ワリードは口を割らずに死んじゃったし、キャリー殺害 を企てたのは一体誰なの!?(;゚д゚)

HOMELAND シーズン5第3話「超大国」
Super Powers


Super Powers

【登場人物】
キャリー・マティソン:デューリング財団の警備責任者 断酒中
フラニー・マティソン:キャリーとニコラス・ブロディの娘
ヨナス・ホランダー:キャリーの恋人 デューリング財団の顧問弁護士 別れた妻子有り
オットー・デューリング:デューリング財団代表 祖父はナチ
ローラ・サットン:デューリング財団勤務 ジャーナリスト 母国アメリカで手配中

ソール・ベレンソン:CIA欧州部門責任者
ダール・アダール:CIA長官
ピーター・クイン:特殊工作員 シリアでの2年間の任務から帰還
アリソン・カー:CIAベルリン支局長 キャリーのバグダッド時代の同僚
ミルズ:CIAベルリン支局職員

アストリッド:ドイツ連邦情報局(BND)職員 クインの元恋人

ヌーマン:ハッカー(ハクティビスト) トルコ出身
コーズニック:ハッカー(ハクティビスト)

アル・アミン:ヒズボラの司令官 アブ・ナジールの元護衛 ベルリンに潜伏中
ワリード:ヒズボラの司令官

エタイ・ラスキン:駐独イスラエル大使




【あらすじ&感想】
★ドイツに戻ったキャリーが財団を辞めフラニーをアメリカへ送る
とりあえずドイツに戻ってきたのは良かったけど、安全第一 でフラニーを姉のマギーの元へ送るのはつらそうだったわ。
そう言えば、キャリー父役の俳優、ジェームズ・レブホーンさんは2014年に亡くなっちゃったのよね…(;_;)
デューリングはキャリーに理解があるようで、また財団に戻ってくるように言ってたし、キャリーを捜すソールからも庇ってくれたわ。

★キャリーがヨナスの監視下で思考鋭敏化のため服薬をやめ、山小屋で真相解明に着手
確かに 躁状態 のキャリーの頭脳でいくつもの難局を乗り越えてきたけど、その キチっぷり を見てきた視聴者としては、全力でストップかけたいわ!
一応、ヨナスが服薬を再開すべきサイン(支離滅裂な言動、早口、凶暴化etc.)を教えられてたけど、双極性障害に慣れてない彼に対応できるのかしら…?

★ソールが駐独アメリカ大使に情報漏洩の責任を被せ、アリソンを留任させる
ダール経由でアリソンの企みを聞いても彼女からポストを奪わなかったのには、何か理由がありそうね。
「週末の予定に彼女が必要だ」 ってダールと密談してたけど、そのためかしら??
…とか思ってたら、ソールとアリソンが 懇ろな間柄 だってことが判明。
昨日や今日に始まった関係じゃなさそうだし、まさかそれだけが留任の理由じゃないでしょうね??
ローラの監視も失敗してたアリソンなんて、本来ならさっさと切り捨てるべきなのに。

★ヌーマンがUSBメモリをローラに渡すも中身はコーズニックの先回りで空
コーズニックはヌーマンの行動を見越してファイルをすり替えてたのね。
で、ヌーマンはローラに機密ファイルの残りを渡したつもりが 実は空っぽ 、一方のローラはヌーマンに 一杯食わされた と思ってる、と。
ローラはヌーマンの連絡先を知らないし、ヌーマンがコーズニックの裏切りに気付くのは難しそうね。
そして、欲に目が眩んだコーズニックのせいで機密ファイルがロシアへ渡っちゃうピンチ!((;゚Д゚)ガクガクブルブル

★病相を示し始めたキャリーが断酒を破って幻覚に襲われ、ヨナスに服薬を強制される
ヨナスからの 「よく自分を許せるな」 の一言はキャリーにはきっついわ。
そして、ウォッカラッパ飲み からの アーヤン(幻覚)登場!Σ (゚Д゚;)
アーヤンっていうのは、シーズン4で出てきたハッカニの甥で、キャリーが利用したせいでそのハッカニに殺された可哀相なパキスタン人青年。
アーヤンを含め、自分が関わった 167人の死者 に対する罪悪感からは逃れられないのね。
そして、大方の予想どおりキャリーは コントロール不能 に陥っちゃったけど、服薬拒否に対して救急車を呼ぶか2択を迫ったヨナスの対処は賢明だったわ。
キャリーは服薬を中止してまで首謀者の特定を図ったけど、結局は無駄どころかヨナスとの関係まで危うくしちゃったわね。
それにしても、クレア・デインズの 狂気的な芝居 の達者なこと。
ヨナスを口汚く罵ったかと思えば、急に色仕掛けに転じる表情とかゾッとしたわ!《(;´Д`)》ブルブル

★クインがヨナスの息子を拉致、元妻に電話をかけさせて携帯の位置情報を得る
始めはクインが何をしてるのか分からなかったけど、まさかヨナスの別れた妻子の線からキャリーの居所を捜し出すとは!
アストリッドにから借りてきた スティングレイ(無差別傍受装置) が役に立ったようね。
それにしても、指令を遂行するためには 手段を選ばない男 クイン…((;゚Д゚)ガクガクブルブル

★キャリーが山小屋に現れた男(クイン)を狙撃するも隙を突かれて逆襲に遭う
スナイパーキャリー の1発で勝負あったかと思ったけど、この事態を想定して防弾ベストを装備してたクインが背後から 絞め技&鎮静剤 のコンボで逆転KO。
相手がクインだなんて知らないキャリーは油断したわね。
ヨナスはひとりでベルリンに戻っちゃったし、絶体絶命\(^o^)/ じゃない!



にほんブログ村


関連記事


コメント

  1. サフィラ | vYcEm6gc

    どうなってるんでしょうね~?

    クインはまさか本当に暗殺指令に従うつもりじゃないでしょうね~?
    一発でしとめず鎮静剤使ったってことは、
    キャリーの味方になるために
    スティングレーまで使って彼女を探し出したんでしょうか。。。
    それとも何か別の意図があるのか……?

    彼女を消したがってるのはソール本人?
    最近のソール、昔と人が変わったみたいだし……
    それともCIAの意図?

    とにかく疑問ばかりで、、、
    ついついRickyさんにぶつけちゃいました(笑)

    ( 09:44 [Edit] )

  2. Ricky247 | -

    サフィラ さん

    サフィラさんの質問にワタシがお答えするわ!

    かつて愛した相手を無慈悲に殺せるとは考えにくいわよね。
    まあ、今のクインだったらありえなくもなさそうだけど。
    それにしても、2年ぶりの再会が銃弾と鎮静剤の交換だなんてさすがよねw
    ヨナスもいい人だったけど、やっぱりクインよ!
    また2人が組むところを見たいわ!

    クインに暗殺指令を出したのは、いかにもソールっぽい流れになってるわね。
    だから逆にその線は薄そう。
    キャリーに対して怒ってるにしても、殺意に繋がるのはしっくりこないわ。
    そうすると、いちばんありそうなのはダールかしら。
    なんにしろ、ソールとダールの2人はこのドラマの中で腹にイチモツ抱えてそうな2トップよねw

    あら、何にも答えになってないわ!(ゝω・)テヘペロ

    ( 00:18 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事