【ネタバレ】『CHILDHOOD'S END -幼年期の終り-』不条理な結末に( ゚д゚)ポカーン

childhoods-end-promo-placement.jpg

http://axn.co.jp/programs/childhoodsend

第1章「オーバーロード」 The Overlords
第2章「偽りの日々」 The Deceivers
第3章「子供たち」 The Children



「AXN 今すぐ見たい最新ドラマ投票」 の時に第1話(第1章の前半)を見て、こんなあらすじを書いたわ。

【あらすじ】
2016年、世界各国の上空に宇宙船が出現。
戦慄する人類に対し、"地球の監督者"を名乗る異星人カレルレンは、紛争、疫病、気候変動など地球上のあらゆる問題の解決を約束する代わりに服従を求める。
カレルレンに仲介役として選ばれたリッキーは、責任の重さに戸惑いつつもメディアを通して彼のメッセージを代弁するが、いまだ世界はその真意を測りかねる。
果たして、世界は意見を統一させ、何らかの行動に出るのか?
そして、カレルレンら"オーバーロード"の真の目的とは…?



このあとの展開を ざっくり 説明すると、

・従属に反対する勢力"自由連盟"をカレルレンが制し、"世界連邦"が樹立
・15年後、カレルレンが悪魔的な姿を現すも人類に反感は無し
・さらに4年後、飢えや争いと無縁になった人類は黄金期を迎え、出生率も増加
・従来の生活を望む者は集まってニューアテネという都市を形成
・子供たちが超能力を発揮し始め、空へと舞い上がって"オーバーマインド"と一体に
・新たに子供が生まれることはなくなり、大人は残された生をただ全うするのみ
・"オーバーマインド"にエネルギーを吸い尽くされた結果、地球は崩壊する


……って、この結末どうよ?(^д^;)
カレルレンは"ユートピア"なんていう甘言をのたまっておいて、結局は子供たちを奪って 人類と地球を破滅 させただけじゃない!ヽ(*`Д´)ノ
ワタシは原作読んだことないけど、ネットであらすじを漁った限り、結末は ほぼそのまま みたい。
原作はイギリス人 アーサー・C・クラーク による1950年代の作品だから、帝国主義とキリスト教的宗教観に着想を得たのかしら。
ま、それは置いといて、あくまでもこの ドラマ版の感想や疑問点 を書いてみるわ。


①オーバーロードは万能なのか?
…って疑問を投げかけておきながら、答えは明白、万能ではない わよね。
もっと言えば、万能に見えて万能でない っていう。
出来ることと出来ないことの線引きに、ご都合主義 を感じざるを得ないわ。
たとえば、リッキーはカレルレンとの面会の度にポッドに乗せられてたせいで、身体が蝕まれていくんだけど、カレルレンはそれを直せないんですって。
(正確には、"作るのが難しい薬"がなくなっちゃったんだけど)
世界中の病気を根絶したり、下半身不随の少年マイロの障害と銃創を 謎の光 で直したりしてるし、リッキーだってちょちょいのちょいで直せそうだけど。
そういえば、マイロを撃った麻薬の売人は『ウォーキング・デッド』の"W"役Benedict Samuelだったわね。

②人類を"進化"させるにあたり懐柔する必要があったのか?
カレルレンの目的は 新世代の人類を進化させること にあったわけだけど、その親たち旧世代の服従や心の平穏が関係あったとか??
…う~ん、苦しいわね(´Д`;)
従来の暮らしを送るニューアテネの子供たちにも同様の変化が起こったし、関係ないと思うんだけど。

③カレルレンは悪魔的な姿を人類に晒す必要があったのか?
世界連邦が樹立されたあと、カレルレンは「まだ早い」って言ってその後 15年 経ってようやく姿を現したのよね。
キリスト教的悪魔 の姿をしてたから、楽園となった世界で宗教が消滅するのを待ってたってことかしら。
でも、人類がその姿を見て怯えようと反感を持とうと、どうでもいい気がするけど。
そもそも、人間の目に映る姿を変えること くらい簡単にできないのかしら??

Childhoods-End-Boyce-and-Karellen1.jpg

④リッキーに元妻アナベルの幻影が見えた理由は?
アナベル本人が「そのうち分かるわ」的なことを言ってたような気がするけど、最後まで見終わってもワタシにはさっぱり(゚_。)?
結局はリッキーは現妻エリーに看取られて穏やかに息を引き取ったわ。
誰か分かった人がいたら教えて! (人∀・)

⑤なぜ今実写化したのか?
原作は SF史上の傑作 と謳われてるみたいだけど、これまで実写化はされてこなかったのよね。
そうすると、なぜ今実写化に踏み切ったのか、っていう疑問が。
(オーバーロードの)造形技術やCG技術の発達は当然として、混迷する現在の世界情勢 も関係あるのかしら??
って言っても、紛争、疫病、気候変動等、諸々の問題を一発で解決する神のごとき存在なんて、絵空事以外の何ものでもない ってことを再認識させられるだけだけど。
ところで、SNSとかの現代的な要素 って何か出てきたかしら??


って感じで、粗探しすれば切りがないわね。
これでまたワタシの SFアレルギー が悪化したわ…。
ひとつ教訓めいたものを挙げるとするなら、美味しい話には裏がある ってことくらいかしら。

さんざん悪態ついたあとでなんだけど、5月12日(木) 22:00 からレギュラー放送が始まるわ。
リッキー役マイク・ヴォーゲル を愛でるなら、本人の声が聞ける字幕版がお勧めよ!(・∀・)

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村


関連記事


コメント

  1. 如月 | -

    感想、待ってました

    Rickyさん、お邪魔します。

    実はこのドラマ、HDの残量の関係でGWは録画を諦め、レギュラー放送を待つことにしてました。で、その前に、Rickyさんがご覧になって感想をあげてくれるかな~~と待っておりました。
    結果は・・・・なんですねi-201う~~~ん、どうしよう、レギュラー放送で見るかどうか迷います。
    SFってダメなものは激しくダメなので(アンダー・ザ・ドームとか)なかなか難しいジャンルですよね(・_・;)それでも好きなんですが、最近がっかりしてばかり。これももしかして・・・?

    ( 10:04 )

  2. Ricky247 | -

    如月 さん

    如月さんはSF好きなのよね~。
    っていうか、ドラマを見る前にワタシのネタバレ記事を読んじゃうなんてイケナイ人!(・A・)

    ネットを漁ってもこのドラマ版の感想があんまり見つからないから、ぜひ如月さんも見て感想を聞かせてほしいわ!
    ワタシはSFが苦手なのを自認しながら見るおバカさんだから、ワタシの感想は気にしないでw
    マイク・ヴォーゲルのパンいちシーンもあるし、SF上級者の如月さんなら楽しめるはず!(`・ω・´)

    ( 23:03 )

  3. FKD | -

    どう見たらこれが帝国主義とキリスト教観念に裏打ちされていると取れるのか不思議です。笑
    むしろ全くと言っていいほど逆です。
    人間に尊厳なんてなく、宇宙全体で見れば下等な生物であるという部分は反キリスト教的で、ダーウィニズムっぽいです。
    また、地球を植民地化したオーバーロードたちが、結局は人間たちの進化には追いつくことができない、というところは反帝国主義的です。

    映像化しなかった理由としては、同じくアーサー・C・クラーク原作の「2001年宇宙の旅」が本作と全く同じテーマかつ、映画史に残るほどよく出来ているからだと予想します。

    ( 15:16 )

  4. Ricky247 | -

    FKD さん

    ワタシとは真逆の意見だけど興味深いわ。
    だから1行目の嘲りの言葉なんてないのに。

    ( 21:18 )

  5. | -

    オーバーロードが人類を懐柔する必要があったのは、新人類が既存の人類を滅亡させるとわかった時に「その未来を受け入れさせるため」と、
    どの道滅亡に向かうのだから、せめて幸せな余生を送らせるという温情です。

    オーバーロードの介在がないまま新人類が発生した場合、旧人類と新人類の間で生存競争・・・詰まるところ戦争が発生する可能性が大いにあり、旧人類が勝てば旧人類のまま袋小路で人類滅亡。
    新人類が勝っても変なトラウマ残して、オーバーマインドに悪影響を与えかねない。どっちにしても、ロクでもない結果になりかねません。

    そういうのを防ぐため、です。

    ( 17:09 )

  6. Ricky247 | -

    コメントありがと~( ´ ▽ ` )ノ

    原作を読んだ方かしら?

    温情…と言えば温情なんでしょうけど、あくまでも彼らなりの"温情"よね。
    結局のところ、オーバーロードは人類と地球に(急激な)滅亡と破壊をもたらしたわけだから、ありがたくはない気がするわ。

    ワタシにはもともと理解しがたい部分も多くて、ずいぶん内容も忘れちゃったわ…。
    なんにしろ、他の方の視点を教えてもらうのは興味深いわね。
    見直すことがあったら(たぶんないけど)、そういう視点で見てみるわ。

    ( 21:20 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks

CHILDHOOD'S END -幼年期の終り-(2015) ( 18:54 )

最近見たミニシリーズその2。 CHILDHOOD'S END -幼年期の終り- (AXN) (Wiki) 内容 多数の宇宙船が世界各国の都市の上空に出現して圧倒的な科学技術を見せつけ、戦争を止め、飢餓も疫病もなくすと宣言する。自らをオーバーロードと呼ぶ彼らの代表であるカレルレンは、一介の農民であるリッキー・ストルムグレンを人類の代表者に指名し、人類社会に黄金期をもた...



最新記事