は 「私が赴任する前のバグダッドのこと」 ってことだけど…。



にほんブログ村

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事