HOMELAND シーズン5第4話「特別な夜」
Why Is This Night Different?


why-is-this-night.jpg

暗殺指令 を受けたクインと、彼に捕まったキャリーの運命は!?

【登場人物】
キャリー・マティソン:元CIA デューリング財団の元警備責任者
フラニー・マティソン:キャリーとニコラス・ブロディの娘
ヨナス・ホランダー:キャリーの恋人 デューリング財団の顧問弁護士 別れた妻子有り
オットー・デューリング:デューリング財団代表 祖父はナチ
ローラ・サットン:デューリング財団勤務 ジャーナリスト 母国アメリカで手配中

ソール・ベレンソン:CIA欧州部門責任者
ダール・アダール:CIA長官
ピーター・クイン:特殊工作員 シリアでの2年間の任務から帰還
アリソン・カー:CIAベルリン支局長 キャリーのバグダッド時代の同僚

ヌーマン:ハッカー(ハクティビスト) トルコ出身 HNは"Gabe.H.Coud"
コーズニック:ハッカー(ハクティビスト)
ザビーネ:ハッカー 自宅軟禁中

エタイ・ラスキン:駐独イスラエル大使

ユーセフ:シリア・アサド政権の将軍 アサドの親族 アラウィー派

イヴァン・クルピン:ロシア人


【あらすじ&感想】
★クインがキャリーにソールから暗殺指令を受けたと伝え、彼女の死の偽装を図る
キャー、クイン格好いいぃぃぃ!(*゚∀゚)=3ハァハァ
やっぱりクインはクイン、頼りになる男だったわ!
キャリーの 血まみれ写真 を撮ってソールに暗殺が成功したと思わせておいて、彼女を逃がす計画ね。
直接の指令はソールからだって言う一方で、「上の人間が君の死を望んでる」とも言ってたけど、"上"っていうのはソールのこと??
それともその"上"??
キャリーは仕方なくフラニー宛ての"遺言ビデオ"を撮ってたけど、二度と会えないかもしれない娘に愛を伝える姿が真に迫ってて胸が詰まったわ…(;_;)

★ローラがザビーネの協力でヌーマンに連絡、ヌーマンがコーズニックの裏切りを知る
ヌーマンはコーズニックをとめようとしてたけど、欲に目が眩んだ人間には届かなかったわ。
コーズニックは機密ファイルを買ってくれるっていう ロシア人 に会いに行ったけど…。

★ソールの関与に疑問を持ったキャリーがクインとともに指令受け渡し場所の郵便局へ
キャリーの言うとおり、この指令自体ソールらしくないし、関係者のクインに任せたのも不可解だわ。
クインは疑ってなかったようだけど、キャリーの強情さに根負けしたわね。
それはそうと、クインから2年間シリアに行ってたことを聞いたキャリーは、黙って姿を消した複雑な男心 を理解してくれたかしら…?

★ソールが私用で出国したユーセフに接触し、アサド政権打倒後の大統領職を打診
CIAっていうかアメリカの意向としては、シリアのアサド政権を倒して、融通の利く人物 を新大統領に据えたいのね。
それで、娘の移植手術のためにスイスに来たユーセフに秘密裏に近づいた、と。
ISISがシリアで勢力を拡大しようとしてる今こそ、アメリカにとって アサド政権を倒すチャンス だものね。
それにしても、アリソンが病院関係者になりすましてソールとユーセフの橋渡し役をやってたけど、初めて役に立ってた気がするわw

★コーズニックがロシア人にファイルを奪われて殺され、ヌーマンも身の危険を感じる
ロシア人イヴァン・クルーピンの素性はまだ分からないけど、コーズニックとその彼女まで拷問して殺すあたり、相当危険な相手 ね。
コーズニックは機密ファイルのコピーはもうないって言ってたけど、あの様子じゃヌーマンも持ってるんじゃないかしら…?

★郵便局を出たクインが襲ってきた男を撃ち殺し、その電話が繋がった先はアリソン
クインがキャリーの偽装死写真をポストに入れて郵便局を出たら、白昼の街なかで いきなり謎の男がバン!(# ゚∀゚);y=ー
被弾しながらも男を返り討ちにするところはさすがクインね!
待機してたキャリーは、機転を利かせて死んだ男のスマホを奪って顔写真を撮影、クインを助けてどうにかその場を離脱したわ。
クインの脇腹の弾傷は貫通してて大丈夫そうだし、男から奪った電話の履歴にかけてみると、応答したのは聞き覚えのある声…ド━━━(゜ロ゜;)━━ン!!

★ユーセフが返答を保留して帰国の途に就くも離陸直後の飛行機が爆発
爆発に驚くソールに対して、アリソンは無表情(・_・)
まさか、キャリー暗殺もこの爆発も アリソンが仕組んだってこと!?Σ(||゚Д゚)ヒィィィィ
ユーセフに渡してたタバコの箱(?)が爆弾だったのかしら??
ここまで 無能っぷり を晒してただけだったから、まったく ノーマーク だったわ!



にほんブログ村


関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事